228 人が現在オンライン
228 人が現在オンライン
Google AdWords のアカウント構成、プロダクトの仕様や広告配信されない問題などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

エリア別の配信について

中級者 ✭ ✭ ✭

初めて質問させていただきます。

 

広告の配信設定についてなのです。

エリア別に広告のキーワードや広告文を変えようと考えているのですが、

 

エリアごとに広告グループを分けた方が良いのでしょうか?

 

広告カスタマイザで動的に設定した方が良いでしょうか?

 

あるいは両方を設定した方が良いでしょうか?

 

ご回答頂けますと幸いです。

1 人のエキスパートが返信verified_user

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者大槻晃弘さんが付与
11月 2016

Re: エリア別の配信について

レジェンド
広告カスタマイザでできる範囲の変更であれば、広告カスタマイザで行うのがよいかと思います。

ただし、現状の広告カスタマイザは仕様的に使いにくい点もあり、広告カスタマイザでは十分なコントロールができないこともあります。類似のことを以前に広告カスタマイザでやっており、そのときに感じた注意点を下記に挙げますので、参考にしてください。

・エリアの指定が、キャンペーンで設定するときと異なる(都道府県・市区町村での指定しかできず、広告カスタマイザだと半径での指定ができない)。
・ランディングページをエリアごとに変更することができない。
・広告カスタマイザを使った広告が属する広告グループの中には、非広告カスタマイザの広告を少なくとも1ついれなければいけない。
・ビジネスデータの「ターゲットキーワード」を多用すると、キーワード管理が2重になってしまう(広告グループのキーワードとビジネスデータのターゲットキーワード)。ターゲットキーワードを使う場合は、広告グループのキーワードにも同じものを入れないといけない。


これらが問題ないようであれば、広告カスタマイザで行うのがお奨めです。

元の投稿で解決策を見る


すべての返信
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者大槻晃弘さんが付与
11月 2016

Re: エリア別の配信について

レジェンド
広告カスタマイザでできる範囲の変更であれば、広告カスタマイザで行うのがよいかと思います。

ただし、現状の広告カスタマイザは仕様的に使いにくい点もあり、広告カスタマイザでは十分なコントロールができないこともあります。類似のことを以前に広告カスタマイザでやっており、そのときに感じた注意点を下記に挙げますので、参考にしてください。

・エリアの指定が、キャンペーンで設定するときと異なる(都道府県・市区町村での指定しかできず、広告カスタマイザだと半径での指定ができない)。
・ランディングページをエリアごとに変更することができない。
・広告カスタマイザを使った広告が属する広告グループの中には、非広告カスタマイザの広告を少なくとも1ついれなければいけない。
・ビジネスデータの「ターゲットキーワード」を多用すると、キーワード管理が2重になってしまう(広告グループのキーワードとビジネスデータのターゲットキーワード)。ターゲットキーワードを使う場合は、広告グループのキーワードにも同じものを入れないといけない。


これらが問題ないようであれば、広告カスタマイザで行うのがお奨めです。

Re: エリア別の配信について

中級者 ✭ ✭ ✭
山田様

大変参考になりました。

丁寧なご回答、ありがとうございました。

Re: エリア別の配信について

セミ プロフェッショナル ✭
大槻晃弘さん

こんにちは。

個人的な見解をお伝えできればと思います。

エリアごとにユーザーに見せたい広告が明らかに異なる場合、
広告グループを分けて配信することをおすすめします。

ポイントとしましては、山田さんが挙げてらっしゃる、下記の仕様がございます。

・広告カスタマイザを使った広告が属する広告グループの中には、非広告カスタマイザの広告を少なくとも1ついれなければいけない。

広告カスタマイザを利用するためには、
通常のテキスト広告を同時に配信する必要があります。
したがって、どのエリアのユーザーに対しても訴求内容に問題がない広告を1つ入れておく必要があります。

さらに、広告カスタマイザを導入している広告と通常のテキスト広告の表示回数の内訳としまして、
過去の運用経験感としましては、1:5 ~ 1:9ぐらいかなと思っておりまして、
5割近くは通常のテキスト広告が配信されてしまう可能性がございます。

以上を踏まえますと、
エリアごとに広告グループを分けてそれぞれ通常のテキスト広告を入稿してみるのがよいかと思います。

ただ、なるべく広告グループを少なくしたいといった、
その他の検討材料があるのでしたら、
導入を検討されてみるのもよいと思います。

参考になりましたら幸いです。

Re: エリア別の配信について

トップコントリビューター
広告カスタマイザを使うと、一つの広告文にあらゆる情報が溜まってGoogleが機械学習しやすくなるという側面はありますね。

広告グループをわけたほうがコントロールはしやすいのでしょうけど、コントロールを優先するか、機械学習を優先するか、っていう考え方もあるかなと思います。
広告カスタマイザを利用して、地名を記さない広告を入稿してそれも配信されてしまうとして、それがすなわち成果上悪いかどうか、そういう問題でもないということでもあります。
地名を含んだ検索語句に対しても地名が記されない広告が出て成果が良ければ配信されていきますし、やっぱり悪いのであれば配信量は減ります。
もちろん、必ずしも上手く学習されると言い切れるかというと、保証もできません。

きちんと学習されるように広告文を、しかるべき内容で異なる訴求点を用いて複数作る、分析して新たに追加して検証する、なども必要ですね。
広告文を頑張らないなら、学習させたところであまり大きな変化も得られないですし。

個人的には、学習させたい派です。
小西 一星

Re: エリア別の配信について

レジェンド

 見過ごしていましたが、分けるとしたらAdWordsの場合は「キャンペーン」から分ける必要があります(当然、広告グループも分かれますが)。YDNの場合は同一キャンペーンで広告グループで地域設定可能です。

 

また、過去にやったときのデータを見つけれたので、参考程度にしてもらえればと思います。どちらも非ブランドワードで掲載順位もそんなに変わらなかったにも関わらず、6%台と12%台まで差が開いて当時は驚きました。 

 

ラベル名 クリック数 表示回数 クリック率 平均クリック単価 費用
イベントスケジュール(動的) 2,103 17,057 12.33% ¥27 ¥56,006
通常テキスト広告(静的) 1,678 26,504 6.33% ¥41 ¥69,190

Re: エリア別の配信について

中級者 ✭ ✭ ✭
すみかわ様

大変参考になりました。
ありがとうございます!

Re: エリア別の配信について

中級者 ✭ ✭ ✭
小西様
うまく学習させることができるかということがポイントになるのですね。
ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

Re: エリア別の配信について

中級者 ✭ ✭ ✭
山田様
追加のご返答ありがとうございます。
キャンペーンからというのは、キャンペーン単位でしか地域設定を分けられないということですね。
ありがとうございます。
このトピックのエキスパート
小西 一星