123 人が現在オンライン
123 人が現在オンライン
Google AdWords の広告効果を高めるためのヒントや施策などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って、より効果を高められるような最適化のアイディアを得ましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

検索ボリュームが少ないと表示される場合

[ 編集済み ]
初級者 ✭

ある特定の地域(以下地域A)の地域名を含むキーワードでキーワードを登録しました。

例:

地域A 腰痛

地域A 肩こり

 

しかし、検索ボリュームが少ないと表示されてしまいます。

キーワードを、地域名を含むキーワードに絞ってCTRを高めようと考えていましたが、そもそも地域Aの検索ボリュームが少ない時点でリスティング広告の活用は無謀なのでしょうか。

ご教示ください。

 

2 人のエキスパートが返信verified_user

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
でぶてて (注目ユーザー)さんが付与
12月 2016

Re: 検索ボリュームが少ないと表示される場合

トップコントリビューター

無謀ではないですが、その問題は常につきまとう問題ではありますね。

あれこれ工夫が必要です。

 

 

●地域名が、検索数の少なすぎる地域名である  → 多い地域名にする

 

例えばお店(?)が「センター街」や「宇田川町」にある場合は、

→渋谷

→東京

 

といったように大きい地域名にしてみます。

ただ、広すぎると不要なエリアも含んでしまうでしょうから、どこまで広げるかはさじ加減次第ですかね。

 

 

●地域名が、検索数の少なすぎる地域名である  → 周辺や、沿線の地名を使ってみる

 

例えばお店(?)が大船駅にある場合、そこを通過する人がどの駅も通過することが多いかを考えて周辺の大きめの駅名を使ってみます。

この場合は藤沢駅、辻堂駅、茅ヶ崎駅、大船駅などです。

 

 

特定の地域で探してはいたけれど、結局はそこではなくてちょっと近いところに良さそうなところがあったからそこに行った、という例はよくあることです。

 

 

 

●地域名に掛け合わせるキーワードが適切でない → 具体的なキーワードにする

 

そもそも、地域名が問題なのかどうかがわかりません。

 

腰痛、肩こりというのは、恐らく悩みに関するキーワードであって、どこかの地域に存在する店舗を指し示すキーワードではありません。

 

「東京の腰痛」なんて調べる人はそうそういないと思われ、もしいたとすると、

「東京人の腰痛」と「大阪人の腰痛」の違い、でしょうか、そんなのあるのかわかりませんが。

 

※実際「東京 腰痛」「東京 肩こり」の検索数はかなり少ないようです。

 「東京」でかなり少ないので、ほぼ皆無の地域ばかりでしょう。

 

具体的に、ご提供されるサービスや商品はなんでしょう?

もしマッサージ店なのであれば、

 

「東京 マッサージ」「渋谷 マッサージ」のようにしてみるということも考えられます。

ただしもちろん、「マッサージ」では腰痛や肩こり以外のことを治すための様々なマッサージも含まれますので、これもさじ加減といいますか、提供されるサービスと、対象とする顧客次第で考える必要があります。

対象としない人も含んでしまうキーワードであれば、広告文の工夫も必要ですね。

 

 

 

 

その他、ピンポイントな地域を狙うには地域指定配信と、ピンポイントに指定しつつ部分一致を使うことで検索数が著しく少ないキーワードでも広告表示させるなど、いくつかの方法は考えられますが、地域名をキーワードに使う場合には、どうしても検索数の少なさの問題はやはり常につきまとってきます。

 

 

以下は、AdWords以外の話ですが…

 

実施されていましたら恐れ入りますが、Googleマイビジネスにきちんと登録して、広告ではなく自然検索や、Googleマップ上の検索で表示されるようにするという手もあります。

https://www.google.co.jp/intl/ja/business/

 

特定の種類のサービスに特化して、細かい地域ごとに店舗や医院などを紹介しているサイトもありますが、そこに掲載するという手もあります。

細かい地域名を細かく網羅して自然検索での流入を狙っている媒体サイトの力を借りるということです。

掲載を直接申し込んだり、そこにAdSense枠があればAdWordsのプレースメントターゲットで狙ってみる、などが考えられます。

小西 一星

元の投稿で解決策を見る


すべての返信

Re: 検索ボリュームが少ないと表示される場合

トップコントリビューター
こんにちは。

確かに地域名やエリアで絞ると、検索ボリュームが少なくなり広告が表示されなくなります。

対応ですが、
1.エリアを拡大して、広告タイトルに絞った地名を入れる。(A市に拡大して、【B町】マッサージ格安)
2.言い回しを変えたキーワードも設定する。(キーワードに、滋賀の他、近江や湖国や琵琶湖を増やす)
3.広告ネットワークを広げる。
4.キーワードを増やす。


地方都市では本当に困る課題ですが、クリックが少なければ広告費用も少なくて済む事をクライアント様にご理解頂き、まずは始めてみることではないでしょうか。

ご参考になるようでしたら。
石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
でぶてて (注目ユーザー)さんが付与
12月 2016

Re: 検索ボリュームが少ないと表示される場合

トップコントリビューター

無謀ではないですが、その問題は常につきまとう問題ではありますね。

あれこれ工夫が必要です。

 

 

●地域名が、検索数の少なすぎる地域名である  → 多い地域名にする

 

例えばお店(?)が「センター街」や「宇田川町」にある場合は、

→渋谷

→東京

 

といったように大きい地域名にしてみます。

ただ、広すぎると不要なエリアも含んでしまうでしょうから、どこまで広げるかはさじ加減次第ですかね。

 

 

●地域名が、検索数の少なすぎる地域名である  → 周辺や、沿線の地名を使ってみる

 

例えばお店(?)が大船駅にある場合、そこを通過する人がどの駅も通過することが多いかを考えて周辺の大きめの駅名を使ってみます。

この場合は藤沢駅、辻堂駅、茅ヶ崎駅、大船駅などです。

 

 

特定の地域で探してはいたけれど、結局はそこではなくてちょっと近いところに良さそうなところがあったからそこに行った、という例はよくあることです。

 

 

 

●地域名に掛け合わせるキーワードが適切でない → 具体的なキーワードにする

 

そもそも、地域名が問題なのかどうかがわかりません。

 

腰痛、肩こりというのは、恐らく悩みに関するキーワードであって、どこかの地域に存在する店舗を指し示すキーワードではありません。

 

「東京の腰痛」なんて調べる人はそうそういないと思われ、もしいたとすると、

「東京人の腰痛」と「大阪人の腰痛」の違い、でしょうか、そんなのあるのかわかりませんが。

 

※実際「東京 腰痛」「東京 肩こり」の検索数はかなり少ないようです。

 「東京」でかなり少ないので、ほぼ皆無の地域ばかりでしょう。

 

具体的に、ご提供されるサービスや商品はなんでしょう?

もしマッサージ店なのであれば、

 

「東京 マッサージ」「渋谷 マッサージ」のようにしてみるということも考えられます。

ただしもちろん、「マッサージ」では腰痛や肩こり以外のことを治すための様々なマッサージも含まれますので、これもさじ加減といいますか、提供されるサービスと、対象とする顧客次第で考える必要があります。

対象としない人も含んでしまうキーワードであれば、広告文の工夫も必要ですね。

 

 

 

 

その他、ピンポイントな地域を狙うには地域指定配信と、ピンポイントに指定しつつ部分一致を使うことで検索数が著しく少ないキーワードでも広告表示させるなど、いくつかの方法は考えられますが、地域名をキーワードに使う場合には、どうしても検索数の少なさの問題はやはり常につきまとってきます。

 

 

以下は、AdWords以外の話ですが…

 

実施されていましたら恐れ入りますが、Googleマイビジネスにきちんと登録して、広告ではなく自然検索や、Googleマップ上の検索で表示されるようにするという手もあります。

https://www.google.co.jp/intl/ja/business/

 

特定の種類のサービスに特化して、細かい地域ごとに店舗や医院などを紹介しているサイトもありますが、そこに掲載するという手もあります。

細かい地域名を細かく網羅して自然検索での流入を狙っている媒体サイトの力を借りるということです。

掲載を直接申し込んだり、そこにAdSense枠があればAdWordsのプレースメントターゲットで狙ってみる、などが考えられます。

小西 一星

Re: 検索ボリュームが少ないと表示される場合

初級者 ✭ ✭

田舎の飲食店です。

同じ症状になるし珍しい話でもありません

ディスプレイネットワークを活用してフォローしましょう

例えば肩こりの検索はすくなくても

アメブロで肩こりを書いてるブログの広告枠は

空いてる場合があります。

 

また少し範囲を広げてみたりテレビを見ながら

ガッテンとかたけしの番組が特集しそうな時間帯を

ねらいしてみるのも手です。配信は時間指定もできますよ

 

このアドワーズは絶対これ!ってのもありません。

ただ自分の店をどんな人にアピールするのか考えるのは

大変ですが、ぜひ自分での運用頑張ってください!

 

いろんな手法や文面を考え出すと面白くなりますよ

 

このトピックのエキスパート
石川 知紀
小西 一星