187 人が現在オンライン
187 人が現在オンライン
Google AdWords のアカウント構成、プロダクトの仕様や広告配信されない問題などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

1広告グループ内のキーワードの数

OKI
上級者 ✭

今まではキーワードと広告とランディングページを適合させるために1グループ1キーワードでアカウントを構成していました。
さらにマッチタイプで広告グループを分けていたくらいです。

最近、
http://www.tbox.tokyo/sem/132
を読んでhagakureという構成に興味を持ちました。

新しくキャンペーンを作って試してみたいと思っています。
そこで教えてほしいことがあります。

以前は
「1広告グループのキーワードは20以下に抑えた方がいい」
と言われたことがありましたが、今でもやはり1広告グループのキーワードは20以下に抑えるほうがいいのでしょうか?

 

2 人のエキスパートが返信verified_user

Re: 1広告グループ内のキーワードの数

注目ユーザー
お世話になります。
広告代理店に勤務して運用業務に従事している佐藤といいます。

あくまで私的見解なのでご了承ください
キーワードを20以下に抑える目的、ロジックをそのご指摘をした方などに聞かないと判断はできません。
そして、20以下に抑えることで明確に何かが改善されることはない認識です。

なので、●●という経験や理屈に基づいて20以下にしたほうがいいというその理屈の部分をぜひ確認できるのであればおしえていただけませんか?

よろしくお願いします!
◆佐藤と申します。Twitter:天天。リスティング広告の運用者です。もしお役に立てましたら、いいね♥のボタンや解決済みのボタンを押していただけますと皆様の参考にもなります。よろしくお願いします。

Re: 1広告グループ内のキーワードの数

上級者 ✭ ✭
初めまして。広告代理店で運用をしております、Kazumiです。

>>「1広告グループのキーワードは20以下に抑えた方がいい」
  と言われたことがありましたが、今でもやはり1広告グループのキーワードは20以下に抑えるほうがいいのでしょうか?

hagakureは、1ADGのKWの ”数” が問題ではなく、分類が肝になってくると思います。

そのKWを検索する人はどういった広告をみたらクリックしてコンバージョンに至るかを考えて
広告ごとにADGを設定し、その広告を出すKWをまとめる(マッチタイプも)のがhagakure構造だと思っています。

現在のGoogleの品質スコア向上のためにはいろいろな構造を考えることができますが、
あくまでKWと広告のつながりだけを考えると正しい広告を出すためのKWの分類はおおよそ20KWという意見なのだと思います。
(なので、同じ広告を出してもいいKWが1000KWあったらそれはそれでまとめてOKですし、1KWずつ広告を変えるでもいいと思います)
品質スコアをあげることについては下記URLが私見でまとまっているなと思ったので乗せさせていただきます。
https://anagrams.jp/blog/what-you-need-to-know-about-adwords-quality-score/

また余談ですが、
上記のように広告ごとにADGを立てるのではなく
ガッツリKWを1ADGにまとめて、そのかわりアドカスタマイザーを使うという手もありますのでぜひ参考にしてみてください!
https://anagrams.jp/blog/customize-ads-with-real-time-updates/
https://support.google.com/adwords/answer/6072565?hl=ja



Re: 1広告グループ内のキーワードの数

トップコントリビューター
キーワード数は重要ではないと思います、適切な数入れればいいと思います。
ヒットさせたい検索語句がなんであるか、それをカバーするキーワードが何か、を考えて決めればいいと思います。
その結果、僕も100くらいあるグループと、2つくらいでなんとかなってるグループと、ありますが、だからどうだということはないですね。

キーワード数はどうでもいいです。
小西 一星

Re: 1広告グループ内のキーワードの数

OKI
上級者 ✭
当時、聞いたのは
「ひとつの広告グループにあまりたくさんのキーワードを詰め込むとgoogleのシステムが判断できなくてなかなか広告が表示されない」
というような事でした。

Re: 1広告グループ内のキーワードの数

上級者 ✭ ✭


そうなんですね。
どこで聞いたかわからないですが、私の知見内ではそういうことはないと思っています…

理論的には1つのクエリの反応が対象のKWが1つの広告グループにあるか複数にあるかどうかでGoogle側が判断することって変わらないですよね?

(ADGに判断基準などはないため)

むしろ、分けられていたほうがどこの広告グループの広告をだすか判断しないといけないので品質スコアが落ちて表示されないと言われているかと。

 

 

ユーザーが検索したクエリに対して、複数のADG内のKWが該当する場合
どのADG内の広告を出すかがばらけてしまい、KW自体の評価(品質スコア)が正しくされない

 

というコンフリクトの話と似ているのでごちゃごちゃになっているのでは?と思いました。

 

http://shirofune.atelier.hmup.jp/listing/0002

2018-01-23_111410.png

Re: 1広告グループ内のキーワードの数

トップコントリビューター
理屈がどうなっているかはなんとも難しいですが…、わかる限りの理屈と、個人的な経験から、僕はこう思います。

まず、無駄に細かくグループをわけたり、同一のクエリがあちこちのグループにヒットしうる状況であったりすると、AdWordsがぐいっと成果を取りに行きづらい様子を感じます。
とある広告ががんがん成果を出し、CVRも上がりインプレッションシェアも上がり、入札単価ををおさえてもどんどんクリックとコンバージョン取りにいっちゃってちょっと予算の問題も考えてほしい!みたいな状況が発生しやすいのは、その、「コンフリクトさせない」みたいな組み方をしているときが多いです。僕の経験上では、ですが。
要因はそれだけじゃないですけど。
コンフリクトってのがなんなのか、よくわからないっちゃわからないですけど。

そのとき、広告グループにたくさんのキーワードがあるか、ないか、は関係ないと思います。
たくさん、ていうのが何件かにもよるかもですが、とりあえず100件程度で問題が起きた気はしません。少なかったところにそれだけ増やしたところで動きが悪くなった、ということはないですね。
逆も然り。
1,000件くらいになるとわかりませんが!でもそれをする状況があまり想像できないです。


とりあえず上記のシロフネさんの説明は、仕組み的には完全に間違ってますね。

まず、検索クエリが発生した次に選ばれるのは広告です。
なので順番的には、
 
 検索クエリ「リスティング 自動化」→ 広告「リスティングの自動化なら」→ キーワード「リスティング 自動化」

です。
この広告が絶対選ばれるとは限らないですし、この図の例で言うとこの3つの広告どれもが選ばれる可能性がありますが。

この例においての組み方で言うと、
1つの広告グループにこの3本の広告を入れて、キーワードは リスティング か "リスティング" のどっちか、もしくは両方、でいいでしょうね。

クエリとして 自動化、乗り換え、効果 というものがあったとしても、それらのクエリでどの広告を出すべきか、AdWordsに学習させて検証させて判断させる、が基本的な思想です(それが絶対良いとか悪いとかじゃなくて)。

キーワード単位でたまったデータと、キーワードそのものについた品質スコアって、どれほど重要なんでしょうかね…。
そんな単純なところだけ見ているわけではないですし、そもそもキーワード画面に出る各キーワードについている品質スコアの数値は実際の広告オークション時の情報として使われないですし、キーワードなんかよりはクエリ単位のデータのほうが重要だろうなというのは数値見ていてもわかるんですがクエリ以外のことも見ていますし、同じクエリも条件かえればCVR変わりますし、という、AdWordsが見ているデータと学習の仕方がだいぶ複雑なはずなんでよくわかんないですね。

とりあえず僕はキーワードの品質スコアはほぼ気にしてません。
低くてもインプレッションシェアが80%以上、ってのもありますし、多分そういう問題ではないんだろうなぁと。
高いにこしたことはないんでしょうけどね。成果に直接的には関係ないとしか思えません。キーワード単位の品質スコアは。

とりあえずこのシロフネさんの記事はいつのなんですかね、何時代の話だろう、という内容です。
少なくとも今の仕組みとは全く違う内容ですね。
なのであてにならないですしもう削除するべきくらいの記事ですね。
小西 一星

Re: 1広告グループ内のキーワードの数

[ 編集済み ]
上級者 ✭ ✭

小西さま

こちらの記事、しっかり読めば完全に間違っているわけではないと思うのですが…
(KWが反応するとは書かれておらず、あくまでセットで反応と書かれていますし)

ユーザーが検索を行うと、その検索クエリと一致するキーワードが設定された広告(ADG)がすべて検出されると思いますが、
その検索クエリと一致するというのをKWのマッチタイプで判断しているはずです。(完全一致なのか部分一致なのか)
すべて部分一致でKWを登録しているため、今回の記事の対象の3KWがすべてADGが分かれていた場合、どの広告が出てもおかしくないと思っています。
検索クエリに対してどの広告クループ、どの広告を出していいかの候補がたくさんあるというのがコンフリクトだと思っています。


そのためコンフリクトをなくすのであれば、私は 検索クエリ「リスティング 自動化」→ 広告「リスティングの自動化なら」
を出したい場合は、他の2KWのADGにその検索内容と一致するキーワードが設定された広告にならないように「自動化」のKWをフレーズ一致で除外する
という作業をしております。

>>OKIさま
ちょっとOKIさまの質問の意図からずれてしまって申し訳ないです…

Re: 1広告グループ内のキーワードの数

トップコントリビューター
Kazumiさま

すみません、まぁ確かに記事全否定はちょっと言い過ぎでした…。
僕が間違っていると思うことのいくつかは、下記です。

ご異論もあるでしょうし、ここでこういう細かいことを議論しつくせる気もしないですが、ご気分悪くされずによしなにお聞きいただければと!
データが公表できないですもんね…。


>キーワードの「購入」
 →購入じゃないですよね。細かいことですが、これはものすごく大事なことだと思います。


>「ユーザーが欲しい情報を、端的に伝えてあげる」これがリスティング広告における広告の考え方となります。
>ユーザーの欲しい情報は既に健在化しているので、その欲しい情報にマッチしているかどうか、それを判断するための情報を端的に伝えてあげること、これがリスティング広告における一番正しい”広告”のあり方となるのです。

成功する広告をたくさん見れば見るほど、そうとは言い切れないケースはたくさん見ましたし、そうではないことはGoogleもわかっているとしか思えない動きと結果を出すことはよく見かけます。
これを一番正しい広告のあり方、と考えている以上AdWordsの成果を最大限に出すことはできないと、僕はデータで否定できます(公表できないデータの話を持ち出すのもなんかすみませんですけども)。



>検索クエリとキーワード-広告セットの間に”ズレ”を起こさない

ズレというのがなんなのか、文面からすると文字列レベルでのズレか、ユーザーがほしい情報と違う(僕はこれ自体に違和感ありますが)ということなのか、と思えますが、そうだとしたら、まずそこから否定したいです。
そういうズレをそこまで気にしなくていいかと。



>①極力、フレーズ一致や部分一致などのマッチタイプに頼らないで良いように必要なキーワードは完全一致で網羅すること。
>フレーズ一致や絞り込み部分一致を中心に購入、1トークン、2トークンなどの拡張しやすいキーワードの部分一致は極力購入しない など

細かいことは省きますが僕は最終的にキーワード自体がそこまで重要ではないと思うので、キーワードなんか好きにしたらいいとは思うものの、完全一致で網羅、部分一致は極力使わない、としたら、現実的な管理上の問題と、取り逃す成果がたくさん出るという問題とが発生するなぁと思います。
一語の部分一致の威力はすさまじいものがあるので、これを使わない手はないと思います。






Kazumiさんのおっしゃるとおり、セットだ!ということであれば確かに、完全に間違いだ!とも言えはしないですねw
ただしそれでも僕は間違っていると声を大にして言いたいです。
その検索クエリと一致するキーワードが設定された広告が検出されるわけですが、セットどうこう以前に順番がものすごく重要だとしか思えないからです。
広告の内容次第でヒットする検索クエリや、検索クエリごとのインプレッションも大きく変わるわけですから、意図する検索クエリで意図する広告を出したい場合、キーワードや構成そのもののことよりまず真っ先に広告の内容を全力で考えるべきだから、というのがまず一つ目の理由です。キーワードは二の次だ、ということで。

で、キーワードとグループ構成がどうでもいいということではもちろんなく…、
全力で広告を作ったうえで、意図する検索クエリで意図する広告を出そう、ということになればもちろん記事にあるような話のとおり、マッチタイプと除外ワードを上手く使って意図どおりのセットが作られるようにする、ということが考えられます。
そうすると、「自動化」という文字列を含む検索クエリはとにかくすべて「自動化」用の広告にヒットするようになるわけで、一見きれいな形で良さそうに思えますが、この場合、この広告は最大限の学習ができないはずです。
AdWordsは検索クエリ以外のあらゆる条件を見ているわけですが、「自動化」用の広告がそれを求める人に最大限配信されるようにするためには、検索クエリ以外の条件もためないといけないはずです。
となると、「自動化」用の広告には「効果」も「乗り換え」もその他もいろんなリスティング関連クエリがヒットしなければいけない、という考えになります。
と言うのも極端ですし、バカみたいに「リスティング広告」というクエリにがんがんヒットさせてそれだけで100万円使ってデータをためようというわけではないですし、「自動化」だけで十分なデータがたまるのであれば話は別なのかなどうかな、そこまでは自信ないですが。

また、
「自動化」用の広告を求める人が必ずしも「自動化」と検索しているのか?
「自動化」と検索した人が他も求めてもいないのか?
「自動化」以外の検索をした人が「自動化いいじゃん」と思うことがないのか?
ということは想定できる上に、実際に試してみると、やっぱりそんな単純なことじゃないなという結果はたくさん見受けられます。

以上のように考えると、
やっぱりとにかく1つの広告グループに全部の広告を設定して、キーワードも全部同じ広告グループに入れて(リスティング部分一致一つからはじめていいかもくらい)、
どのクエリでどの広告が出るべきか、出すべきか、AdWordsに全部判断させる、でいいのではないか、となります。

ここまでは理屈の上での話ですが、
実際に僕はこういうやり方をたくさん試してみて、AdWordsはやっぱりこういうやり方でこそ、人が作り出せない成果を生み出してるなぁとしか思えないんですよね。
こうやって進めていったところで、結局は「自動化」という文字列を含むクエリに対して「自動化」という文字列を含む広告がたいてい出ることにはなるのですが、インプレッションシェアも高まるしクリック単価も下がりがち(最近、むしろ上がりつつCV取りに行く動きも見てるんでよくわからないですけど)になり、はじめから決め打ちなのではなく学ばせたほうがいいなというようにしか思えません。


それと、商品が自動化ツールなのであれば、あらゆるクエリに対して自動化ツールのアピールをすることになるわけです。
すると、「効果」だろうが「乗り換え」だろうが大きくは変わらない広告を出すことになりますし、
ボリュームを考えたら「リスティング広告」という検索クエリでコンバージョンが取れるような広告とページを作らなければいけないですし、そうなるとやっぱり同じグループに統合して、このクエリにこの広告をという決め打ちをすることを優先的に考えることはなくなります。

また、「リスティング広告の効果を上げるなら自動化運用が最適。乗り換えを考えた人も一度見てみてください」みたいな広告作っちゃえば例に上がってる3つのクエリはカバーできますし、そういうこともやろうとしたら同じグループのほうがやりやすいですし、みたいな感じでやっぱり何はともあれだいたい同じグループのほうが広告の最適化はしやすいなぁと実感してます。


という前提で…、(長くてほんとすみません…)、クエリ → 広告 → キーワード の順番にこだわる理由の話ですが、

もし広告とキーワードがセットであるという捉え方で考えると、
僕的には、

「自動化」の広告 & 「効果」の広告 & 「乗り換え」の広告 & 「リスティング」という部分一致キーワード

が基本で、
最後のキーワードは運用開始後にがんがん変わります。
なのでセットとして考えるのもややこしいです。


もしセットとして

「自動化」&「自動化」
「効果」&「効果」
「乗り換え」&「乗り換え」

と考えると、この3セットを一つの広告グループに入れたとしても、これらのセットはがんがん崩れるので意味がありません。



そんな感じでして(上手く伝えられてる気もしなくて恐縮なのですが…)、
やっぱり

 クエリ → 広告 → キーワード

の順番が重要、

といいますか、

 クエリ → 広告

のことを考えることに8割くらい注力して、そのうえでキーワードを考えればいいかなというように思ってます。






> 検索クエリに対してどの広告クループ、どの広告を出していいかの候補がたくさんあるというのがコンフリクトだと思っています。

これは確かに問題のあるコンフリクトだなぁと思うのですが、

「検索クエリに対してどの広告を出していいかの候補がたくさんある」

というのであれば問題のあるコンフリクトではないと思ってます。
たくさんありすぎる意味はないですが。


ややこしいことはさておき意図するクエリで意図する広告をとにかく出したいのだ!それ以外は認めん!
と考えるならば僕が上記にあげたようなやり方ではなくなりますが、それを否定するつもりではありません。
僕が聞いて、試して実際に確認した結果からすると、こういうやり方に僕はなりました、ということですね。





なんかそんなにややこしくしたいつもりではないのですが長くややこしくなっちゃいました!すみません!
小西 一星

Re: 1広告グループ内のキーワードの数

トップコントリビューター
OKIさまのご質問の意図からもずれてて申し訳ないのですが、でも、キーワードの数の問題を考える際に、オークションがどうであるかを理解するところからなのではないかとも思います。
いわゆるHAGAKURE的な構成にしたい場合、今までのキーワード数を保とうとすると、広告グループが少なくなるから1広告グループあたりのキーワードが多くなるでしょうけど多分そういう問題ではなくて、ヒットさせるべきクエリをカバーできるキーワードが必要最低限入っていればまずはそれでいいと思います。
その後、クエリの状況を見て、足したり、削除したりします。
それで結果、キーワード数が20以下になってもそれより多くなっても、どちらでもいいと思います。
小西 一星