264 人が現在オンライン
264 人が現在オンライン
Google AdWords のアカウント構成、プロダクトの仕様や広告配信されない問題などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

マッチタイプの選定に関して

中級者 ✭

はじめて投稿させていただきます。マッチタイプの選定についてお伺いしたいです。

現在アカウント内で、キーワードのマッチタイプが絞り込み部分一致ではなく、

部分一致で多く設定されております。

 

下記のようなイメージです。

例)弁護士 法律事務所、弁護 電話相談

現状は上記でもコンバージョンが獲得できているので、問題ないかもしれません。

ただ、これでは異なるクエリにも広告配信してしまっており、誤タップ等の広告費がもったいないと感じています。

 

現在コンバージョンが獲得できているキーワードを全部絞り込み部分一致にしてしまうことも考えていますが、通常の部分一致でしか取れなかったクエリを見逃してしまうかもと思い、手がつけられません。

どのようにすれば解決に近付けるでしょうか。

 

不明な点があるかもしれませんが、アドバイスや助言をいただければ幸いです。

何卒宜しくお願いいたします。

2 人のエキスパートが返信verified_user

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者BestASさんが付与
3月 2017

Re: マッチタイプの選定に関して

トップコントリビューター
BestAS さん

キーワードマッチタイプのお話については、恐らくいろんな方がいろんな考えを述べてくださると思いますので、僕からの回答は1つの参考として捉えてください。
僕の場合であれば基本として、次の対応をします。

・意図と異なる検索語句(=検索クエリ)で広告が表示されていたら、検索語句レポートを確認しながら除外キーワードを追加して、不要な広告露出を避ける
・同様に検索語句レポートを確認してコンバージョンにつながっている検索語句は、完全一致orフレーズ一致or絞り込み部分一致で「キーワードを追加」する。元の部分一致キーワードはそのまま。
・どのマッチタイプで追加するかは検索語句によって選ぶイメージです。「法律事務所」1語であれば完全一致にして、「弁護士 法律事務所」2語であればフレーズ一致にするなど。

概ねこれを繰り返していけば、部分一致で新しい検索語句を拾いつつも、追加した完全orフレーズor絞り込み部分のキーワードでコンバージョンを獲得し、除外キーワードで不要な広告露出を抑制する事ができますので、費用対効果は高まります。

あとは、ランディングページの内容にもよりますが、広告グループ単位で動的検索広告を利用して、コンテンツの内容にマッチした検索語句を拾う(機会損失抑止のための最後の網)ということも部分一致の利用と合わせて効果的かなと思います。

以上、ご参考くださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。
田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります

元の投稿で解決策を見る


すべての返信
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者BestASさんが付与
3月 2017

Re: マッチタイプの選定に関して

トップコントリビューター
BestAS さん

キーワードマッチタイプのお話については、恐らくいろんな方がいろんな考えを述べてくださると思いますので、僕からの回答は1つの参考として捉えてください。
僕の場合であれば基本として、次の対応をします。

・意図と異なる検索語句(=検索クエリ)で広告が表示されていたら、検索語句レポートを確認しながら除外キーワードを追加して、不要な広告露出を避ける
・同様に検索語句レポートを確認してコンバージョンにつながっている検索語句は、完全一致orフレーズ一致or絞り込み部分一致で「キーワードを追加」する。元の部分一致キーワードはそのまま。
・どのマッチタイプで追加するかは検索語句によって選ぶイメージです。「法律事務所」1語であれば完全一致にして、「弁護士 法律事務所」2語であればフレーズ一致にするなど。

概ねこれを繰り返していけば、部分一致で新しい検索語句を拾いつつも、追加した完全orフレーズor絞り込み部分のキーワードでコンバージョンを獲得し、除外キーワードで不要な広告露出を抑制する事ができますので、費用対効果は高まります。

あとは、ランディングページの内容にもよりますが、広告グループ単位で動的検索広告を利用して、コンテンツの内容にマッチした検索語句を拾う(機会損失抑止のための最後の網)ということも部分一致の利用と合わせて効果的かなと思います。

以上、ご参考くださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。
田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります

Re: マッチタイプの選定に関して

中級者 ✭
Hiroki Tanaka様

部分一致に対する対応方法をご教示いただきありがとうございます!
今後はいただいたご意見を参考に、一度アカウントを見てみようと思います。
①検索語句レポート⇒検索クエリを常にチェック
※意図と異なるクエリは除外キーワード設定!
②コンバージョンに繋がったキーワードは、別のマッチタイプで設定
※現状の部分一致キーワードは配信続行!

お手数をおかけいたしました。
わかりやすいご説明をありがとうございました。

今後とも宜しくお願いいたします。

Re: マッチタイプの選定に関して

上級者 ✭ ✭ ✭
BestASさん
初めまして。

いくつか案がある中で、まず私は「除外キーワードの設定」をおすすめします。
「キーワード」タブ→「除外キーワード」の画面で、設定ができます。

ここで「このキーワードを含んだ場合には表示しない」というキーワードを「部分一致」で登録します。

例えば「弁護士 求人」や「弁護士 年収」などのクエリでの表示を避けたい場合、「求人」「年収」を部分一致で登録する、という感じです。

除外キーワードのマッチタイプは、通常のキーワードと挙動が違います。
必ずこちらのページをご確認のうえ、運用なさってください。
【除外キーワードによるトラフィックの絞り込み】
https://support.google.com/adwords/answer/6167105?hl=ja

Re: マッチタイプの選定に関して

トップコントリビューター
>> ②コンバージョンに繋がったキーワードは、別のマッチタイプで設定
>> ※現状の部分一致キーワードは配信続行!

については、少し誤解してそうな気がします。
入稿キーワード:「弁護士 法律事務所」
実際に広告が表示された検索語句「弁護士 法律相談」
だったとして、上記でコンバージョンしたときに、
「弁護士 法律相談」
をキーワードに追加する。というのが良いかと思います。
「キーワード」と「検索語句(検索クエリ)」は意味は似ていますが、検索広告においてはちゃんと違いを意識しないと意図を読み間違えてしまいますので注意しないといけないですね。


あとは、「コンバージョンは発生しているが、CPAが見合っていないキーワード」については、除外キーワードを追加する、というアクション以外に、部分一致を停止して、同じキーワードの上位マッチタイプ(絞込部分一致やフレーズ一致など)に変更するのも良いと思います(マッチタイプを上げることで、広告文と検索クエリのマッチ度合いをコントロールしやすくなり、広告ランクを高めるためです)。

Re: マッチタイプの選定に関して

中級者 ✭
ご返信をありがとうございます!
確認させていただきました。

>入稿キーワード:「弁護士 法律事務所」
>実際に広告が表示された検索語句「弁護士 法律相談」
>だったとして、上記でコンバージョンしたときに、
>「弁護士 法律相談」
>をキーワードに追加する。というのが良いかと思います。
上記おっしゃっていただいた通りですね。間違えないように致します。

また、CPAが見合っていないキーワードにおいてもご助言をありがとうございます。
こちらは全く頭にありませんでしたので、こちらも参考にさせていただきます。

色々とご教示いただき、ありがとうございました!
このトピックのエキスパート
山田 良太
Hiroki Tanaka