210 人が現在オンライン
210 人が現在オンライン
Google AdWords のアカウント構成、プロダクトの仕様や広告配信されない問題などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

「カスタムアフィニティカテゴリ」と「ディスプレイネットワークのキーワード」の違いについて

初級者 ✭ ✭

ディスプレイ広告のターゲティング方法の中に「カスタムアフィニティカテゴリ」と「ディスプレイネットワークのキーワード(オーディエンスターゲティング)」というのがあります。

共に人の趣味・嗜好に合わせたターゲティング方法かと思いますが、アルゴリズム的に両者はどのような違いがあるのでしょうか。
例えば同じキーワードを設定した際、配信先にどのような違いがでるのでしょうか。
ご存知の方いらっしゃいましたら、ご回答お願い致します。

2 人のエキスパートが返信verified_user

Re: 「カスタムアフィニティカテゴリ」と「ディスプレイネットワークのキーワード」の違いについて

トップコントリビューター
こんにちは。

個人的なターゲティングの認識を下記に記させて頂きますね。

①キーワードで指定する場合、広告を掲載するサイトやページが対象になります。これはサイトやページの内容を指定する方法だと認識しています。
②アフィニティカテゴリーの場合、対象は人で、そのようなページを閲覧する傾向のある人に広告を表示します。僕の解釈では、これは大賞が人なので、テーマに則していないページであっても表示される可能性が有ると認識しています。
③購買意向の強いユーザー層というターゲットの選定も可能ですが、この場合そのようなページを何度も閲覧しているユーザーに限定する傾向だと認識しています。
④オーディエンスターゲットは、対象が人ですね。アフィニティカテゴリ、購買意向の強いユーザー、類似ユーザーがこれに含まれます。

「カスタム」という接頭語が付く場合は、これらの派生応用ですのでご理解頂けるかと思います。カスタムアフィニティ カテゴリでは、サイトにアクセスする可能性が高いユーザーや、アフィニティ カテゴリや購買意向の強いユーザー層とは別のカテゴリに属するユーザーに広告表示を考える事がかのうになります。

詳細についてはヘルプの下記URLをご一読いただくと良いのではないでしょうか。
https://support.google.com/adwords/answer/1704368?hl=ja
https://support.google.com/adwords/answer/2497941?hl=ja

ご参考になりましたら。
石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h

Re: 「カスタムアフィニティカテゴリ」と「ディスプレイネットワークのキーワード」の違いについて

[ 編集済み ]
トップコントリビューター

だいすけさん、はじめまして。

「カスタムアフィニティカテゴリ」と「ディスプレイネットワークのキーワード(オーディエンスターゲティング)」の違いですが、

◆カスタムアフィニティカテゴリ:
・指定したキーワードやURLから具体的なテーマやユーザー属性が生成される
・作成したカスタムアフィニティカテゴリ単位でプレースメントが決定

◆ディスプレイネットワークのキーワード(オーディエンスターゲティング)
・指定したキーワードに興味関心のあるユーザーや、関連したコンテンツ・動画に広告が表示
・キーワード単位でプレースメントが決定

カスタムアフィニティでは指定したキーワードとURLを元に属性を生成しているので、配信先としては複数のトピックに渡ると思います。
「サッカー」というキーワードを指定すると、「サッカー」「団体競技」「スポーツニュース」が興味の上位として来るユーザーにアプローチ。

ディスプレイネットワークのキーワード(オーディエンスターゲティング)は、キーワードに興味があるユーザーと、キーワードに関連したページやコンテンツに配信され、かつ、配信先はキーワード単位で決まります。

ですので、ざっくりと●●に興味があるであればカスタムアフィニティ、明確なターゲット(やテーマ)が決まっているならディスプレイネットワークのキーワードのように使い分けるというイメージでしょうか。

※ヘルプをいま一度読み直して回答してますが間違っていたらすみません…。

田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります

Re: 「カスタムアフィニティカテゴリ」と「ディスプレイネットワークのキーワード」の違いについて

初級者 ✭ ✭
石川さん、ご回答ありがとうございます。

>①キーワードで指定する場合、広告を掲載するサイトやページが対象になります。これはサイトやページの内容を指定する方法だと認識しています。
キーワードを指定する場合、「オーディエンスターゲティング」と「コンテンツターゲティングのみ」を選択できると思うのですが、こちらは「コンテンツターゲティングのみ」を選択した場合の
ご説明でしょうか。キーワードを指定⇒「オーディエンスターゲティング」を選択した場合は、カスタムアフィニティカテゴリで同じキーワードを指定した場合と同様のユーザに対してターゲティング
されるのでしょうか。

Re: 「カスタムアフィニティカテゴリ」と「ディスプレイネットワークのキーワード」の違いについて

初級者 ✭ ✭
Hiroki Tanaka さん

ご回答ありがとうございます。
>ざっくりと●●に興味があるであればカスタムアフィニティ、明確なターゲット(やテーマ)が決まっているならディスプレイネットワークのキーワードのように使い分けるというイメージでしょうか。
なるほど、ディスプレイネットワークのキーワードの方が、細かく指定できるイメージなのですね。
参考になりました。ありがとうございます。

Re: 「カスタムアフィニティカテゴリ」と「ディスプレイネットワークのキーワード」の違いについて

トップコントリビューター
だいすけさん

ご確認ありがとうございました。

はい、カスタムアフィニティはざっくりとした集団、ディスプレイネットワークのキーワード(オーディエンスを選択した場合)はそれよりも小さな集団というイメージで良いのではないかと思います。

どうぞ宜しくお願いします。

田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります

Re: 「カスタムアフィニティカテゴリ」と「ディスプレイネットワークのキーワード」の違いについて

トップコントリビューター

ご確認、有難うございます。

 

>①キーワードで指定する場合、広告を掲載するサイトやページが対象になります。これはサイトやページの内容を指定する方法だと認識しています。
キーワードを指定する場合、「オーディエンスターゲティング」と「コンテンツターゲティングのみ」を選択できると思うのですが、こちらは「コンテンツターゲティングのみ」を選択した場合のご説明でしょうか。

はい。そのような意図です。

一方、オーディエンスでキーワードを指定すると、ユーザーの興味関心を過去のサイト閲覧の履歴から判断してユーザーをターゲティングすると認識しています。

 

キーワードを指定⇒「オーディエンスターゲティング」を選択した場合は、カスタムアフィニティカテゴリで同じキーワードを指定した場合と同様のユーザに対してターゲティングされるのでしょうか。

 

キーワードを指定(オーディエンスターゲティング)は、指定したキーワードに関心を持つ可能性が高いユーザーに対して、および指定したキーワードに関連するウェブページやアプリ、動画で広告を表示します。

-----

[オーディエンス ターゲティング] を選ぶと、キーワードに関連するコンテンツに広告を表示するだけでなく、キーワードに関連するコンテンツを閲覧していたユーザーに(他のテーマのコンテンツを閲覧している場合でも)広告を表示します。

[コンテンツ ターゲティングのみ] を選ぶと、キーワードに関連するコンテンツ(ウェブページ、アプリ、動画)にのみ広告を表示します。この方法では、リーチが大幅に絞り込まれます。

 

-----

 

さて、ご質問の内容についてですが・・・

カスタムアフィニティカテゴリは「類似」を含むと思います。つまりカスタムで絞らなければ範囲を広げてしまうのかなと。そういう意味では単独のキーワードだけを指定して比較した場合、カスタムアフィニティカテゴリで指定した方が広くターゲティングしてしまうような気がします。

 

 

石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h