242 人が現在オンライン
242 人が現在オンライン
Google AdWords の広告効果を高めるためのヒントや施策などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って、より効果を高められるような最適化のアイディアを得ましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

Display Select Keywordとカスタムアフィニティカテゴリの違いについて

[ 編集済み ]
初級者 ✭

お世話になります。

首記の件で確認させて下さい。

 

Display Select Keywordとカスタムアフィニティカテゴリの違いが明確に分からず

調べても分かりづらくご教示頂けますと幸いです。

何卒宜しくお願い致します。

2 件の受理された解決策

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者田口 彬 sさんが付与
9月 2015

Re: Display Select Keywordとカスタムアフィニティカテゴリの違いについて

プロフェッショナル ✭ ✭

回答させていただきます。

 

Display Select Keyword:

通常のコンテンツターゲットより高度にセグメントされた、より「コンバージョン」に近いユーザーが

閲覧している掲載面を、設定されたキーワードを元にターゲティングする機能です。

⇒簡単に申し上げますと、「キーワードターゲティング」のようにキーワードを指定しますが、

 「キーワードターゲティング」よりも「サイトの関連性の高さ」や「訪れるユーザーの目的」を重視し、

 よりコンバージョンを獲得しやすい配信面を指定できる機能です。

 

カスタムアフィニティカテゴリ:

ニッチな分野や特定のブランドやサービスに興味を持つユーザーに対してアプローチする機能です。

 

Display Select Keywordは特定のキーワードに関連性の高い「サイト」を軸にセグメントされるのに対し、

カスタムアフィニティカテゴリはライフスタイルやインタレストに基づいて定義された「ユーザー」を軸にセグメントされます。

 

どちらも任意のキーワードを指定して配信できますので、

配信しながら成果を検証し、どちらが意図した配信により近いのか探っていくことをお勧め致します。

 

ご参考になれば幸いです。

元の投稿で解決策を見る

ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者田口 彬 sさんが付与
9月 2015

Re: Display Select Keywordとカスタムアフィニティカテゴリの違いについて

Community Manager

田口さん

 

ご質問ありがとうございます。

 

まず、Display Select Keyword に関しては、現時点では一部のアカウントでのみ利用できる機能です。

順次公開予定の機能のため、ご利用いただけないアカウントがある点をご了承ください。。

カスタムアフィニティカテゴリは、皆さまにご利用いただける機能ですのでぜひご活用ください。

 

本題の違いについてですが、

Display Select Keywordは、掲載先サイトに訪れたユーザーの様々なシグナル(検索、広告クリック、コンバージョン)を利用して、"どのようなユーザーが訪れる面(ページ)か" を判断した上で、関連性が高くコンバージョンする可能性が高いと判断したときのみ広告を配信します。

 

一方、カスタムアフィニティカテゴリは、ユーザーのウェブ上の行動から "どのような興味関心をもっているユーザーか" を判断した上で、そのテーマに関連したコンテンツを閲覧する可能性が高いと思われたユーザーに対して広告を配信します。

 

その結果として、

Display Select Keywordは、"コンバージョンに結びつきやすい限られたユーザーが対象"(配信量は少なめ)

カスタムアフィニティカテゴリは、"ブランドや商品認知度を高めるため比較的多くのユーザーが対象"(配信量は多め)

となる傾向にあります。

 

まだ、全体公開されていない機能のため、情報が少ない点でご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いします。

 

今井

 

元の投稿で解決策を見る

ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者田口 彬 sさんが付与
9月 2015

Re: Display Select Keywordとカスタムアフィニティカテゴリの違いについて

プロフェッショナル ✭ ✭

回答させていただきます。

 

Display Select Keyword:

通常のコンテンツターゲットより高度にセグメントされた、より「コンバージョン」に近いユーザーが

閲覧している掲載面を、設定されたキーワードを元にターゲティングする機能です。

⇒簡単に申し上げますと、「キーワードターゲティング」のようにキーワードを指定しますが、

 「キーワードターゲティング」よりも「サイトの関連性の高さ」や「訪れるユーザーの目的」を重視し、

 よりコンバージョンを獲得しやすい配信面を指定できる機能です。

 

カスタムアフィニティカテゴリ:

ニッチな分野や特定のブランドやサービスに興味を持つユーザーに対してアプローチする機能です。

 

Display Select Keywordは特定のキーワードに関連性の高い「サイト」を軸にセグメントされるのに対し、

カスタムアフィニティカテゴリはライフスタイルやインタレストに基づいて定義された「ユーザー」を軸にセグメントされます。

 

どちらも任意のキーワードを指定して配信できますので、

配信しながら成果を検証し、どちらが意図した配信により近いのか探っていくことをお勧め致します。

 

ご参考になれば幸いです。

ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者田口 彬 sさんが付与
9月 2015

Re: Display Select Keywordとカスタムアフィニティカテゴリの違いについて

Community Manager

田口さん

 

ご質問ありがとうございます。

 

まず、Display Select Keyword に関しては、現時点では一部のアカウントでのみ利用できる機能です。

順次公開予定の機能のため、ご利用いただけないアカウントがある点をご了承ください。。

カスタムアフィニティカテゴリは、皆さまにご利用いただける機能ですのでぜひご活用ください。

 

本題の違いについてですが、

Display Select Keywordは、掲載先サイトに訪れたユーザーの様々なシグナル(検索、広告クリック、コンバージョン)を利用して、"どのようなユーザーが訪れる面(ページ)か" を判断した上で、関連性が高くコンバージョンする可能性が高いと判断したときのみ広告を配信します。

 

一方、カスタムアフィニティカテゴリは、ユーザーのウェブ上の行動から "どのような興味関心をもっているユーザーか" を判断した上で、そのテーマに関連したコンテンツを閲覧する可能性が高いと思われたユーザーに対して広告を配信します。

 

その結果として、

Display Select Keywordは、"コンバージョンに結びつきやすい限られたユーザーが対象"(配信量は少なめ)

カスタムアフィニティカテゴリは、"ブランドや商品認知度を高めるため比較的多くのユーザーが対象"(配信量は多め)

となる傾向にあります。

 

まだ、全体公開されていない機能のため、情報が少ない点でご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いします。

 

今井

 

Re: Display Select Keywordとカスタムアフィニティカテゴリの違いについて

Community Manager

石井さんの方が早く回答いただいてましたね!ダブってる点があり恐縮です。。。。

ありがとうございます。

Re: Display Select Keywordとカスタムアフィニティカテゴリの違いについて

初級者 ✭

皆様

 

ご返信が大変遅れ申し訳ありません。

またご丁寧に解説頂きありがとうございました。

 

理解と整理ができました!

引き続き宜しくお願い致します。