269 人が現在オンライン
269 人が現在オンライン
Google AdWords のコンバージョントラッキング、管理画面上のレポートや数値の不一致などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」が多くカウントされる件

初級者 ✭

タイトルの通りなのですが、
「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」が多くカウントされる事が多々あります。


▼実際の数字
===================================
■キャンペーンA
コンバージョン:5.17
コンバージョンに至ったクリック:8

■キャンペーンB
コンバージョン:4.42
コンバージョンに至ったクリック:4

■キャンペーンC
コンバージョン:4.00
コンバージョンに至ったクリック:4

■キャンペーンD
コンバージョン:3.83
コンバージョンに至ったクリック:4

■キャンペーンE
コンバージョン:1.58
コンバージョンに至ったクリック:1
===================================
合計
コンバージョン:19
コンバージョンに至ったクリック:21

 

※アトリビューションモデルは
「線形」モデルを使用しています。


「コンバージョン」の方が数が多くなるケースは理解できるのですが、
「コンバージョンに至ったクリック」が「コンバージョン」よりも多くなる理屈が分かりません。

 

どのような理由でこのようなコンバージョンの付き方になるのか

ご教授いただけますと幸いです。

 

何卒よろしくお願いいたします。

 

2 人のエキスパートが返信verified_user

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者Noriyuki Iさんが付与
3月

Re: 「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」が多くカウントされる件

プロフェッショナル ✭ ✭
riyuki I様

石川さんのおっしゃるとおり、「コンバージョンに至ったクリック」は現在廃止に向けて動いており、
今のカウント方法についてはGoogle側も説明がつかない状況のようです。
(私のアカウントでも多くカウントされるなど、同様の状況に陥りました)

コンバージョンの設定で、1回のみカウントとすべてカウントは選択できるようになっていますので、
広告の目的に合わせて設定を変更し、今後は「コンバージョン」の指標のみで成果を確認することをお勧めします。

平たく言いますとバグが起きているような状況です。汗

ご参考になれば幸いです。

元の投稿で解決策を見る


すべての返信

Re: 「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」が多くカウントされる件

トップコントリビューター
こんにちは。

本題から少し外れますが、コンバージョンに至ったクリックは廃止に向けて動いております。

■「コンバージョンに至ったクリック」から「コンバージョン」への移行について
https://support.google.com/adwords/answer/6372468?hl=ja

■「コンバージョン」と「コンバージョンに至ったクリック」の違いについて
https://support.google.com/adwords/answer/6085379?hl=ja

さて、コンバージョンにはどのようなコンバージョンアクションを含めていらっしゃるでしょうか。あるいは含めていないでしょうか。
上記のヘルプ記事にもあるように、コンバージョンに至ったクリックでは含めるコンバージョンを分割することができません。ですから、この辺りにお探しの答えがあるのではないかと推測します。

ご参考になりますでしょうか。
石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: 「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」が多くカウントされる件

[ 編集済み ]
初級者 ✭

>石川 知紀様

早速のご回答をいただきありがとうございます。

コンバージョンの設定では、商品の購入完了を計測しておりまして、
カウントも1回のみではなく、すべてのコンバージョンに設定しております。

なので、1回のクリックでコンバージョンが2件計測される事があるのは理解しているのですが、
「コンバージョン」の数よりも「コンバージョンに至ったクリック」の方が
なぜ数が大きくなるのかが、理解できておりません。

例えば、「コンバージョンに至ったクリック」が100あるならば、
「コンバージョンは」最低でも100付くものではないのでしょうか??
どういった状況だと100以下になるケースがあるのか知りたいです。



Re: 「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」が多くカウントされる件

トップコントリビューター
ご確認、有難うございます。
考えられる中で一番単純な原因は、コンバージョンに至ったクリックは同一デバイスからのコンバージョンしかカウントできない点でしょうか。同じGoogleアカウントにログインしていても、スマートフォンで検索してパソコンで購入というケースはカウントできないのです。
石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者Noriyuki Iさんが付与
3月

Re: 「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」が多くカウントされる件

プロフェッショナル ✭ ✭
riyuki I様

石川さんのおっしゃるとおり、「コンバージョンに至ったクリック」は現在廃止に向けて動いており、
今のカウント方法についてはGoogle側も説明がつかない状況のようです。
(私のアカウントでも多くカウントされるなど、同様の状況に陥りました)

コンバージョンの設定で、1回のみカウントとすべてカウントは選択できるようになっていますので、
広告の目的に合わせて設定を変更し、今後は「コンバージョン」の指標のみで成果を確認することをお勧めします。

平たく言いますとバグが起きているような状況です。汗

ご参考になれば幸いです。

Re: 「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」が多くカウントされる件

注目ユーザー

Noriyuki さん

 

恐らくなのですが、コンバージョン計測のアトリビューションモデルに「線形」を利用しているからではないかと推測します。

アトリビューション設定は、[コンバージョン] や [すべてのコンバージョン] 列に表示される数値に影響を与えます。

 

線形モデルの場合は、コンバージョン経路で発生したすべてのクリックに貢献度を均等に割り当てますので、

たとえば、キーワードAをクリック→キーワードBをクリック→キーワードCをクリック→キーワードDをクリックしてコンバージョンとなった場合は、

 

コンバージョンに至ったクリック:キーワードDに1

コンバージョン:キーワードA、B、C、Dに0.25ずつ

 

となるはずです。

 

ですので、経路が長くなればなるほどコンバージョンとしてカウントされる数値は1より小さく、1クリックでコンバージョンすれば1になるということになっていきますので、ご提示いただいたような数値になるものと考えられます。

 

参考:アトリビューション モデルについて

https://support.google.com/adwords/answer/6259715

 

ご確認のほどよろしくお願い致します。

 

田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります

Re: 「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」が多くカウントされる件

初級者 ✭
>石川 知紀様

ご返信ありがとうございます。
「コンバージョンに至ったクリックは同一デバイスからのコンバージョンしかカウントできない」
これは理解しておりまして、
そうであるならば、なおさら「コンバージョン」よりも数が多くのなるのはおかしいと思った次第です。

コンバージョンに至ったクリックの数が少なくなるのであれば納得いくのですが。。

Re: 「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」が多くカウントされる件

[ 編集済み ]
初級者 ✭

> Hiroki Tanaka様

ご返信いただきましてありがとうございます。

線形モデルについても理解はしておりまして、
ご提示いただいた例につきましても、

それぞれに0.25ずつ割り当てられたとしても、各割り当てられる数は違えど「コンバージョン」と「コンバージョンに至ったクリック」の合計は結果的に同じですよね?

 

そうではなく、なぜ「コンバージョンに至ったクリック」の方が数が多くなるのかが理解できない状況です。

 

繰り返しになりますが、様々な状況やカウント方式により

実際のクリック数よりも「コンバージョン」の数が多くなることは理解しておりますが、

「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」の方が、

なぜ多くなることがあるのか理解できない次第です。



石井なつみ様よりバグではないかとの回答をいただきましたので、
そう言われると納得するしかないという感じでございます^^;

どうもありがとうございました。

Re: 「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」が多くカウントされる件

初級者 ✭
>石井なつみ様

バグといわれると納得いたしましたので、
ご指摘いただいた通り「コンバージョン」の指標だけを見るようにいたします。

皆様、誠にありがとうございました。

Re: 「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」が多くカウントされる件

注目ユーザー
Noriyuki I さま

> それぞれに0.25ずつ割り当てられたとしても、総数は同じ数字になるのではないでしょうか。

同じキャンペーン内のキーワードのみでコンバージョンまで達成した場合はそのようになると思いますが、
例えば下記の場合などはコンバージョンに至ったクリックよりもコンバージョンのほうが少なくなるとおもいます。

1.キャンペーンAのキーワードaをクリック
2.キャンペーンAのキーワードbをクリック
3.キャンペーンBのキーワードcをクリック
4.キャンペーンCのキーワードdをクリック

この場合は下記のように。
キャンペーンA:コンバージョンに至ったクリック0、コンバージョン0.5
キャンペーンB:コンバージョンに至ったクリック0、コンバージョン0.25
キャンペーンC:コンバージョンに至ったクリック1、コンバージョン0.25

この例をキャンペーン別に見るとキャンペーンCはコンバージョンに至ったクリックよりもコンバージョンのほうが少なくなりますよね。
ブランド名キーワード(指名系)とそれ以外(非指名系)でキャンペーンを分けていたりすると、意外と発生しそうな気もしましたが…。

僕もバクですよそれと言われてしまえばそう思わざるを得なくなるのですが、こちらで見えている情報の範囲ですと理論上は起こり得るだろうなと思っておりますので補足でした。

何れにせよコンバージョンに至ったクリックは廃止となりますので、コンバージョンだけ見ていただければよいかと思います!

どうぞよろしくお願いいたします。

田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります

Re: 「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」が多くカウントされる件

[ 編集済み ]
初級者 ✭

> Hiroki Tanaka様

ご丁寧にご返信いただきまして誠にありがとうございます。

ご説明いただいたキャンペーンA~Cの例で、
キャンペーンを跨いで広告をクリックされると
割り当てられる数字が分散して「キャンペーンAだけ」「キャンペーンBだけ」を見ると
コンバージョンに至ったクリックの方が少なくなることは理解しております。
しかし、「キャンペーンC」ではコンバージョンに至ったクリックの方が数字が大きくなり、
結果として合計の数字は「コンバージョン」も「コンバージョンに至ったクリック」も
同じ『1』となると思います。

そうではなく、すべてのキャンペーンの合計が、
「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」の方が多くなるという現象が生じているため
質問させていただいました。

上記質問に記載した内容と同じデータになりますが、
下記のような状況が実際に起こっております。

===================================
■キャンペーンA
コンバージョン:5.17
コンバージョンに至ったクリック:8

■キャンペーンB
コンバージョン:4.42
コンバージョンに至ったクリック:4

■キャンペーンC
コンバージョン:4.00
コンバージョンに至ったクリック:4

■キャンペーンD
コンバージョン:3.83
コンバージョンに至ったクリック:4

■キャンペーンE
コンバージョン:1.58
コンバージョンに至ったクリック:1
===================================
合計
コンバージョン:19
コンバージョンに至ったクリック:21


Re: 「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」が多くカウントされる件

トップコントリビューター
あ、逆でしたね。すみません。

他に考えられる原因は、Hirokiさんの仰るようにアトリビュージョンモデルで線形を選択している場合、小数点以下のコンバージョンが整数に足りていない場合でしょうか。割り当てが小さいと、小数点以下2位に満たず誤差は生じるかと思います。(経路が増えるほどトータルで少しずつ増えるかもしれません)
アトリビュージョンモデルでもラストクリックで見た場合は大きな差はでないかなと思うのですが、いかがでしょうか。


コンバージョンに至ったクリックを使わないことに慣れて頂くまで時間を要するかもしれませんが、半年前に告知されているのでそろそろかもしれませんね。バグやメンテナンス不良の検証はしたことが無いのでなんとも申し上げにくいですが・・・切り替えて頂く方が確かに無難可と思います。(問題解決にはなりませんが、現実的とも思います)
石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: 「コンバージョン」よりも「コンバージョンに至ったクリック」が多くカウントされる件

注目ユーザー
Noriyuki I さん

キャンペーンのトータルでもずれるというお話でしたね…。大変失礼いたしました!

アトリビューションモデルで線形に割り当てられることで、多少なりとも小数点以下の端数が発生するので、端数処理やその後の合計の仕方によってはコンバージョンに至ったクリックを下回るケースは出てくると思います。端数処理やその後の合算方法が不透明な部分がありますが、このケースだとそれにしてもズレは大きい気もします。。。
と書いているうちに石川さんが回答してくれていましたね。。。

とは言え、キャンペーン単位では細かく表示されている小数点以下2位までの数値たちを合計すると、00でぴったりになるのも気味が悪いですね…。
もし集計期間を変えて合計が小数点以下まで表示されるのであればこの仮説は崩れますが。。。

以上、蛇足ですみません。どうぞよろしくお願いいたします。

田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります
このトピックのエキスパート
石川 知紀
Hiroki Tanaka