181 人が現在オンライン
181 人が現在オンライン
Google AdWords のアカウント構成、プロダクトの仕様や広告配信されない問題などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

入札戦略(特に自動入札)の設定・管理が入り組んでいてわかりません

初級者 ✭

初めまして。

アドワーズの入札戦略について質問させていただきます。

 

ヘルプや「記事で学ぶ」を見ると、

・個別クリック単価(手動)

・検索結果の目標掲載位置(自動)

・目標とするコンバージョン単価(自動)

・目標広告費用対効果(自動)

・目標優位表示シェア(自動)

・クリック数の最大化(自動)

・拡張CPC(自動)

の7つに整然と分かれていて、設定も簡単なように思えます。

(だいたい、「設定」タブから「入札戦略」を選んで「拡張CPC」にチェックを入れればOKとか書いてあります)

 

しかし、実際に設定しようとすると、ヘルプとは違っていて何がどうなっているのかよくわからなくなっています。

 

【拡張CPCの設定方法】

まず、あるキャンペーンに「拡張CPCを設定したいな」と思い、

スクリーンショット 2017-04-16 15.03.40.png戦略選択画面

選択画面を見ると、ドロップダウンの「拡張CPC」の他に、「個別クリック単価」に「拡張CPCを有効にする」というチェックボックスもあります。「クリック数の最大化」に「拡張CPCを有効にする」というチェックボックスもあります。この違いは何なのでしょうか。

 

次に、ドロップダウンの「拡張CPC」を選ぶと、「ポートフォリオ戦略を選べ」と言われます。

この「ポートフォリオ戦略」は共有ライブラリの「入札戦略」で作成できる設定ファイルのようなもののようですが、何を基準に構築すれば良いのでしょうか。6種類の自動入札に加えて、含めるキャンペーン数も変えられるようですが、その場合、最適化はキャンペーンを跨いで行われてしまうのでしょうか。

 

そして、よくわからないままに「ポートフォリオ戦略」を設定してみると、今後はアドワーズエディタで当該キャンペーンの入札戦略がこのように表示されます。

スクリーンショット 2017-04-16 14.25.50.pngアドワーズエディター画面

これは、「拡張CPC」が有効になっているのでしょうか、無効になっているのでしょうか。わかりません。

 

ドロップダウンで「個別クリック単価」を選択し、「拡張CPCを有効にする」にチェックを入れると、アドワーズエディターでは以下のように表示されます。

スクリーンショット 2017-04-16 14.25.20.pngアドワーズエディター画面

これはきっと有効になっているのだと思いますが、上との違いがどうなっているのかはわかりません。

 

【一つだけ入札戦略の設定画面が異なるキャンペーンの謎】

私がアカウントを引き継ぐ前からあったキャンペーンの設定が以下のようになっています。

スクリーンショット 2017-04-16 15.36.11.png

おそらく、「クリック数の最大化(自動)」に「拡張CPCを有効にする」のチェックボックスをつけているのだと思います。

 

このキャンペーンの設定を変更しようとすると以下の画面になります。

スクリーンショット 2017-04-16 14.18.12.png

他のキャンペーン(この投稿最初の写真)と画面が全く違うのですが、これは何故なのでしょうか。

そして、このキャンペーンをアドワーズエディターで見るとこう表示されています。

スクリーンショット 2017-04-16 15.43.04.pngアドワーズエディター画面

「予算オプティマイザー」とは「クリック数の最大化(自動)」のことでしょうか。

 

長くまとまりのない文章を書いてしまいましたが、とにかく頭の中が「?」でいっぱいで、全体の構造が理解できません。

 

基本的には以下が疑問点かと思います。

・キャンペーンの設定タブからドロップダウンで選択すれば良いのか?

・「拡張CPCを有効にする」チェックボックスはいったい何?(ドロップダウンとの関係は?)

・アドワーズエディターの表示はおかしいの?
・一つだけ設定タブのUIが違うキャンペーンがあるのはなぜ?

・ポートフォリオ戦略を先に作ってから設定タブで適用するのか?

・ポートフォリオ戦略の作り方にはアカウント構造を作るときのような判断軸・考え方があるのか?

 

もうかれこれ2日ほどヘルプと記事内をさまよっているのですが、明確になりませんでした。

 

お手数ですが、お分かりの方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。