165 人が現在オンライン
165 人が現在オンライン
Google AdWords の広告効果を高めるためのヒントや施策などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って、より効果を高められるような最適化のアイディアを得ましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

適正なアドワーズ広告数について

N/A
# 1
N/A

アドワーズ広告で、結果が一定見えてきたところなのですが、

掲載率の悪い広告は削除していった方がいいのでしょうか?

広告の数自体がどんどん増えていくと弊害はあるのでしょうか。

2 人のエキスパートが返信verified_user
1 件の受理された解決策

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者さんが付与
10月 2016

Re: 適正なアドワーズ広告数について

セミ プロフェッショナル ✭
回答させていただきます。

成果の悪い広告を
・停止したままにしておく
・削除する
こちらのどちらにすべきかということですが、
成果という観点においては差異はございません。

ちなみに削除をしてもアドワーズの場合、
広告出稿の履歴がある広告は、
データを残すという観点で管理画面上から消えることはございません。

ご質問の回答になっていましたら幸いです。

元の投稿で解決策を見る

ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者さんが付与
10月 2016

Re: 適正なアドワーズ広告数について

セミ プロフェッショナル ✭
回答させていただきます。

成果の悪い広告を
・停止したままにしておく
・削除する
こちらのどちらにすべきかということですが、
成果という観点においては差異はございません。

ちなみに削除をしてもアドワーズの場合、
広告出稿の履歴がある広告は、
データを残すという観点で管理画面上から消えることはございません。

ご質問の回答になっていましたら幸いです。

Re: 適正なアドワーズ広告数について

トップコントリビューター
戦略目的にもよりますが、掲載率の悪い広告は停止状態にして、
新規広告を追加配信して、ABテストを繰り返すことが成果改善につながりやすいです。

広告数の増加自体に弊害があるとしたら、管理面でしょうか。
不要な広告が増えると、作業面で不便に感じることもあるかもしれません。

停止 or 削除 のどちらが良いかということであれば、
個人的な考えになりますが、今後、使用しない広告などであれば、
間違って再開してしまうリスクを踏まえて、削除します。

以上になります。
参考になれば幸いです。
里村 仁士(Hitoshi Satomura)
※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」のクリックを頂けると、他の方の参考にもなりますのでお願いいたします。

Re: 適正なアドワーズ広告数について

トップコントリビューター
こんにちは。

プレイヤーの個性が出るところかとは思いますが、個人的には削除の方向です。
コンバージョン率重視か、クリック率重視かなどの設定次第ですが・・・
「掲載率が悪い=コンバージョン率が低い」
このように考えれば、収益率を下げる要因になると考えます。

ご参考になりましたら。
石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: 適正なアドワーズ広告数について

N/A
# 5
N/A
参考になりました!残しておこうかと思います。ありがとうございます。

Re: 適正なアドワーズ広告数について

N/A
# 6
N/A
参考になりました。管理画面で不便に感じるまでには至っていないのでしばらく様子を見ようかと思います。ありがとうございます。

Re: 適正なアドワーズ広告数について

N/A
# 7
N/A
なるほど!参考にさせていただきます。ありがとうございます。

Re: 適正なアドワーズ広告数について

[ 編集済み ]
セミ プロフェッショナル ✭

お返事いただきありがとうございます。

参考にしてただけて光栄です。

Re: 適正なアドワーズ広告数について

トップ コントリビューター OB
こんばんは。

>管理画面で不便に感じるまでには至っていないのでしばらく様子を見ようかと思います。
ここのご自身の感覚でどうするか決められていいのかな、と思います。

私はこれまでどういう広告文(訴求)を使ってきたか振り返るためにもあまり削除はせずある程度残しておく派です。
(とはいえあまり振り返ることもそうそうないのですが、、)

成果においては特に影響はないので、運用者の観点でどうするかお決めになられては、と思います。



久保 陽平