124 人が現在オンライン
124 人が現在オンライン
Google AdWords のアカウント構成、プロダクトの仕様や広告配信されない問題などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

フレーズ一致に関して

中級者 ✭ ✭

初めまして。工藤です。

 

フレーズ一致に関して質問です。

 

googleのhelpに

 

フレーズ一致は、指定したキーワードと完全に一致するフレーズや、その類似パターン(前後に他の語句を含む場合もあり)が検索された場合にのみ広告を表示できるキーワードの設定です。フレーズ一致キーワードとして「自転車 ベル」を設定すると、「自転車 ベル」、「購入 自転車 ベル」、「自転車 ベル レビュー」などの語句が検索された場合に広告が表示されます

 

と書かれていますが、

類似パターンというのはどの程度のものを含むのでしょうか。

 

例えば、

フレーズ一致「高校生 インターン」は、「高校生 インターンシップ」を含むのでしょうか。

また、フレーズ一致「学生 起業」は、「学生起業」を含むのでしょうか。

 

回答お待ちしております。

 

 

2 人のエキスパートが返信verified_user

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
でぶてて (注目ユーザー)さんが付与
12月 2016

Re: フレーズ一致に関して

トップコントリビューター
類似パターンがどのくらいか
 →実際やってみないとなんとも言えない

フレーズ一致「高校生 インターン」が「高校生 インターンシップ」を含むか
 →実際やってみないとなんとも言えない

フレーズ一致「学生 起業」は、「学生起業」を含むか
 →含みます(これはマッチタイプの問題ではなく、キーワードのスペースありなしは検索語句内のスペースありなしと関係ないからです)


類似パターンは、若干の誤字、漢字ひらがなカタカナ違い、漢字の間違いあたりは割と含みます。
なので、「自転車」と「じてんしゃ」とを両方登録する必要はない、ということです。
ですが、「自転車」が類似パターンとして「チャリンコ」までカバーしているかというと、多分していないと思いますが、そこまでは実際に配信してみないとわかりません。
それも、常に一定ではなく変えているので、今日カバーしていても明日もカバーされるかがわかりません、なのでやっぱりやってみないとわかりません。
文字的に近いものは不必要に登録せず、文字的にだいぶ違うものであれば念のため登録しておいて、実際に検索語句を確認してみてその後調整する、という流れがいいと思います。

ちなみに類似パターンというのはフレーズ一致に限らないもので、完全一致でも適用されます。
つまり100%の完全一致のマッチタイプというものはないということですね。





フレーズ一致「高校生 インターン」が、「高校生 インターンシップ」を含みそうに見えるのですが、絶対含むかというとこれもやってみないとわかりません。
この場合はGoogleが、「インターンシップ」を、「インターンシップ」と認識しているか「インターン シップ」と認識しているかによります。
前者の場合でしたら、「インターンシップ」は「インターン」の後に「シップ」がついているのではなくて「インターンシップ」という、「インターン」&「シップ」とは異なる単語として認識していますので、ヒットしないはずです。
後者でしたら、ヒットします。

と、いうような動きは実際に確認したことがあります。

ただ、Googleとしてはどちらも似たような言葉なのでヒットさせてもいいと考えるはずで、そんな杓子定規な仕様のままにしていないはずです。
「インターンシップ」は「インターン」というキーワードの類似パターンであると認識して、「インターン」しか登録していなくても「インターンシップ」にヒットすることは考えられますし、実際そういうケースも確認したことがあります。

で、ちょうど「インターン」と「インターンシップ」を配信したアカウントがあったので確認してみたところ、「インターン」も「インターンシップ」も類似パターンとして含み合っていました。
でもこういった、単語ごとの状況は常に一定ではないのでご注意ください。
この言葉についてはいちいち異なる言葉として扱う必要性が考えにくいので、まず今後もカバーされそうに思いますが。
小西 一星

元の投稿で解決策を見る


すべての返信

フレーズ一致に関して

初級者 ✭ ✭
はじめまして。「インターン」と「インターンシップ」を類似パターンと認識しているかどうか、正確にはわかりませんが、仮に類似と認識していないとしても、「高校生 インターン」+「シップ」と前後に他の語句が付いて検索されているパターンになるので、表示されます。また、フレーズ一致「学生 起業」は、「学生起業」を含みます。実際に検索する際は「学生起業」と続けてタイピングしますが、Adwords上は「学生 起業」で認識していると思います。

Re: フレーズ一致に関して

トップコントリビューター
こんにちは。

この辺りも参考になるかもしれませんね。
・類似パターンには、誤字、表記のゆれ(例:「振り込み」と「振込」)、略語、英単語ではさらに単数 / 複数の違い、語形の変化(例:「floor」と「flooring」)、頭文字などの短縮形、アクセント付き文字があります。
https://support.google.com/adwords/answer/2497836?hl=ja

あとは実際に運用してみて、検索語句レポートを眺めながらでしょうか。

ご参考になるようでしたら。

石川 知紀(Tomoniri Ishikawa) ※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」と、他の方の参考になります。ご協力ください。 https://goo.gl/fTW15h
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
でぶてて (注目ユーザー)さんが付与
12月 2016

Re: フレーズ一致に関して

トップコントリビューター
類似パターンがどのくらいか
 →実際やってみないとなんとも言えない

フレーズ一致「高校生 インターン」が「高校生 インターンシップ」を含むか
 →実際やってみないとなんとも言えない

フレーズ一致「学生 起業」は、「学生起業」を含むか
 →含みます(これはマッチタイプの問題ではなく、キーワードのスペースありなしは検索語句内のスペースありなしと関係ないからです)


類似パターンは、若干の誤字、漢字ひらがなカタカナ違い、漢字の間違いあたりは割と含みます。
なので、「自転車」と「じてんしゃ」とを両方登録する必要はない、ということです。
ですが、「自転車」が類似パターンとして「チャリンコ」までカバーしているかというと、多分していないと思いますが、そこまでは実際に配信してみないとわかりません。
それも、常に一定ではなく変えているので、今日カバーしていても明日もカバーされるかがわかりません、なのでやっぱりやってみないとわかりません。
文字的に近いものは不必要に登録せず、文字的にだいぶ違うものであれば念のため登録しておいて、実際に検索語句を確認してみてその後調整する、という流れがいいと思います。

ちなみに類似パターンというのはフレーズ一致に限らないもので、完全一致でも適用されます。
つまり100%の完全一致のマッチタイプというものはないということですね。





フレーズ一致「高校生 インターン」が、「高校生 インターンシップ」を含みそうに見えるのですが、絶対含むかというとこれもやってみないとわかりません。
この場合はGoogleが、「インターンシップ」を、「インターンシップ」と認識しているか「インターン シップ」と認識しているかによります。
前者の場合でしたら、「インターンシップ」は「インターン」の後に「シップ」がついているのではなくて「インターンシップ」という、「インターン」&「シップ」とは異なる単語として認識していますので、ヒットしないはずです。
後者でしたら、ヒットします。

と、いうような動きは実際に確認したことがあります。

ただ、Googleとしてはどちらも似たような言葉なのでヒットさせてもいいと考えるはずで、そんな杓子定規な仕様のままにしていないはずです。
「インターンシップ」は「インターン」というキーワードの類似パターンであると認識して、「インターン」しか登録していなくても「インターンシップ」にヒットすることは考えられますし、実際そういうケースも確認したことがあります。

で、ちょうど「インターン」と「インターンシップ」を配信したアカウントがあったので確認してみたところ、「インターン」も「インターンシップ」も類似パターンとして含み合っていました。
でもこういった、単語ごとの状況は常に一定ではないのでご注意ください。
この言葉についてはいちいち異なる言葉として扱う必要性が考えにくいので、まず今後もカバーされそうに思いますが。
小西 一星
このトピックのエキスパート
石川 知紀
小西 一星