238 人が現在オンライン
238 人が現在オンライン
Google AdWords の広告効果を高めるためのヒントや施策などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って、より効果を高められるような最適化のアイディアを得ましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

Yahoo!の品質インデックス

[ 編集済み ]
初級者 ✭ ✭

こんにちは、ちょっと気になることがあったので投稿させて頂きました。

 

 

最近、Yahoo!のある管理アカウントで、品質インデックスが急に1になる現象が起きています。

考えられる原因をご教授願えればと思います。

 

 

なお、現在対策しているのは、

 

・LPのテキスト量を増やし、出稿キーワードのテキスト比率を5~7%にアップ

 

で、メインの軸ワードの品質5⇒6に改善しました。

 

一方で、軸ワード+価格、軸ワード+交換 といった組み合わせワードは1のまま。

 

 

とりあえず、品質インデックス1のワードは停止し、品質インデックスの

高い軸ワードの部分一致でインプレッションをさせるようにしています。

 

 

アカウント自体は1~2年ほど使用しているもので、急に変わったのが今年の8月9月あたり。

LPは変えておらず、アカウント設定も変更していないのですが、急に品質インデックスが下がったといった具合です。

 

 

同じ経験をされている方、いらっしゃいますでしょうか?

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: Yahoo!の品質インデックス

上級者 ✭ ✭ ✭
こんにちわ。

私もYahooの品質インデックスは上がりにくいな、と感じておりますが急に下がったというのはありませんでした。Googleよりも品質に対するクリック率の比重が高いのかな?と思ってます。

7〜9月頃からのクリック率の変動はどうでしょうか?グループ内に関連のないキーワードが一緒に入ってたりしませんか?
一度、グルーピングを再構成するのも手かもしれませんね。アカウントの年数はほとんど関係ないかと思います。
検索クエリで見慣れないキーワードが増えているなら除外ワードを設定したり、新しい広告文を追加したりして広告グループ全体のクリック率を上げるように私は対策をしてます。

回答になってませんがご参考になれば幸いです。


Re: Yahoo!の品質インデックス

トップ コントリビューター OB
高橋芳明さん
 
こんにちは。
 
本件の回答に全くなっていませんが、
Yahoo品質インデックスではなく、CVデータが減ったことがありました。
 
昨日まで1件あったのに今日みたら0件、、、。
CVとりずらい案件だったので本気で返して欲しかったのですが、
Yahooのサポートに問い合わせてもバグ等のようなものも無いそうで
結局そのCVは返ってきませんでした。
 
後にも先にもその1回だったのですが、
CVの意味不明な変動は勘弁です。
 
すいません、全く関係ない話で。。
 
インデックス戻るといいですね。
久保 陽平

Re: Yahoo!の品質インデックス

レジェンド

久保さん

 

横道についてのレスですが、Yahooのコンバージョンって、コンバージョンが発生した日に管理画面を見るとその日のデータとしてカウントされますが、翌日の朝ごろに再計算されて、そのコンバージョンの元になったクリックが発生した日にコンバージョンを移動させているような気がします。

 

 

例:

・2014/12/01に広告をクリックし、サイト訪問

・2014/12/10に広告以外からサイトに訪問し、コンバージョン

のユーザーに対して、12/10に管理画面を見ると、12/10にコンバージョンが1になり、12/01のコンバージョンが0と表示されますが、翌日12/11に管理画面を見ると、12/10のコンバージョンが0に減り、12/01のコンバージョンが1となります。

 

Re: Yahoo!の品質インデックス

トップ コントリビューター OB

山田さん

ありがとうございます。

 

>Yahooのコンバージョンって、
>コンバージョンが発生した日に管理画面を見るとその日のデータとして
>カウントされますが、翌日の朝ごろに再計算されて、
>そのコンバージョンの元になったクリックが発生した日に
>コンバージョンを移動させているような気がします

 

そうなんですね。
僕のときは1が0になっただけで移動はしてなかった気がしますが、、

 

でも勉強になりました。

ありがとうございます!

久保 陽平

Re: Yahoo!の品質インデックス

注目ユーザー
高橋さま

ここで書いていいのかわかりませんが・・・
Yahoo!さんの品質インデックス(QI)は、Googleさんの広告品質判定の上にYahoo!さんの広告品質の判定が加わった形でアウトプットされます。
もちろん、部分一致のキーワードは、その入稿キーワードが完全一致した場合のPC/TAB/SPの品質に対してのアベレージ(ここは実験していないですが、デバイス毎にQI/QSは変わります。LPが違うから当たり前なんですけどね)

部分一致でインプレッションは発生させたとしても、検索クエリが発生した際のQSは入稿キーワードと同様とみなされる場合が多いようです(入稿したとたんCPCが上がるなどの挙動あり。)

広告品質が1の場合ですが、
広告文の調整、LPの調整で大概誤魔化しはききますが根本的に解決にはならないです。
本来であれば、品質が1のキーワードはそれに見合うページを準備しそちらに配信させるのがスジですので。

AdWordsのアカウントはYahoo!さんとのアカウント構造と同期されていますか?
同期されているようであれば、品質の違いから対策が立てれそうな気がします(本当にできるかどうかは別として)

ご参考までに。
でぶてて
このトピックのエキスパート
でぶてて