591 人が現在オンライン
591 人が現在オンライン
Google AdWords のアカウント構成、プロダクトの仕様や広告配信されない問題などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信
Highlighted

絞り込み部分一致と絞り込み一致について

初級者 ✭

キーワード設定で

 

「+○○○ ×××」と設定しました。

自分の認識では「○○○が検索語句に含まれている且つ、×××の類義語など関連する語句の入った検索ワード」がマッチする想定でした。

運用進めると○○○のみでもマッチしてしまっていました。

 

自分の認識間違いとは思いますが、

「+○○○」と「+○○○ ×××」ではキーワード設定の意味が異なると思うのですが、どなたかアドバイスいただけますでしょうか。

 

現状、除外ワードに「[○○○]」を設定し、上記マッチ解消に努めています。

1 人のエキスパートが返信verified_user

Re: 絞り込み部分一致と絞り込み一致について

トップコントリビューター
部分一致って、かなりカバー範囲が広いので、そういうこともあるでしょうね。
例えば、「××× △△△」というような、2つの単語で構成するキーワードの部分一致でも、「×××」検索語句や、「×××」でもなくてそれに似ただけの検索語句にヒットすることもあります。

マッチタイプの実際の動き方って、微妙な範囲では結構よく変わるので、人に聞いた話や表面的なルールより実際に確認したデータがすべてだ、と思います。
誰かがこうだ、と言ってもそれは明日には変わってるかも…、と思います。

完全一致も本当の意味での完全一致ではないわけですが、ではそれがどこまでをカバーするのか、これも日に日に、微妙に変わっていっていますね。

ご対応としては、そういった除外で良さそうにも思えますが、それで、実際にどういう検索語句にヒットするかを確認して、結果を見てまた何かを変える、がベストだと思います。
小西 一星

Re: 絞り込み部分一致と絞り込み一致について

セミ プロフェッショナル ✭ ✭ ✭
自分の認識間違いとは思いますが、
「+○○○」と「+○○○ ×××」ではキーワード設定の意味が異なると思うのですが、どなたかアドバイスいただけますでしょうか。

→はい、本来は意味は違う設定ですね。
ただ、今回の場合は

「+○○○」 = 「○○○」が反応
「+○○○ ×××」= 「○○○」が反応

というように、どちらの設定も「○○○」に対して反応しうるような、意味合いの近い言葉だったようですね。
なので、投稿主さまの設定で完全一致除外をするのはやりたいことを達成する上では正しいという認識です。

◆佐藤と申します。Twitter:天天。リスティング広告の運用者です。もしお役に立てましたら、いいね♥のボタンや解決済みのボタンを押していただけますと皆様の参考にもなります。よろしくお願いします。
このトピックのエキスパート
小西 一星