201 人が現在オンライン
201 人が現在オンライン
Google AdWords のコンバージョントラッキング、管理画面上のレポートや数値の不一致などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

除外設定していても配信されてしまう件について

初級者 ✭ ✭ ✭

かつと申します。お世話になります。

※広告設定で一度投稿しましたがカテ違いな気がしたので移動させましたすみません…

 

表題の件について

過去にAdWordsのサポートチームより

 

>ユーザー属性ターゲティング際には、除外したターゲットにも少しは配信されてしまう仕様となっています。 
>AdWords システムがユーザー属性推定に利用している情報一部には、広告配信タイミングでは取得できないもがあります。
>そため、広告配信後に取得できた情報をもとに、配信先となったユーザー属性情報が変更されることがあります。
>例: 配信タイミングでは、あるユーザーが 35-44 だと判断されていたも配信後に取得できた情報も勘案すると 45-54 可能性ほうが高いと判断された。こ場合、配信後にレポート上数字が 35-44 から 45-54 へ動く。
 
という回答をいただいたのですが
 
今回大阪へ配信した際
結果的に結構な割合で配信されてしまいました。

年齢除外をかけたターゲットにも広告が配信されてしまうことは

もちろん仕様である旨も先方へお伝えするのですが

岡山市で配信した際よりも割合が多いので、そこについて言及された際

可能性として考えられる要因があればと思いました。

私的に「都市部などは24-25や34-35などの境目が混在しやすい、などリアルの情勢が考えられるのかな」と純粋に感じたのですが

どう思われますか...?

 

お知恵を貸していただければ幸いです。

経験談もお待ちしております…。

 
1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: 除外設定していても配信されてしまう件について

トップコントリビューター
そういうことがあるんですね…、参考になります。
年齢層で完全に除外することってまずしないので、見たことはありません。

特に答えになってる話でもなく、いち意見ですが、

僕は、ユーザー属性に関する項目はそこまでまともに見ていません。
まともに見ていないというか、推測情報ですから、そんなに強く意識していない、ということです。
実際には、数値の結果だけを見て、CPAが悪ければ入札調整を下げる、良ければ上げる、とするだけでして、本当に25〜34なのか、ということはほとんど意識していません。
合ってるかわからないので。
いずれにしてもGoogleが、合っていようと合っていなかろうとそうだと認識したユーザー属性の成果がどうか、という観点でしか見てない、みたいな感じです。

25〜34という特定の年齢層の結果が変わることはありますが、本当にその年齢層の成果が変化することもあるでしょうし、Googleの認識自体が変わることもあるだろう、とは思っていました。実際、後者があるということなのですね。
でもそこはどうせよくわからないので深く考えてません、事実として結果が変わった、じゃぁどうするか、くらいしか考えません。

そんな感じです。
小西 一星

Re: 除外設定していても配信されてしまう件について

初級者 ✭ ✭ ✭
ご返信ありがとうございます。
いち意見でも大変ありがたいです!

運用する側としては
数値からの情報で次をどうするか、など戦略を練ればよいのですが
クライアント側は「このターゲットに配信したい」と云われているので
配信してみた結果だけを見て「なんで?」となってしまうのです…
そこの部分をどうお伝えしてあげればよいのかなあと思った次第です…

Analyticsもいわば統計的な数値であるため完璧ではないことも
運用している側だと納得しているのですが
お客様はそれがすべてなITから遠い方もなかにはいらっしゃって、難しいです(泣き言ですが

ありがとうございました!