452 人が現在オンライン
452 人が現在オンライン
Google AdWords のアカウント構成、プロダクトの仕様や広告配信されない問題などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

スマートディスプレイキャンペーンのターゲット

初級者 ✭

スマートディスプレイキャンペーンの利用を検討しておりますがターゲティング方法について質問させていただきます。

 

スマートディスプレイキャンペーンでは、DSAのようにランディングページは自動化されず、指定した1ページのみの固定になると思いますが、ここで疑問に感じているのが

1.指定のページを基にターゲティングが自動化される

2.サイト全体を基にターゲティングが自動化される

のどちらなのでしょうか。

 

情報も探してみたのですがそれらしいものが見つからなかったため、

お分かりの方がいらっしゃいましたら

お教えいただけますと幸いです。

 

よろしくお願いいたします。

1 人のエキスパートが返信verified_user
1 件の受理された解決策

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者EBI Aさんが付与
10月

Re: スマートディスプレイキャンペーンのターゲット

トップコントリビューター
くわしーくは明かされてない部分も多いと思いますが、といいますか結局何しているかわからない部分が多いですが、だいたいこんな感じらしいです

・リンク先ページとサイトのコンテンツ
・今までのターゲティング設定とその結果
・今までの広告とその結果
・ユーザーリスト(リマーケティングリスト)
・ユーザーの興味関心ごと


ご質問の1か2どちらかか、というと、どっちも、で、それを踏まえてターゲティングも自動化して考えるし、今までの結果も見て考えるし、なんならリマーケティングも含め、そうじゃないターゲティングも含め、ぜーんぶフルオートマチックでやるよ!というものみたいですね。

リマーケティングも自動化されるので、共有ライブラリのユーザーリストの画面に、どういうリストを置いているか、も影響するみたいです。
明らかに余計なリストは止めておいたほうがいいでしょうね。
あと、いろいろ試して学習して最適化していくはずなので、検証していくべきリストを多分なるべく多めに作ってセットしておいたほうがいいでしょうね、その分量の適切さがどのくらいかわかりませんが。
リストの期間は気にしなくていいと聞いてます、例えば、1日と30日のリストがあったら、30日があれば1日をカバーするし、30日のリストの中で、何日の人が成果良いか見ていく、と。

突き詰めると、ディスプレイはこれ1つになるらしいです。
なのでスマートディスプレイキャンペーン以外のディスプレイは止める、ということですね。
突き詰めると。

何にしろフルオートマチックなので、結局何が起きているか、管理画面で確認できるデータ以外はもうよくわかりませんが、とりあえず運用者が頭悩ませてやるべきことは、広告のパーツをいろいろ作って、試して、入れ替えていく、ということだけでしょうね。
広告のパーツごとの、成果が良い、悪い、は確認できるので、悪い、となったのを入れ替えていく、という感じかなと。
小西 一星

元の投稿で解決策を見る

ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者EBI Aさんが付与
10月

Re: スマートディスプレイキャンペーンのターゲット

トップコントリビューター
くわしーくは明かされてない部分も多いと思いますが、といいますか結局何しているかわからない部分が多いですが、だいたいこんな感じらしいです

・リンク先ページとサイトのコンテンツ
・今までのターゲティング設定とその結果
・今までの広告とその結果
・ユーザーリスト(リマーケティングリスト)
・ユーザーの興味関心ごと


ご質問の1か2どちらかか、というと、どっちも、で、それを踏まえてターゲティングも自動化して考えるし、今までの結果も見て考えるし、なんならリマーケティングも含め、そうじゃないターゲティングも含め、ぜーんぶフルオートマチックでやるよ!というものみたいですね。

リマーケティングも自動化されるので、共有ライブラリのユーザーリストの画面に、どういうリストを置いているか、も影響するみたいです。
明らかに余計なリストは止めておいたほうがいいでしょうね。
あと、いろいろ試して学習して最適化していくはずなので、検証していくべきリストを多分なるべく多めに作ってセットしておいたほうがいいでしょうね、その分量の適切さがどのくらいかわかりませんが。
リストの期間は気にしなくていいと聞いてます、例えば、1日と30日のリストがあったら、30日があれば1日をカバーするし、30日のリストの中で、何日の人が成果良いか見ていく、と。

突き詰めると、ディスプレイはこれ1つになるらしいです。
なのでスマートディスプレイキャンペーン以外のディスプレイは止める、ということですね。
突き詰めると。

何にしろフルオートマチックなので、結局何が起きているか、管理画面で確認できるデータ以外はもうよくわかりませんが、とりあえず運用者が頭悩ませてやるべきことは、広告のパーツをいろいろ作って、試して、入れ替えていく、ということだけでしょうね。
広告のパーツごとの、成果が良い、悪い、は確認できるので、悪い、となったのを入れ替えていく、という感じかなと。
小西 一星

Re: スマートディスプレイキャンペーンのターゲット

セミ プロフェッショナル ✭
検索広告におけるターゲティングはキーワードで、仰ってるようにこれを自動化したのがDSAです。
DSAは対象となるウェブサイトを指定することでターゲットを定めています。

一方、ディスプレイ広告の方はというと、小西さんの挙げている要素です。
大別すると、以下に集約されるかと思います。

①サイトのコンテンツ
②サイト訪問者の情報(行動履歴・興味関心・過去に閲覧したサイトなど)
③クリエイティブアセットの内容(広告素材・ランディングページ)


ご質問の内容にお答えすると、「2.サイト全体を基にターゲティングが自動化される」が感覚的には近いですね。

直接的にコントロールできる部分は③のクリエイティブが主になります。(③を変えることで②にも良い影響が出ることが期待できますよね。)


サイト内の製品やサービスによってターゲットが異なる場合は、以下の通りの対応です。

「製品やサービスによってターゲット ユーザーが異なる場合は、スマート キャンペーン内に複数の広告グループを作成します。」

参考:スマート ディスプレイ キャンペーンの作成と管理 - リニューアル版 - AdWords ヘルプ https://support.google.com/adwords/answer/7020291

ご参考まで。

Re: スマートディスプレイキャンペーンのターゲット

初級者 ✭
小西様

ありがとうございます。
どちらも含まれたターゲティングなのですね。
また、ユーザーリストの影響はまったく把握しておりませんでしたので
リストの精査を一度行おうと思います。
色々なリストを入れたままになっているので不要なものも多そうです。。

広告のパーツごとの成果が把握できると思ってなかったので、そういった点でも改善の仕方が難しそうだなと思っておりました。
思っていたより便利そうでした。検証しながら色々試してみようと思います。

ありがとうございました!

Re: スマートディスプレイキャンペーンのターゲット

初級者 ✭
ryottaman様

ありがとうございます。
要素の大別していただき、さらにわかりやすく感じました。

サイト全体を基にターゲティングされる方が近いのですね。
であれば、ターゲットユーザーがあまり変わらないページを複数グループに分けて作成しても効果は無さそうですね。

大変参考になりました。ありがとうございます!