242 人が現在オンライン
242 人が現在オンライン
Google AdWords のコンバージョントラッキング、管理画面上のレポートや数値の不一致などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信
Highlighted

Google検索、GDNとGoogleアナリティクスの乖離について

[ 編集済み ]
中級者 ✭

最近「Google検索・GDN」クリック数と「Googleアナリティクス」セッション数の乖離が著しいです。

※約10倍の差があり、Googleアナリティクスが1/10となり著しく少ないです。

 

「YSS・YDN」クリック数と「Googleアナリティクス」セッション数の乖離はほぼありません。

もちろんすべてパラメータ付与して入稿しております。

 

クリック数とセッション数の大幅な乖離の要因(可能性)をご教示いただけませんでしょうか?

よろしくお願い致します。

3 人のエキスパートが返信verified_user

Re: Google検索、GDNとGoogleアナリティクスの乖離について

注目ユーザー
Google広告の成果は、広告をクリックしたタイミングがベース(クリックベースとします)になります。
例えば、7/6日に広告を踏んだのであれば、7月6日に成果がつくことになります。


GoogleAnalyticsは、成果の完了時がベース(完了ベースとします)になります。
例えば、7月6日にお申し込み完了ページにきたとしたら7月6日が成果がつきます。

なので、例えば今の時点で6月全体のデータをみたとしたら、クリックベースと完了ベースでは
全然異なる場合もあるかもしれません。

今一度、条件等を確認ください。

どうぞ宜しくお願いします。
佐藤

◆佐藤と申します。Twitter:天天。リスティング広告の運用者です。もしお役に立てましたら、いいね♥のボタンや解決済みのボタンを押していただけますと皆様の参考にもなります。よろしくお願いします。

Re: Google検索、GDNとGoogleアナリティクスの乖離について

中級者 ✭
ご回答ありがとうございます。
すみません、乖離が大きいのは、目標数ではなく、アドワーズのクリック数とGAのセッション数の差です。
※質問内容に不足があり、修正させていただきました。失礼しました。

再度、ご教示いただけると幸いです。
よろしくお願い致します。

Re: Google検索、GDNとGoogleアナリティクスの乖離について

プロフェッショナル ✭ ✭ ✭
hideさん

こんにちは。
下記の公式ヘルプページも参考になるかと存じます。

■AdWords のクリック数とアナリティクスのセッション数がレポートで一致していない理由
https://support.google.com/analytics/answer/4588315?hl=ja

■クリック数とセッション数の不一致のトラブルシューティング
https://support.google.com/analytics/troubleshooter/7400792

AdWordsの自動タグはオンにされていて、セッション数が著しく少ないというレポートは、「集客」>「AdWords」のレポート、という状況なのでしょうか?

Re: Google検索、GDNとGoogleアナリティクスの乖離について

トップコントリビューター
10倍近くの差分が発生するのは開きがありますね。

特定ケースかもしれませんが、複数のAdwordsアカウントを運用していていた場合、
1部のAdwordsアカウントがリンクされていないというような事もあるかもしれません。

GAの管理画面から「集客」 → 「AdWords」 → 「キャンペーン」を開くと、
AdWordsのキャンペーン一覧が表示されますので、
その結果に数値乖離のヒントが見出されるかもしれません。

ご参考まで。
里村 仁士(Hitoshi Satomura)
※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」のクリックを頂けると、他の方の参考にもなりますのでお願いいたします。

Re: Google検索、GDNとGoogleアナリティクスの乖離について

初級者 ✭
もしGDNを実施されているのなら、考えられる可能性として

GDNで「レスポンシブ広告」を設定している。

「レスポンシブ広告」が『Gmail広告』として多く配信されている。

があるかもしれません。

Gmail広告の課金クリック数は、サイトへの誘導数ではないため、
広告のクリック数とGAのアクセス数に、
乖離が出る可能性があります。

一度、GDNキャンペーンの「広告が表示された場所」にて、
mail.google.com の配信量、クリック数が多く発生していないか、
ご確認いただければと存じます。

ご参考まで。

Re: Google検索、GDNとGoogleアナリティクスの乖離について

トップコントリビューター
タグ、計測パラメーターに問題がなければ、Gmail広告の可能性高そうな気がしますね。
集客>AdWords>キャンペーン> エクスプローラ:クリック
と辿れば、キャンペーン単位で ユーザー or セッション 対 クリック数が確認できて原因探れるかも知れません。

と、
書いてて思いましたが既出の内容でした…。
小西 一星

Re: Google検索、GDNとGoogleアナリティクスの乖離について

中級者 ✭
皆様ご回答いただきありがとうございます。

このアカウントはGAとアドワーズはリンクしておりません、、
配信先もGmailが際立って多くはありませんでした。

原因としてGAとアドワーズはリンクしていないにもかかわらず
自動タグがONになっており、手動タグ(パラメータ)も設定してあります。

これが原因でしょうか?自動タグをOFFにすれば解決しますでしょうか?

よろしくお願い致します。

Re: Google検索、GDNとGoogleアナリティクスの乖離について

中級者 ✭ ✭ ✭
まったく同じようなことをクライアントから言われまして、hideさんと同じ仮説にたどり着きました。
検証してみた結果、

【前提】
・GA(GA360)とAdwordsでリンクをしていない場合
・Adwordsアカウントの自動タグ設定ON ※LP URLに自動的にgclidパラメタが付与される
・上記かつ、手動でutmパラメタをLP URLに付与している

【検証結果】
・GA側のプロパティで手動タグ設定のオーバーライドオプション(※)をONにしている場合
 ⇒utmパラメタの値でカウント
・GA側のプロパティで手動タグ設定のオーバーライドオプション(※)をOFFにしている場合
 ⇒utmパラメタの値が無視されて、cpc/google (not set)でカウントされてしまう

※プロパティ設定>詳細設定>
 AdWords と DoubleClick Search の統合で、手動タグ設定(UTM 値)による自動タグ設定(GCLID 値)のオーバーライドを許可する

という、状況でした。

僅かにutmパラメタの値で数字が出ているのは、gclidがどこかで取れた(壊れた)形で再アクセス(リロード等)があったのではないかと。

なので、キャンペーンで計測が漏れている数字が、cpc/google (not set)に乗っている気配がないか確認いただき、もし、他の施策に問題がないようでしたら、GA側のオーバーライド設定をONにした方が良いかと思います。Adwords側の自動タグ設定はきちんと使えればとっても便利なものですので。

Re: Google検索、GDNとGoogleアナリティクスの乖離について

中級者 ✭
Taishi Aさま

ご回答いただきありがとうございます。
検証結果のご共有ありがとうございます。やはり自動タグ設定が原因のようですね!
スッキリしました。ありがとうございます。

今後とも何卒よろしくお願い致します。