523 人が現在オンライン
523 人が現在オンライン
Google AdWords のアカウント構成、プロダクトの仕様や広告配信されない問題などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

絞り込み部分一致においてのキーワード選びについて

初級者 ✭

初めての投稿となります。

AdWordsは未だ勉強中で、奥が深くわからないことばかりです。

 

さて、キーワードのマッチタイプを考えていくうちに、

キーワード選びでふとした疑問を感じたため、

質問させて頂くことにしました。

 

例えば、「+デザイン +作成 依頼」の3語で入稿を考えた場合、

デザインと作成を必ず含みながら、依頼だけ拡張させるイメージなのですが、

もし、「+デザイン +作成」の指定だけでも広告が表示されるであれば、

わざわざ拡張させる言葉を考えて追加しなくても、2語だけでもいいのでは?

という疑問があります。

 

拡張させる言葉を置けば、その言葉に関連する語で検索された際に

表示されやすくなるという一種の「指標」だと理解しているのですが、

思い当たるキーワードの量が多い場合、作業が煩雑で時間が掛かるため

逐一入れて指定した方が良いか、いつも悩ましく思っています。

 

恐らく入れて指定した方が精度が高まり良いとは思うのですが、

拡張させたい語を指定しない場合、結果はかなり違うのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

3 人のエキスパートが返信verified_user
1 件の受理された解決策

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者市橋秀貴さんが付与
11月

Re: 絞り込み部分一致においてのキーワード選びについて

トップコントリビューター
市橋 さん

こんにちは。

掛け合わせキーワードの意味合いにもよりますが、
検索クエリの傾向は変わる印象です。
また、広告、LPなどのコンテンツにより検索クエリの傾向は異なる結果にもなります。

作業が煩雑で管理工数がかかるという課題をお持ちであれば、
最初は「+デザイン +作成」などの2語キーワードを登録して、
派生した検索クエリの結果から、3語の掛け合わせキーワード候補を登録するという手順でもいいかもしれません。

戦略にもよりますが、初動では可能性を広げるためにも、
ある程度、広い受け皿のキーワードを設定して、
効率重視のターゲットキーワードを選定していくという方法でもいいかもしれません。

以上になります。
ご参考まで。お役に立てれば幸いです。
里村 仁士(Hitoshi Satomura)
※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」のクリックを頂けると、他の方の参考にもなりますのでお願いいたします。

元の投稿で解決策を見る

ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者市橋秀貴さんが付与
11月

Re: 絞り込み部分一致においてのキーワード選びについて

トップコントリビューター
市橋 さん

こんにちは。

掛け合わせキーワードの意味合いにもよりますが、
検索クエリの傾向は変わる印象です。
また、広告、LPなどのコンテンツにより検索クエリの傾向は異なる結果にもなります。

作業が煩雑で管理工数がかかるという課題をお持ちであれば、
最初は「+デザイン +作成」などの2語キーワードを登録して、
派生した検索クエリの結果から、3語の掛け合わせキーワード候補を登録するという手順でもいいかもしれません。

戦略にもよりますが、初動では可能性を広げるためにも、
ある程度、広い受け皿のキーワードを設定して、
効率重視のターゲットキーワードを選定していくという方法でもいいかもしれません。

以上になります。
ご参考まで。お役に立てれば幸いです。
里村 仁士(Hitoshi Satomura)
※問題解決の参考になった回答に「✓解決策マークを付ける」のクリックを頂けると、他の方の参考にもなりますのでお願いいたします。

Re: 絞り込み部分一致においてのキーワード選びについて

注目ユーザー
市橋秀貴さま

WEB広告代理店に勤務しております、佐藤と申します。
選定について私も、色々ご提案したいと思います。

以下の2つの違いを述べます。
「+デザイン +作成 依頼」=デザイン、作成を必ず含んでいて、且つ 依頼 に近い言葉であれば広告が配信される
「+デザイン +作成」=デザイン、作成を必ず含んでいるのであれば広告が配信される

なので、目的次第で2つを使い分けれるのかなと思います。
・前者は、依頼をしたい気持ちが強い検索語句を確実に拾うために入稿する
・後者は、「デザイン 作成 ツール」などの、依頼をしたい気持ちが一見無さそうでも広告を出すので、成果数を拡大したいときには活躍できそうだが
効率的にお問い合わせを獲得したいときには不向きかもしれない

などのように使い分けていくのが良いのかなと。
2語の場合だとこういった使い分けは顕著になりますし、こういった細部の設定も追求されるのはとても大事だと思います。
よろしくお願いいたします。
◆佐藤と申します。Twitter:天天。リスティング広告の運用者です。もしお役に立てましたら、いいね♥のボタンや解決済みのボタンを押していただけますと皆様の参考にもなります。よろしくお願いします。

Re: 絞り込み部分一致においてのキーワード選びについて

トップコントリビューター
「+デザイン +作成」だけ追加しておいて、検索語句の結果を見て追加したりしなかったり、がいいと思います。
そもそも検索語句に「依頼」やそれに似た語句が入っていたほうが絶対にCVRが高い、とも限りませんし。


>表示されやすくなるという

されやすくなるって話では聞くこともありますが、個人的にはまゆつばものくらいな結果しか確認したことがなくて、多分ほぼ関係ないと思います。
狙った検索語句で表示されやすくする(インプレッションシェアを高める、オークションに勝つ)ためには、その検索語句と文字列レベルで一致度が高いキーワードをいちいち入れるより、広告文を作っては試したほうが、結果は大きく変わります。
ご質問の状況の場合、

「+デザイン +作成」か「"デザイン 作成"」さえ入っていれば、
そこに「+デザイン +作成 +依頼」や「+デザイン +作成 依頼」というキーワードを追加するより、
「デザイン 作成 依頼」で検索する人がクリックしそうな広告文、「依頼」という文字を含めた広告文を追加したほうが、
「デザイン 作成 依頼」という検索語句での広告表示回数とクリック数は高まります。

「+デザイン +作成 依頼」というキーワードを追加したほうがいいのかしなくていいのか、っていうと、どっちでもいいくらいな感じです。

そういうことに時間を使うよりは、とにかく広告文を作っては試したほうが結果を大きく変えられます。
そういう意味では、キーワードを細かくどうこうすることは些細なことですね。
そもそもAdWordsで広告配信される流れとして、検索語句が発生したら次にどの広告を出すべきかを判断する、というところからはじまって、キーワードどうこうが見られるのはその次ですから、仕組みからしても広告文のほうが思いっきり重要なわけです。


そうして広告を配信して結果を確認して、
「デザイン 作成 依頼」という検索語句が、「デザイン 作成」よりもコンバージョン率が高くCPAも安い、という結果が明確にもしなったならば、
「+デザイン +作成 +依頼」というキーワードを追加して入札単価を引き上げたらいいと思います。
入札単価を引き上げることすらしないような状況ならそのキーワードはたいてい、あってもなくてもどっちでもいい、あったらキーワードが多くてややこしくなって邪魔だからいらない、くらいな感じですかね。
小西 一星

Re: 絞り込み部分一致においてのキーワード選びについて

初級者 ✭
里村様、佐藤様、小西様、アドバイスありがとうございます。
取りあえず「+デザイン +作成」で様子を見ながら、
必要に応じて追加するかどうか判断しようと思います。

依頼という言葉を追加したとしても、
その精度自体を判断することも難しいので
様々な可能性も考えて広く獲得することから考えてみます。

お三方のご意見・アドバイス大変参考になりました。
心より感謝申し上げます。