137 人が現在オンライン
137 人が現在オンライン
Google AdWords の広告効果を高めるためのヒントや施策などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って、より効果を高められるような最適化のアイディアを得ましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

同じURLで、複数のキャンペーン

初級者 ✭

 

同じURL(ランディングページ)を使ってキャンペーンを複数作成してもいいのでしょうか?

キーワードの品質スコアの、広告の関連性の部分で評価を得られず困っています。

 

もし複数作成しても問題ないようであれば広告文を分けて運用したいと思っています。

ご返答お待ちしております。

1 人のエキスパートが返信verified_user
1 件の受理された解決策

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者スポーツ 太郎さんが付与
8月 2016

Re: 同じURLで、複数のキャンペーン

トップコントリビューター
スポーツ 太郎 さん

前述されていますが、同一URLを複数のキャンペーン(広告グループ)で作成することは問題ありません。

広告の関連性の評価が低いのであれば、広告グループ内のキーワードと
関連性が高い広告を作成することで評価を得られやすくはなります。
(主にタイトル部分の関連性を高める)

最近は拡張テキスト広告もローンチされたばかりなので、
自由度が高い表現も可能になっていますので、色々と試されてはいかがでしょうか。
https://support.google.com/adwords/answer/7056544?hl=ja
(Adwordsヘルプ:拡張テキスト広告について)

関連性が高まれば、結果的にもクリック率も高まる可能性が高いので、
相乗的にも広告の品質評価の向上が期待できます。

以上になります。
参考になれば幸いです。
里村 仁士(Hitoshi Satomura)
※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」のクリックを頂けると、他の方の参考にもなりますのでお願いいたします。

元の投稿で解決策を見る

Re: 同じURLで、複数のキャンペーン

初級者 ✭ ✭
広告の関連性にLPは関係ありません。
↓↓↓↓
https://support.google.com/adwords/answer/1659752?hl=ja

問題ないはずです。

ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者スポーツ 太郎さんが付与
8月 2016

Re: 同じURLで、複数のキャンペーン

トップコントリビューター
スポーツ 太郎 さん

前述されていますが、同一URLを複数のキャンペーン(広告グループ)で作成することは問題ありません。

広告の関連性の評価が低いのであれば、広告グループ内のキーワードと
関連性が高い広告を作成することで評価を得られやすくはなります。
(主にタイトル部分の関連性を高める)

最近は拡張テキスト広告もローンチされたばかりなので、
自由度が高い表現も可能になっていますので、色々と試されてはいかがでしょうか。
https://support.google.com/adwords/answer/7056544?hl=ja
(Adwordsヘルプ:拡張テキスト広告について)

関連性が高まれば、結果的にもクリック率も高まる可能性が高いので、
相乗的にも広告の品質評価の向上が期待できます。

以上になります。
参考になれば幸いです。
里村 仁士(Hitoshi Satomura)
※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」のクリックを頂けると、他の方の参考にもなりますのでお願いいたします。

Re: 同じURLで、複数のキャンペーン

[ 編集済み ]
初級者 ✭

Masayoshi Tobeさん

 

ご返信ありがとうございます。
広告文のワードが、関連性の評価に関係していることは認識しているのですが
同じURLでキャンペーンを作ってもよいのかと思った次第であります。
問題なさそうで、安心いたしました。ありがとうございます。

Re: 同じURLで、複数のキャンペーン

初級者 ✭
里村 仁士 さん

ご返信ありがとうございます。
拡張テキストというのも出たのですね。コールアウトとはまた違うのでしょうか・・・
自分のキャンペーンの広告文では、キーワードがうまく当てはまらず困っておりました。
丁寧なご回答ありがとうございました。とても参考になりました^^

Re: 同じURLで、複数のキャンペーン

トップコントリビューター
スポーツ 太郎 さん

ご返信ありがとうございます。

「コールアウト」はオプション広告になりまして、
広告文に添えた形式の機能になりますが、
「拡張テキスト広告」は広告文そのものになります。

2016年10月26日以降は、標準テキスト広告を作成または編集できなくなるようなので、
今後は「拡張テキスト広告」が標準になりそうですね。
※既存の標準テキスト広告の配信は、2016年10月26日以降も継続されるようです。

以上になります。
お役に立てたようで幸いです。
里村 仁士(Hitoshi Satomura)
※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」のクリックを頂けると、他の方の参考にもなりますのでお願いいたします。