340 人が現在オンライン
340 人が現在オンライン
Google AdWords のアカウント構成、プロダクトの仕様や広告配信されない問題などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信
Highlighted

スマートリストを利用した広告配信に関して

mr
初級者 ✭ ✭

運用しているECサイトにてAdWordsの広告運用を行っておりました。

一度広告運用会社に外注しリスティング広告とディスプレイ広告を運用してもらっていたのですが、

ディスプレイ広告の数値が取れなかったため

新規でAdWordsのアカウントを作成し、自社でディスプレイ広告のみ再運用しております。

(以前より利用していたAdWordsアカウントは外注先がリスティング広告の運用で利用しているため新規で作成する必要がありました。)

 

そこで以前数値の良かったスマートリストをターゲットに設定しディスプレイ広告の運用を行っているのですが、

CV数が以前に比べてかなり少なく、ディスプレイネットワーク>インタレストカテゴリとリマーケティングリストから確認しても

スマートリスト経由でのCVは0件となっております。

 

確認したい項目は下記2点となります。

・スマートリスト自体、作成後一定の期間が必要となるのでしょうか。(GA自体は以前より利用しており、データ量的には問題ないかと思われます)

・広告設定時にターゲットはスマートリストのみにしておりますが、他ルートでCVが発生する現象は起こり得るのでしょうか。

 

よろしくお願い致します。

 

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: スマートリストを利用した広告配信に関して

上級者 ✭ ✭

mrさま

WEB広告代理店に勤務しております佐藤と申します。

GoogleAnalyticsと連携したスマートリストの配信を行っているのかと存じます。
そういった認識でお間違いないでしょうか?

まず、以下の前提でお話を進めさせていただきます。
・設定は正しい
・CV数が減るには、クリックが減るかCVRが減るかですが、CVRが減っているという前提
※クリックが減っているのであれば、CVは減るのはある種自明の理であるため。

その上で、スマートリスト経由のユーザーがCVしない理由としてはいくつか考えられます。

・Google要因
→あくまで、過去のCVデータの元に推測したリストに配信されるので
季節性があったり、Googleが想定し得ない様々な要因で悪化することは考えられます。


・その他の要因
→季節性 春物を買う人と夏物を買う人で属性が大きく異なる?等
→限定性 前やっていたキャンペーンが強烈だった?

などが考えられます。

運用の観点からは、自動で作成されるリスト系での成果はみずものだという思いもあるので、手動で調整が効く配信の方を試すのも良いのかなと思っております。

以上、運用者の見解と回答としてご参考までにお願い致します。
◆-------------------------◆
佐藤と申します。リスティング広告の運用者です。もしお役に立てましたら、いいね♡のボタンや解決済みのボタンを押していただけますと皆様の参考にもなります。よろしくお願いします。

Re: スマートリストを利用した広告配信に関して

トップコントリビューター
絶対的な正解はわからず推測なんですが、もしかすると、スマートリスト自体がどうこうではなく、そのキャンペーンや広告グループにたまったデータによる最適化が、はじめからのスタートになってしまったから、ではないかな、と思います。

スマートリストでなくとも、検索の広告だったとしてもなんであっても、全く同じ設定を、別のアカウント、もしくは同じアカウントの中の別のキャンペーンで再現したとしても、なぜかコンバージョン率(以下、CVR)が落ちる、という経験を、僕は何度かしています。

そのままにしておけばまた持ち直したり、その中で新たに良い設定(ターゲットの調整、当たる広告、など)を見つけて、以前より良くなることはありますので、ずっと悪いか悪くないかはさておき、一旦はCVRが落ちる、ということが何度かありました。


これは推測ですが、今のAdWordsは管理画面にも現れないデータも含めてかなり多種多様な配信データをためて、学習して、配信を最適化しているようなので、いかにターゲット設定や広告の設定などが全く同じでも、培ってきた学習がゼロ(もしくはゼロに近く)になっているので、CVRの高い配信ができない状態になった、ということじゃないかなと思っています。

5年くらい前までは、アカウントを全く新しいものにしてもすぐに今まで以上の成果を出せる感覚があったのですが、最近、特にここ1〜2年はなんだか勝手が違うなと感じています。
特にディスプレイ広告は顕著ですね、今まで成果が出ていた設定をそっくりそのまま真似ても、成果が全然出ないし、配信状況(配信先サイト、デバイス、属性など)も似たような形にならない、というケースを何度か見てます。

自動入札なんかではイメージしやすいことですが、学習期間をもってして、良い状態を作り出します。
これを、また同じ設定で再現したとしてもまた学習期間に入るわけで、はじめからベストな状態になるわけがありません。
自動入札でなくとも、なんだか上手く動き出したぞというタイミングを感じることがあります。
自動入札でなくとも学習はしているようなので、やっぱりその学習した内容は資産なんだろうなと思います。


だからといって、僕は、一旦成果を落とすとしても、新たな設定を躊躇することはありません。

データをためたり学習したりすればとにかく良いというわけでもありませんし、もただただ放置していても何かよくなるとは限りませんし、広告の成果は外的要因にも影響されるますからほっといたら成果が悪くなることもよくありますし、結局のところ何が起きているのかそんなによくわかりませんし。

今までのことに固執して新しい挑戦ができないことのほうがよっぽど良くないと思うので、とりあえず落ちた成果は落ちたものとして、それを取り戻そうと考えるのではなく、新しい成果を作り出してしまおう、という姿勢で臨んだほうが、将来的にはよっぽど成果が出ます。

mrさんのケースでも、
「ディスプレイ広告の数値が取れなかったため自社で運用」という理由があるわけで、そういう挑戦自体は、どんどん先に進むためにも良いことだと、個人的には思います。

僕だとこんな感じに考えます。

・ディスプレイで成果が出なかった

・まずディスプレイの運用体制を変えつつ、以前の設定を再現した

・成果が落ちた

・落ちた原因をある程度探ってよくわからなかったら、とにかく次にいこう

本当は今までのことを一旦再現したいけど、なんだか難しいのでそこは考えすぎてもしょうがないから、とにかく次に進もう、くらいに僕は考えます。


次のことという意味では、一番は広告(レスポンシブ広告やイメージ広告などのこと)です。
広告次第で配信のされ方はがんがん変わります。ディスプレイは特にそれが顕著です。

僕は、キャンペーン、広告グループ、キーワードなんかを再構成するときは、一旦成果を落とす覚悟でやります。
その後、とにかく広告を当てれば成果は上がるから一旦成果なんか落ちてもいい、という考えでやってます。
小西 一星
このトピックのエキスパート
小西 一星