163 人が現在オンライン
163 人が現在オンライン
Google AdWords のアカウント構成、プロダクトの仕様や広告配信されない問題などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

キャンペーンの下書きとテストについて

初級者 ✭ ✭ ✭

既存のキャンペーンのクリック単価改善のため、はじめて下書きとテストを

試みました。

テストキャンペーンに予算の40%振り分け、各グループのCVRの優秀なキーワードのみ、上限クリック単価を30%ほどあげて20時間ほど経過したところで、CVRの低いキーワードを全てストップし、しばらく

すると「first page bid を下回る」がほぼ全キーワードを対象に発生しました。掲載のための見積もりは数倍の価格でした。

テストキャンペーンのそれぞれの品質スコアをみてみると元のキャンペーンよりかなり品質スコアが悪く、また、ほとんどのキーワードに品質スコアがついてない状態でした。

下書きからのテストを行うにあたり、元のキャンペーンの品質スコアが土台にある状態で上限クリック単価を編集したものと比較していけるのではなく、テストキャンペーンのほうは元のキャンペーンの品質スコアは引き継がないということでしょうか?

もしくは、何か他の原因があるのでしょうか。

何卒よろしくお願いします。

 

1 人のエキスパートが返信verified_user

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
Takuya Narumi (トップコントリビューター)さんが付与
6月

Re: キャンペーンの下書きとテストについて

注目ユーザー

敬具さん

 

テストキャンペーンが開始されてから20時間経過時に停止したということですね。

それを踏まえて回答いたします。

下書きからのテストを行うにあたり、元のキャンペーンの品質スコアが土台にある状態で上限クリック単価を編集したものと比較していけるのではなく、テストキャンペーンのほうは元のキャンペーンの品質スコアは引き継がないということでしょうか?

 はい。引き継ぎません。

レポート上ではテストキャンペーンは現在のキャンペーンとは別の扱いになっていますので、基本的にはテストキャンペーンは新規キャンペーンとして複製されている状態に手を加えたものという事になります。

ですのでテストが開始されて、インプレッションが蓄積されていくことで初めて広告の品質の算定が始まります。 

テストキャンペーンのそれぞれの品質スコアをみてみると元のキャンペーンよりかなり品質スコアが悪く、また、ほとんどのキーワードに品質スコアがついてない状態でした。

開始して20時間の間にどのくらいのインプレッションが集まったかによりますが、インプレッションが十分ではければ、品質スコアが元のキャンペーンと同じ水準にならないケースも考えられます。また、同じ理由によって、インプレッションが不十分な場合は品質計算が十分に行えないので、品質スコアとしては算出されるだけのデータがないために品質スコアが「--」となっているはずです。

「first page bid を下回る」がほぼ全キーワードを対象に発生しました。掲載のための見積もりは数倍の価格でした。

こちらも品質計算に足るデータが不十分の場合で、品質が少なく見積もられてしまうとこのようなステータスになると思います。

もしくは、何か他の原因があるのでしょうか。

今回のケースですと、テスト開始から20時間しか経っておらず、データが蓄積されないうちにテストを停止したことが原因だと思います。

十分な検索ボリュームがあるキャンペーンでは20時間で有意差が出ることもあるかと思うのですが、今回の状況をお聞きする限りでは圧倒的にテストの期間が短いのではないかと思いますので、テストの計画を見直される(期間を長く取るなど)のが良いのではないかと思います。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

参考:品質スコアについて - AdWords ヘルプ : https://support.google.com/adwords/answer/7050591

田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります

元の投稿で解決策を見る


すべての返信
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
Takuya Narumi (トップコントリビューター)さんが付与
6月

Re: キャンペーンの下書きとテストについて

注目ユーザー

敬具さん

 

テストキャンペーンが開始されてから20時間経過時に停止したということですね。

それを踏まえて回答いたします。

下書きからのテストを行うにあたり、元のキャンペーンの品質スコアが土台にある状態で上限クリック単価を編集したものと比較していけるのではなく、テストキャンペーンのほうは元のキャンペーンの品質スコアは引き継がないということでしょうか?

 はい。引き継ぎません。

レポート上ではテストキャンペーンは現在のキャンペーンとは別の扱いになっていますので、基本的にはテストキャンペーンは新規キャンペーンとして複製されている状態に手を加えたものという事になります。

ですのでテストが開始されて、インプレッションが蓄積されていくことで初めて広告の品質の算定が始まります。 

テストキャンペーンのそれぞれの品質スコアをみてみると元のキャンペーンよりかなり品質スコアが悪く、また、ほとんどのキーワードに品質スコアがついてない状態でした。

開始して20時間の間にどのくらいのインプレッションが集まったかによりますが、インプレッションが十分ではければ、品質スコアが元のキャンペーンと同じ水準にならないケースも考えられます。また、同じ理由によって、インプレッションが不十分な場合は品質計算が十分に行えないので、品質スコアとしては算出されるだけのデータがないために品質スコアが「--」となっているはずです。

「first page bid を下回る」がほぼ全キーワードを対象に発生しました。掲載のための見積もりは数倍の価格でした。

こちらも品質計算に足るデータが不十分の場合で、品質が少なく見積もられてしまうとこのようなステータスになると思います。

もしくは、何か他の原因があるのでしょうか。

今回のケースですと、テスト開始から20時間しか経っておらず、データが蓄積されないうちにテストを停止したことが原因だと思います。

十分な検索ボリュームがあるキャンペーンでは20時間で有意差が出ることもあるかと思うのですが、今回の状況をお聞きする限りでは圧倒的にテストの期間が短いのではないかと思いますので、テストの計画を見直される(期間を長く取るなど)のが良いのではないかと思います。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

参考:品質スコアについて - AdWords ヘルプ : https://support.google.com/adwords/answer/7050591

田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります

Re: キャンペーンの下書きとテストについて

初級者 ✭ ✭ ✭

ありがとうございます。疑問に思っていたことが全て解決いたしました。

長期的なテストを企画しなおします。

このトピックのエキスパート
Hiroki Tanaka