121 人が現在オンライン
121 人が現在オンライン
Google AdWords のアカウント構成、プロダクトの仕様や広告配信されない問題などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

リマーケティングの設定について

[ 編集済み ]
上級者 ✭ ✭

リマーケティングの設定についてご質問致します。

CVタグでもそうなのですが、、、

 

お問い合わせのページが別ドメインのサイトの場合

(主サイト:http://aaa.jp/ | お問い合わせページ:http://bbb.jp/)

 

お問い合わせページにはリマーケティングタグを貼れない場合、

CVやお問い合わせをリマーケティングリストに設定するにはどのような方法がありますか?

(タグ自体を埋め込めないのでURL指定もできません。)

 

ご回答よろしくお願い致します。

hana
1 件の受理された解決策

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
でぶてて (注目ユーザー)さんが付与
12月 2016

Re: リマーケティングの設定について

レジェンド

お問合せページへのタグ設置が行えない場合は、次の2つのパターンのどちらか(可能な方)を選ぶことが多いと思います。

 

1.お問合せページへ遷移するリンクをクリックしたタイミングでリマーケティングタグ・コンバージョンタグを実行する。

この場合は、コンバージョンタグが実行されたとしても、お問合せしなかった場合も考えられるので、注意が必要です。また、リマーケティングタグを「お問合せフォームを閲覧した人」として作る場合、お問合せページの前のページでリマーケティングタグを実行しているので、ページのURLでは指定できない点にご注意ください(この場合は、リマーケティングタグを実行するときに、ラベルを設定しておき、ラベル指定するイメージになります)。

 

 

2.お問合せ完了後、自分のサイトに戻ってくるタイミングでリマーケティングタグ・コンバージョンタグを実行する。

お問合せフォームの仕様によっては、お問合せ完了後、リダイレクトなどの方法を使って、自身のサイトに遷移させる仕組みになっているものもあると思います。この遷移先のURLを専用に準備しておき、そのページを訪問した人をコンバージョンした人、としてリマーケティングタグ・コンバージョンタグを実行する方法です。この方法の場合、実際のコンバージョンよりも、若干少ない数値になってしまう可能性がある点と、お問合せフォームによっては使えないケースもある点にご注意ください。

元の投稿で解決策を見る

ベストアンサーのマーク済み.
解決策
でぶてて (注目ユーザー)さんが付与
12月 2016

Re: リマーケティングの設定について

レジェンド

お問合せページへのタグ設置が行えない場合は、次の2つのパターンのどちらか(可能な方)を選ぶことが多いと思います。

 

1.お問合せページへ遷移するリンクをクリックしたタイミングでリマーケティングタグ・コンバージョンタグを実行する。

この場合は、コンバージョンタグが実行されたとしても、お問合せしなかった場合も考えられるので、注意が必要です。また、リマーケティングタグを「お問合せフォームを閲覧した人」として作る場合、お問合せページの前のページでリマーケティングタグを実行しているので、ページのURLでは指定できない点にご注意ください(この場合は、リマーケティングタグを実行するときに、ラベルを設定しておき、ラベル指定するイメージになります)。

 

 

2.お問合せ完了後、自分のサイトに戻ってくるタイミングでリマーケティングタグ・コンバージョンタグを実行する。

お問合せフォームの仕様によっては、お問合せ完了後、リダイレクトなどの方法を使って、自身のサイトに遷移させる仕組みになっているものもあると思います。この遷移先のURLを専用に準備しておき、そのページを訪問した人をコンバージョンした人、としてリマーケティングタグ・コンバージョンタグを実行する方法です。この方法の場合、実際のコンバージョンよりも、若干少ない数値になってしまう可能性がある点と、お問合せフォームによっては使えないケースもある点にご注意ください。