670 人が現在オンライン
670 人が現在オンライン
Google AdWords の広告効果を高めるためのヒントや施策などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って、より効果を高められるような最適化のアイディアを得ましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

広告ランクによるImpシェア損失率の改善について

初級者 ✭ ✭

ご質問させていただきます。
Impシェア損失率(広告ランク)の改善(※0%に近づける)について、私は以下の方法と認識していますが、
その他手法をご存知の方いらっしゃればご教授頂けると幸いです。

 

・入札の強化
・クリエイティブの改善
・LPの改善

 

また、Impシェア損失率(予算)を0%に近づけるための改善手法としては、
日予算に当たらないように入札抑制をするのが良いと聞いたことがありまして、
上記Impシェア損失率(広告ランク)の改善と矛盾してしまうと考えております。

予算、広告ランク双方のImpシェア損失率を0%に近づけるためのベストプラクティスも併せてご教授いただけますと大変助かります。

 

何卒宜しくお願いいたします。

4 人のエキスパートが返信verified_user

Re: 広告ランクによるImpシェア損失率の改善について

注目ユーザー
広告ランクですが、計算式としてはおおよそ下記になるかと思われます。
広告ランク = 品質スコア(推定クリック率、LPの利便性、広告の関連性) × 入札単価 ( ※広告表示オプションもランクに影響する )

1.IS(インプレッションシェア)の予算損失は入札単価を下げることで0%にする。
2.IS予算損失が0%になったら許容範囲のCPAが維持できる範囲で入札単価を上げていく。( 予算上限を上げ、ISのランク損失を0%に近づける )
3.品質スコアの改善余地があれば、それを実施。( 品質スコア改善によりCPAが下がれば、2の入札単価をさらに上げていく。 )

広告ランクの損失をなくすには、品質スコアに影響する項目の改善と、入札単価を上げる必要があり、予算に影響してきます。予算に影響すればCPAにも影響してきます。
品質スコアが10で、CPAの許容範囲に達していれば、それ以上はIS100%に近づけることはできないと考えられます。

ご参考下さいませ。
Hiromichi Ogasawara
follow me on twitter

Re: 広告ランクによるImpシェア損失率の改善について

トップコントリビューター

yusuke s さん

Impシェア損失率(広告ランク)の改善(※0%に近づける)について、私は以下の方法と認識していますが、
その他手法をご存知の方いらっしゃればご教授頂けると幸いです。

 

・入札の強化
・クリエイティブの改善
・LPの改善

はい。こちらの認識で大丈夫です。念のため当該のヘルプを貼っておきますので、ご参考ください。

 

広告の掲載順位とランクの仕組み - AdWords ヘルプ : https://support.google.com/adwords/answer/1722122?hl=ja

 

また、Impシェア損失率(予算)を0%に近づけるための改善手法としては、
日予算に当たらないように入札抑制をするのが良いと聞いたことがありまして、
上記Impシェア損失率(広告ランク)の改善と矛盾してしまうと考えております。

厳密な事を申し上げますと、ここは必ずしも矛盾しません。

Impシェア損失率(広告ランク)→広告ランクが低いためImpを獲得できなかった割合

Impシェア損失率(予算)→予算不足のためImpを獲得できなかった割合

 

Impシェア損失率(予算)はキャンペーン予算を充分な額に設定しておけば0%に近づけられますので、必ずしも入札で抑制する必要はありませんので、この2つは別で考えるのが良いかと思います。

 

ただし、予算の上限が決まっている中でImpシェア損失率(予算)を0%に近づけるためには、キャンペーン予算を超えないように入札単価を調整する必要があります。

 

Impシェア損失率(広告ランク)は上記の方法で対策を行っても0%に近づけるのは至難の業ですが、極論で言えば入札単価を数千~数万にしてしまえば近づけることは出来ます(が、経験上0%には恐らくなりません)。

 

ですので、Impシェアを見て調整や判断するのは良いことだと思いますが、損失率の改善が目標になってしまうと、広告によって達成したい目標を見失うことになりかねませんので、程々に注視するくらいが良いかなと思います。。。

 

 どうぞよろしくお願いいたします。

田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります

Re: 広告ランクによるImpシェア損失率の改善について

トップコントリビューター
インプレッションシェアをどれだけ取れるかは、極端に言えば広告テキストに何を書くかで9割がた勝負が決まるなぁと実感しています。
入札単価を上げようとも、LPを改善(おおざっぱな言い方ですが)しても、広告テキスト自体がダメならどうにもならないなと思いますし、当たる広告が作れたら状況はびっくりするくらい激変します。

考え方としては、広告ランクを上げよう、それにはまず品質スコアを上げよう、品質スコアを上げるにはまず推定クリック率や実際のクリック率を上げられるようにしよう、ということが基本ということで間違いはないですが、こういう基本的な考え方だけでは、大成功させるのは難しいなぁと感じています。

例えばですが、


広告A:クリック率3% 掲載率80%
広告B:クリック率5% 掲載率20%

→Bのほうがクリック率が高いのになんでこんなに配信されないんだろう?


期間1ヶ月たっても
広告A:クリック数1,000 クリック率2% 掲載率80%
広告B:クリック数10 クリック率3% 掲載率20%

→広告B は全然クリック数たまってないのになんでもう全然配信してくれないんだろう?もっとテストしてくれよ!

なんていう経験は、僕はたくさんしているのですが、
公開されている、オークションの仕組みの情報からだけだと、何が起きているか説明がつけられないと思うのですね。


ここからは僕の推測です。

広告が表示される流れとして、

検索(もしくはPV)が発生 → オークションにかけられる → オークションに勝つ → インプレッション

みたいな流れがあるはずで、
この中の、オークションにかけられる、勝つ、というところで、なんだかよくわからないいろんなことが起きてるんだろうなぁと推測してまして、結果としてはたくさんの成果を生むはずの広告だとしても、Googleがオークションにかけてもくれなければ勝負の土台にも乗らないのだろうな、と。

だからなのかどうなのか、広告が審査に通過した瞬間から膨大に配信されることもありますし、その逆もあります。
まだ全然データをためてもいないのに。

となると、これも極端に言うと、ユーザーに求められるだとか求められないだとか、クリック率が上がるだとか下がるだとかそんなこと以前に、Googleがオークションにかけてくれるような文字列はなんなのか、ということを考えたほうが成功するのかな?と思ってまして、僕は最近そんな考えで広告を作ってます。
ただそれは、Googleが良しとする広告、つまりそれは結果的にはユーザーが求める広告である、とも言えると思うのですが。

この考えで、勝つ広告を作る方法っていうのも正直正解がわからないわけですが、なんとなく最近上手くコツがつかめてきまして、割と広告を当てられるケースが増えてきました。
合ってるかどうかもわからないですし、詳しいことはどうお伝えしていいのかもよくわかりませんが、

結局のところ、ユーザーのことを良く知って、調べて、考えて広告を作っては試していこう、ということです。
ユーザーのことをよく考えよう、というのもなかなかおおざっぱな言い方ですし、ユーザーのことを考えるというのも具体的にどういうことなのかというとものすごく難しいのですが、そこにつきるなぁと。

とりあえず間違いなく、キーワードや検索語句と広告テキストを文字列レベルで可能な限り合わせていこうとか、広告テキスト内の単語の順番を入れ替えてみようとか、そんな単純な話ではないのと、広告グループを細かくわけていこうという話ではないなと断言できます。


あとちなみに、特定のキーワードの市場のシェアをとにかく取りたい場合はもちろんインプレッションシェアは重要でしょうけど、
事業自体の目標や、今の立ち位置などからして、インプレッションのシェア自体は全く重要ではないなとも思います。
ただ、インプレッションシェアが取れていることは重要ではないとしても、取ることはできる状況であることは重要だな、と思います。
取ることはできるということは、そのときはまず強力な広告を持っているということで、クリック単価を安くしても広告を配信できるということで、どっちに進みたかろうともとにかく戦いやすい状況になっているはずだからです。


そんな感じでして、僕としては、いろんな指標や計算式は知っておくことは必要としてもそれに惑わされず、(検索広告であれば)とにかくその検索ワードで検索している人がどういう人なのか、何を求めているか、どういう行動をしているか(インターネット上で)をよく調べて考えて、広告テキストをひたすらに作っては試してみる、ということをおすすめします。
小西 一星

Re: 広告ランクによるImpシェア損失率の改善について

トップコントリビューター
こんにちは。
(品質スコアの要素の2/3がクリエイティブで決まるという理由で)小西先生に一票を入れ、若干の私見を。

「日予算に当たらないように入札抑制をする」は、予算不足でImpロスを防ぐという意味ですよね。つまり、予算不足でImp出来なくなるロスもImpシェア損失であると。潤沢な予算があれば予算不足は避けられますが、予算不足にならないように予算配分しなさいということですね。

石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h