173 人が現在オンライン
173 人が現在オンライン
Google AdWords のコンバージョントラッキング、管理画面上のレポートや数値の不一致などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

540日のリマーケティングのタグを貼ることは、どれぐらいありますか?

[ 編集済み ]
中級者 ✭ ✭ ✭

・リマーケティング(リターゲティング)をするときに、540日(最大期間)のリマーケティングのタグを貼る確率はどれぐらいでしょうか?

・540日(最大期間)のリマーケティングのタグは、使うか使わないかにかかわらず、とりあえず貼っておいて(クッキーを踏ませておいて)デメリットはないと思いますが、いかがでしょうか?

・管理コストがかかるなどのデメリットもあるのでしょうか?

・また、リマーケティング(リターゲティング)は、期間で分けると何種類張っていますか?

よろしくお願いします。

2 人のエキスパートが返信verified_user
1 件の受理された解決策

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者貴 松さんが付与
1月 2016

Re: 540日のリマーケティングのタグを貼ることは、どれぐらいありますか?

レジェンド

自分の場合は、サイトに設置するタグ自体は、基本的に540日に設定しています。

そのうえで、リマーケティングリストを作成するときに、「日数30日」などの期間で配信を行っています。

 

540日のような長期のリストは、除外リストとして利用することがほとんどです。BtoBのような商材で、すでにサービスを使っているようなユーザーに対して、不用意に広告が表示されないように除外しています。

 

元の投稿で解決策を見る

Re: 540日のリマーケティングのタグを貼ることは、どれぐらいありますか?

トップコントリビューター

リマケタグの有効期間を540日にしている場合は少ないと思います。
確率でお伝えすることは難しいですが、商材によるかもしれません。

 

540日に設定しているデメリットは基本的にはないと思います。
但し、一般的には訪問の経過日数が短いユーザーのCVRは高い傾向になるため、
配信ユーザーを経過日数で分けず、一律的に配信している場合、
成果悪化する要因になる可能性はあります。

 

そのため、540日にすることで、経過日数で配信ユーザーを細分化した場合、
管理コスト(=負担)が掛かるとも言えます。

 

期間で分ける場合は、タグを複数発行しないで、
ユーザーリストの条件で指定する場合が多いです。
週間単位、月単位、訪問0~3日以内で分けていることが多いですかね。
例)
・3日以内、7日以内、14日以内、30日以内
・3日以内、30日以内

 

あと、補足ですが、自動入札機能(コンバージョンオプティマイザー)を導入する場合は、
経過日数の成果傾向も入札判断の要素になるため、
経過日数で細分化しないで運用することが推奨されているみたいです。

里村 仁士(Hitoshi Satomura)
※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」のクリックを頂けると、他の方の参考にもなりますのでお願いいたします。

Re: 540日のリマーケティングのタグを貼ることは、どれぐらいありますか?

中級者 ✭ ✭ ✭

間違えて質問を投稿してしまったので、再度改めて、改訂したものを投稿させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

540日のリマーケティングのタグを貼ることは、どれぐらいありますか?

・リマーケティング(リターゲティング)をするときに、540日(最大期間)のリマーケティングのタグを貼る確率はどれぐらいでしょうか?

・540日(最大期間)のような長い期間のリマーケティングタグは、使うか使わないかにかかわらず、とりあえず貼っておいて(クッキーを踏ませておいて)デメリットはないと思いますが、いかがでしょうか?できれば54個ぐらい貼っておきたいです。

・管理コストがかかるなどのデメリットもあるのでしょうか?

・管理コスト以外にも、ブラウザに保存できるクッキーの数などは考慮する必要はあるのでしょうか?

2013年版 最新ブラウザの最大クッキーサイズ、数制限 - ITコンサルタント成長録
http://d.hatena.ne.jp/hosikiti/20130925/1380098776


・また、リマーケティング(リターゲティング)は、期間で分けると何種類張っていますか?(54個も張ることは少ないと思いますが・・・)

よろしくお願いします。

Re: 540日のリマーケティングのタグを貼ることは、どれぐらいありますか?

トップコントリビューター

期間ごとのタグは発行せず、一つのタグを貼って、期間を変えたリストを作って対応しています。

タグを不要にたくさん貼るのは、Webページの読み込み速度が遅くなるというデメリットが生じます、タグマネを使うなど貼り方にもよりますが。

 

540日をやるかやらないか、どれだけわけるかは、よくやるルールなんて決めておくものでもないと思います。

そのビジネスの特性、サイトのユーザーの実際の購買やアクションの状況、そのWebサイトの解析データからしか判断しません。

 

長期間かけてコンバージョンに至るサイトなら540日もありでしょうし、1日単位での訪問数が少なすぎるサイトでやたら細かくしても意味がないですし、どのくらいの日数であればどのくらいの訪問数があってどのくらいのコンバージョン率か、を調べて、期間を決めます。

 

絶対的な法則性はないですね。

 

個人的には、どれだけきちんと設定を考えても、管理上非現実的なほどの設定になったことはないので、管理コストは考えたことがありません。

 

小西 一星

Re: 540日のリマーケティングのタグを貼ることは、どれぐらいありますか?

トップ コントリビューター OB

貴 松さん

こんばんは。

 

里村さん、小西さんの回答とほぼ同じですが、

設置するタグは必要最低限にしておいた方がよいかと思います。

 

540日間のユーザーに対して広告配信するかどうかは 状況によりますが、

個人的には基本ありません。

 

1日でも長く広告を見せ続ける、という戦略もあるかもしれませんが、

ユーザーがサイトを訪れてからコンバージョンするまでの期間を

GAや実数値等から判断して期間を区切る方が

成果が出る 可能性も高いのではと思います。

 

個人的には長くて3ヶ月くらい、のケースが多いかなぁ、 と思いました。

 

ご参考になれば幸いです。

 

久保 陽平
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者貴 松さんが付与
1月 2016

Re: 540日のリマーケティングのタグを貼ることは、どれぐらいありますか?

レジェンド

自分の場合は、サイトに設置するタグ自体は、基本的に540日に設定しています。

そのうえで、リマーケティングリストを作成するときに、「日数30日」などの期間で配信を行っています。

 

540日のような長期のリストは、除外リストとして利用することがほとんどです。BtoBのような商材で、すでにサービスを使っているようなユーザーに対して、不用意に広告が表示されないように除外しています。

 

Re: 540日のリマーケティングのタグを貼ることは、どれぐらいありますか?

歴代 トップ コントリビューター

540日に期間に設定したリストを作成することは問題無いです。

リマーケティング用にというだけでなく、除外用にも使えます。

 

また、今は昔のようにタグを何個も発行する事はしなくても様々な期間のリストを作成することが出来るので、1つのタグを貼り付ければ基本はOKです。

 

例)

リマーケティング用のタグを1つ設置

 

リスト1:期間540日

リスト2:期間365日

リスト3:期間180日

リスト4:期間90日

リスト5:期間30日

 

のようにタグを1つ設置するだけで複数のリスト作成が可能です。

 

もしかしたらその辺が混乱されているのかと思いましたので、念のため。

鳴海 拓也

Re: 540日のリマーケティングのタグを貼ることは、どれぐらいありますか?

中級者 ✭ ✭ ✭

皆様、丁寧にご回答をしていただき、ありがとうございます。

「解決」のマークが複数のレスに対して、つけられないので、一つに絞らざるを得ませんが、もちろんすべてのレスを読ませて頂き、すべてのレスが役に立っています。

これでとりあえず、終了とさせていただきます。

ありがとうごじました。