137 人が現在オンライン
Google AdWords の広告効果を高めるためのヒントや施策などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って、より効果を高められるような最適化のアイディアを得ましょう。
ガイドを表示
favorite_border
返信
Highlighted

絞込み部分一致とフレーズ一致の使い分けについて

[ 編集済み ]
初級者 ✭ ✭ ✭

キーワードの数が多くなり、運用の手間のかかるキャンペーンを精査しているのですが…。

下記について詳しい方、ご教授ください。

 

現在は、ほとんどのキーワードをフレーズ一致にて入稿しており、

語順を入替えたバージョンも全て網羅しております。

(「"サンダル 激安"」と「"激安 サンダル"」等)

 

 

これらを絞り込み部分一致に変更した場合に、

何か運用上のデメリットは考えられますでしょうか。

(「+サンダル +激安」の1キーワードとする)

 

費用対効果は悪くないので、広告の表示場所等はできるだけ変わって欲しくありません。

 

ご回答のほど、よろしくお願い致します。

 

★追記★

下記も合わせて教えて頂けましたら有難いです。

 

Q1

「"レディースサンダル"」とフレーズ一致の単一のキーワードで入稿しているものは、

「+レディースサンダル」と部分一致に変更すれば、意味合いは同じになりますでしょうか。

 

Q2

「+レディース +サンダル」というキーワードにしてしまっては

「レディースサンダル」の検索クエリには表示されなくなるのでしょうか。

 

よろしくお願い致します。

1 人のエキスパートが返信verified_user

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者Yukaさんが付与
2月

Re: 絞込み部分一致とフレーズ一致の使い分けについて

トップコントリビューター
すでに広告配信データがたまっているでしょうから、各キーワードにヒットした検索語句をよーく見てみてください。
それでたいてい正解が見えてくるとは思います。

激安サンダルは、「+激安 +サンダル」で恐らくいいだろうなぁとは思います。
「"激安 サンダル"」と「"サンダル激安"」とどちらも必要なことがあるとしたら、
例えば、検索語句を見てみて「激安」が前にある場合にのみCVRが高い、後ろだとCVRが低い、もしくはその逆、という状況が確認できたら、フレーズ一致を使って、検索語句の文字の順序もコントロールする、と考えることになると思いますが、でも恐らくは「激安サンダル」でも「サンダルを激安で売っているところ」でも「サンダルを買いたい 激安で」でも「激安 通販 サンダル」でもどんな検索語句でもそんなに状況は変わらないんじゃないかなと思います。
でもデータは見てないので確信はないです。
検索語句を見てみて、そんなことはなかった!という状況でしたらぜひ共有してください!興味あります。

Q1の件、意味合いは同じですね。
厳密に言えば、もしこの2つのキーワードを同じ広告グループに入れた場合、恐らくフレーズ一致のほうが優先される確率が高いはずです。マッチタイプが狭いほうが優先されるはずですので。
でもそんなことすることないでしょうけど。

Q2の件、表示されますよ!
小西 一星

元の投稿で解決策を見る


すべての返信

Re: 絞込み部分一致とフレーズ一致の使い分けについて

レジェンド
違いとしては、

・「サンダル 激安」の2語の間に別の単語が入ったときにもマッチするようになる
・「激安 サンダル」のクエリに対して、文字のマッチ度合いが下がるので、広告ランクも少し下がる

でしょうか。

自分であれば、
・1つ目が許容できる状況かどうかを確認(キーワードによっては、間に文字列が入ることで異なる意味になるものもあると思いますので)
・最初は絞込み部分一致を1キーワード(語順入れ替えなし)で入稿
・一定期間後に語順入れ替えパターンの検索語句がそれなりにある場合は追加する(検索回数が少ないのであれば無視する)
というフローを取ると思います。
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者Yukaさんが付与
2月

Re: 絞込み部分一致とフレーズ一致の使い分けについて

トップコントリビューター
すでに広告配信データがたまっているでしょうから、各キーワードにヒットした検索語句をよーく見てみてください。
それでたいてい正解が見えてくるとは思います。

激安サンダルは、「+激安 +サンダル」で恐らくいいだろうなぁとは思います。
「"激安 サンダル"」と「"サンダル激安"」とどちらも必要なことがあるとしたら、
例えば、検索語句を見てみて「激安」が前にある場合にのみCVRが高い、後ろだとCVRが低い、もしくはその逆、という状況が確認できたら、フレーズ一致を使って、検索語句の文字の順序もコントロールする、と考えることになると思いますが、でも恐らくは「激安サンダル」でも「サンダルを激安で売っているところ」でも「サンダルを買いたい 激安で」でも「激安 通販 サンダル」でもどんな検索語句でもそんなに状況は変わらないんじゃないかなと思います。
でもデータは見てないので確信はないです。
検索語句を見てみて、そんなことはなかった!という状況でしたらぜひ共有してください!興味あります。

Q1の件、意味合いは同じですね。
厳密に言えば、もしこの2つのキーワードを同じ広告グループに入れた場合、恐らくフレーズ一致のほうが優先される確率が高いはずです。マッチタイプが狭いほうが優先されるはずですので。
でもそんなことすることないでしょうけど。

Q2の件、表示されますよ!
小西 一星

Re: 絞込み部分一致とフレーズ一致の使い分けについて

初級者 ✭ ✭ ✭
ご回答有難うございます。
>「激安 サンダル」のクエリに対して、文字のマッチ度合いが下がるので、広告ランクも少し下がる
>(キーワードによっては、間に文字列が入ることで異なる意味になるものもあると思いますので)
こちら2点、私の中では盲点でしたので…勉強になりました!!
間に言葉が入っても大丈夫かを検討し、絞込みに変更後は語順入替えの検索語句があるか確認してみます。

Re: 絞込み部分一致とフレーズ一致の使い分けについて

初級者 ✭ ✭ ✭
ご回答有難うございます。
>フレーズ一致を使って、検索語句の文字の順序もコントロールする
>マッチタイプが狭いほうが優先されるはずですので
上記、興味深いです。データを集めて検証してみようと思います!!
Q2の件も気になっていたので勉強になりました。
このトピックのエキスパート
小西 一星