210 人が現在オンライン
210 人が現在オンライン
Google AdWords の広告効果を高めるためのヒントや施策などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って、より効果を高められるような最適化のアイディアを得ましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

PRとQSの関連と、同一ドメイン内での複数アカウントの運用

[ 編集済み ]
中級者 ✭ ✭

こんにちは。広告代理店の人間です。

 

【質問】

通常、広告配信をする際は、クライアントのサイトにLPを設置すると思いますが、

各クライアントのLPを、弊社が作成した新しいドメインにまとめて設置した場合、

どうなりますか?

 

【前提】

とある小型案件のクライアント群に対して、

「広告配信と一緒にLP作りますよ!サーバもドメインも弊社の物を使うので、お任せでいいですよ!」

と言ってしまいたいのですが、クライアントごとに

ドメインやサーバの設定するのは費用がかかるので、

全LP同じドメイン下に設置したらどうなるんだろう?と考えてみた次第です。

 

サブドメインかディレクトリでクライアントを分けて、

サイト運営者情報として各クライアントの名前とリンクを載せる感じになるでしょうか。

もしくは弊社と各クライアント名を併記するとか。

 

ちなみに、企業コンプライアンス的にどうなのよという気も若干しますが、

お客さんが良いって言うのであれば、まぁいっかな、と・・・。

 

 

【想像】

今懸念しているのは、

新ドメイン ⇒ PR低い(クライアントのサイトと比較して) ⇒ QS下がる

 

同じドメイン内に訴求の違う複数のLPがあることで、何か悪い影響がある。

*QSが下がる、全クライアントの総imp数が制限される、など。

  SEOは狙っていないので考慮しません。

 

などが起きるのではないかということです。

いかがでしょうか。

 

 

Adwordsのポリシーには違反していないつもりでおりますが、

(もし違反してましたらご指摘ください。)

こういう運用している方っていらっしゃるのでしょうか。

 

よろしくお願いいたします。

1 人のエキスパートが返信verified_user

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者新藤友理さんが付与
9月 2015

Re: PRとQSの関連と、同一ドメイン内での複数アカウントの運用

レジェンド

似たような案件で、同一ドメイン(というか、ディレクトリもほぼ同じで、クエリパラメーターや末尾のディレクトリ名)だけで出し分けているサイトの運用(それぞれのサイトは同一グループのグループ会社なので、全く別のクライアントというわけではありません)をしています。

同一グループ会社ではあるものの、扱っている商材は全く異なり、それぞれ別々のサイト名で構築されていることもあり、似たような状況かと思います。

 

運用していてどうなのか?というところですが、QSに対して大きな問題は発生していないかなと思います(認識できるレベルでは)。

また、インプレッションシェアも制限されているような印象はありません(各サイトで扱っている商材が異なるためキーワードが被りにくいことも影響しているかもしれません)。

 

 

実感値としてはこんな感じになります。

 

ネットで検索してみると、格安サイト制作のタイプで、サーバー・ドメイン全て既存のものを使います、というサービスもいくつか存在するようです。実際のドメインが書かれていれば、そのドメインでsite検索すれば、利用しているサイトが分かりそうなので、何か参考になるかもしれません。

 

 

 

余談ですが、同一ドメインで訴求の異なる複数のLPの広告出稿をしている会社の代表例として、AdWordsやAdSense、Apps、Playなどの広告を出稿しているGoogle社が思い浮かびました。

元の投稿で解決策を見る

ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者新藤友理さんが付与
9月 2015

Re: PRとQSの関連と、同一ドメイン内での複数アカウントの運用

注目ユーザー

 新藤友理さま

 

何れかのクライアントページで、ポリシー違反などで強制停止になった場合に全体へ影響する恐れがあります。

ドメインに対しての処置となるので、クライアント数が増えれば増えるほど危険性が高くなるのかと思います。

 

ご参考下さいませ!

Hiromichi Ogasawara
follow me on twitter

元の投稿で解決策を見る


すべての返信
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者新藤友理さんが付与
9月 2015

Re: PRとQSの関連と、同一ドメイン内での複数アカウントの運用

レジェンド

似たような案件で、同一ドメイン(というか、ディレクトリもほぼ同じで、クエリパラメーターや末尾のディレクトリ名)だけで出し分けているサイトの運用(それぞれのサイトは同一グループのグループ会社なので、全く別のクライアントというわけではありません)をしています。

同一グループ会社ではあるものの、扱っている商材は全く異なり、それぞれ別々のサイト名で構築されていることもあり、似たような状況かと思います。

 

運用していてどうなのか?というところですが、QSに対して大きな問題は発生していないかなと思います(認識できるレベルでは)。

また、インプレッションシェアも制限されているような印象はありません(各サイトで扱っている商材が異なるためキーワードが被りにくいことも影響しているかもしれません)。

 

 

実感値としてはこんな感じになります。

 

ネットで検索してみると、格安サイト制作のタイプで、サーバー・ドメイン全て既存のものを使います、というサービスもいくつか存在するようです。実際のドメインが書かれていれば、そのドメインでsite検索すれば、利用しているサイトが分かりそうなので、何か参考になるかもしれません。

 

 

 

余談ですが、同一ドメインで訴求の異なる複数のLPの広告出稿をしている会社の代表例として、AdWordsやAdSense、Apps、Playなどの広告を出稿しているGoogle社が思い浮かびました。

ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者新藤友理さんが付与
9月 2015

Re: PRとQSの関連と、同一ドメイン内での複数アカウントの運用

注目ユーザー

 新藤友理さま

 

何れかのクライアントページで、ポリシー違反などで強制停止になった場合に全体へ影響する恐れがあります。

ドメインに対しての処置となるので、クライアント数が増えれば増えるほど危険性が高くなるのかと思います。

 

ご参考下さいませ!

Hiromichi Ogasawara
follow me on twitter

Re: PRとQSの関連と、同一ドメイン内での複数アカウントの運用

中級者 ✭ ✭

>山田様

 

>格安サイト制作のタイプで、サーバー・ドメイン全て既存のものを使います、というサービスもいくつか存在するようです。

ありがとうございます!調べてみます。

確かにGoogleがやってますね(笑)ドメインは関係ない気がしてきました。


>Oga様
なるほど、考えていませんでした・・・。
あまり一か所にまとめすぎるのも問題ですね。
ありがとうございます。

このトピックのエキスパート
小笠原 弘充