63 人が現在オンライン
63 人が現在オンライン
Google AdWords のアカウント構成、プロダクトの仕様や広告配信されない問題などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

デバイスによるLPの出し分けとA/Bテスト

[ 編集済み ]
上級者 ✭ ✭

現在アドワーズにて、LPのA/Bテストを行いたいと考えておりますが、

片方のLPはPC専用のページのため、PCデバイスのみで効果検証をしたいと考えております。

 

アドワーズの広告設定についてあまり詳しくないのですが、

PCデバイスのみでA/Bテストをするには、どのような設定をすればよいでしょうか。

 

また、もし難しいようであれば、可能なツールを教えていただけると幸いです。

1 人のエキスパートが返信verified_user
1 件の受理された解決策

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者Mugigomeさんが付与
9月 2016

Re: デバイスによるLPの出し分けとA/Bテスト

セミ プロフェッショナル ✭
Mugigomeさん

PCだけリンク先を分けたいということでしたら、
1つの広告に対してリンク先をPC用とスマホ用のそれぞれを設定するのはいかがでしょうか。

広告には最終リンク先URLとスマホ用URLがございまして、
1つの広告でデバイスによってリンク先をだしわけることができます。

今回の場合ですと、
PC専用のLP(http://001.com)とスマホにも対応しているLP(http://002.com)があるかと思いますが、
同じ文章の広告を2つ用意していただき、片方の広告のリンク先は、最終リンク先URLを(http://002.com)に設定、
もう一方の広告のリンク先は、最終リンク先を(http://001.com)、スマホ用URLを(http://002.com)に設定していただければ、
PCからの検索ユーザーに対してのみテストを実施できるかと存じます。

拙い説明になりますが、参考にしていただければ幸いです。

元の投稿で解決策を見る

Re: デバイスによるLPの出し分けとA/Bテスト

[ 編集済み ]
上級者 ✭ ✭ ✭

キャンペーン設定タブの詳細設定で指定できます。
基本的には入札の比率を記入し、

SPの入札率を-100%にすることでPCのみに配信ができます。
ただアカウントによってはPCかタブレットかSPか選択するという形で設定ができるようになっているので
その際はPCを指定することでPCのみ配信になります。

Re: デバイスによるLPの出し分けとA/Bテスト

上級者 ✭ ✭
ご返信いただきありがとうございます。
説明が不足しており申し訳ございません。

現在全てのキャンペーンでスマホ側に比率(8:2)を寄せているため、
その比率を変えないまま、PCからのアクセスでのみA/Bテストができればと考えているのですが、
いい方法はないでしょうか。

Re: デバイスによるLPの出し分けとA/Bテスト

トップコントリビューター

目的がPCだけの配信結果を確認したいということであれば、
「広告」タブから分割「デバイス」を選択して、レポート集計する方法はいかがでしょうか?

 

同一のリンク先でも各デバイス別(PC、スマホ、タブレット)ごとの結果を確認できます。
ダウンロードの設定画面をキャップチャしました。ご参考まで。

 

s-広告.jpg

 

 

里村 仁士(Hitoshi Satomura)
※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」のクリックを頂けると、他の方の参考にもなりますのでお願いいたします。
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者Mugigomeさんが付与
9月 2016

Re: デバイスによるLPの出し分けとA/Bテスト

セミ プロフェッショナル ✭
Mugigomeさん

PCだけリンク先を分けたいということでしたら、
1つの広告に対してリンク先をPC用とスマホ用のそれぞれを設定するのはいかがでしょうか。

広告には最終リンク先URLとスマホ用URLがございまして、
1つの広告でデバイスによってリンク先をだしわけることができます。

今回の場合ですと、
PC専用のLP(http://001.com)とスマホにも対応しているLP(http://002.com)があるかと思いますが、
同じ文章の広告を2つ用意していただき、片方の広告のリンク先は、最終リンク先URLを(http://002.com)に設定、
もう一方の広告のリンク先は、最終リンク先を(http://001.com)、スマホ用URLを(http://002.com)に設定していただければ、
PCからの検索ユーザーに対してのみテストを実施できるかと存じます。

拙い説明になりますが、参考にしていただければ幸いです。