156 人が現在オンライン
156 人が現在オンライン
Google AdWords の広告効果を高めるためのヒントや施策などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って、より効果を高められるような最適化のアイディアを得ましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

拡張CPCを使わない理由・デメリットなどを教えて下さい

[ 編集済み ]
OKI
上級者 ✭

最近、拡張CPCという設定を知りました。

ヘルプを見ると自動的にコンバージョンにつながる可能性の高いクリックの入札単価を引き上げるそうです。

 

私の場合、手動で設定していてもそれほど費用対効果は高くないので、あるキャンペーン全体に拡張CPCを設定しました。

しばらく様子を見るつもりです。
効果が上がれば全キャンペーンに設定したいと思っています。

 

しかし、こんないい機能なのにきっと使っていない方もいるはずです。
拡張CPCを使っていない方がいらっしゃったら教えて欲しいです。

 

・拡張CPCを使わない理由ってなんですか?

 

・拡張CPCを使った場合に考えられるデメリットって何ですか?

 

・こんな場合は拡張CPCを使わないほうがいいよという場合は
 どんな場合ですか?

 

2 人のエキスパートが返信verified_user

Re: 拡張CPCを使わない理由・デメリットなどを教えて下さい

トップコントリビューター

コンバージョン数がある程度出ているならまずオンにしますね。

 

オフにするケースとして思い当たるのはこんな感じです。

 

・コンバージョンが少ない

・固有名詞など、とにかく1位に表示するキーワード

・コンバージョンが指標ではない場合。主に順位など出方をコントロールしたい特殊な場合

・運用上の最優先事項が予算のコントロールである場合。成果がいいからといって費用を使われては困る場合

 

 

ある程度のコンバージョン数が出ていて、成果を求めるのであれば、基本的にはオンにすることが前提でいいのではないかと思います。

小西 一星

Re: 拡張CPCを使わない理由・デメリットなどを教えて下さい

トップコントリビューター

OKI さん

 

小西さんと同意見になりますが、CV数が多く発生しているのであれば、

使用する方向で良いと思います。

 

但し、適用後の変化は要チェックです。

私の経験として、適用後、流入数が約4割近く落ちて、意図した流入、成果に繋がらなかったことがありました。

最適化には時間がかかる部分もあると思いますが、

安定化することも含めて、配信戦略と結果の照らし合わせは必要かと思います。

里村 仁士(Hitoshi Satomura)
※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」のクリックを頂けると、他の方の参考にもなりますのでお願いいたします。