160 人が現在オンライン
160 人が現在オンライン
Google AdWords のコンバージョントラッキング、管理画面上のレポートや数値の不一致などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

GDN、YTMを使ってセッション時間(滞在時間)別でリマケする方法について

中級者 ✭ ✭ ✭

AdWardsではセッション時間でユーザーをセグメントしてリマケすることができていますが、同様のことをYDNの方でも行おうとしたのですが、Yahoo!ではセッション時間(サイト内滞在時間)でユーザーをセグメントする方法がわかりません。

 

ページ内の滞在時間でしたらGTMで10s、30s、60sなど時間ごとにタイマーを使ってそれぞれに対応するラベルを発行することでページ内の滞在時間をある程度セグメントして、YDNでラベルごとにリマケをすることはできています。

 

ページ内ではなくサイト内に滞在した時間を算出(対応したラベルを発行)したいとなると、YTMでどのようなサービスタグを設定すればよろしいのでしょうか?

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: GDN、YTMを使ってセッション時間(滞在時間)別でリマケする方法について

トップコントリビューター

タグのカスタマイズが必要になるので、概要のみをお伝えします。

 

ポイントは、

ページ内の滞在時間でしたらGTMで10s、30s、60sなど時間ごとにタイマーを使ってそれぞれに対応するラベルを発行することでページ内の滞在時間をある程度セグメントして、YDNでラベルごとにリマケをすることはできています。

と同等の方法になります。このやり方の場合は、ページ内の滞在時間になってしまいますので、タグのカスタマイズを行い、Cookie(またはlocalStorageやsessionStorage)にサイト滞在時間を格納するようにします。そして、ページの遷移時にCookieなどに格納されたサイト滞在時間を加算していきます。最終的に、Cookieに記録されたサイト滞在時間が閾値を超えたタイミングで、ラベルにその内容を記録したリマーケティングタグを実行することで、YTMにおいてもセッション時間を用いたリマーケティングリストの作成が可能になります。

Re: GDN、YTMを使ってセッション時間(滞在時間)別でリマケする方法について

中級者 ✭ ✭ ✭
ご回答いただきありがとうございます。

GTMでセッション時間を計測する方法がわからず、YDNのことならYTMを調べれば解決策があるのではと思いYTMを導入したという経緯がありますので、GTMで
cookieを利用する方法で解決できるのであればGTMだけで管理していこうと思います。

しかし、概要は理解できたのですが、cookieに情報を保管して参照してという技術的なことがわかりません。。。
具体的にGTMでどんなタグとトリガーをご用意したらいいのかご教授いただくことはできますでしょうか?