226 人が現在オンライン
226 人が現在オンライン
Google AdWords のアカウント構成、プロダクトの仕様や広告配信されない問題などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

GDR アイテム毎の数値確認

初級者 ✭ ✭

動的リマーケティング広告の配信を先月より開始致しました。

広告配信について、不明点が2点なのですがどなたかご教示頂けませんでしょうか。

 

①GDRではどのアイテムが何回表示、クリックされCVされたのか詳細分析タブなどで個別に確認する方法はございますでしょうか?

②GDRでは特定の商品カテゴリを切り出して入札単価を設定する事などは可能でしょうか?adwords_groupingというのは今は廃止されてますか?

 

恐れ入りますが何卒よろしくお願い致します。

1 人のエキスパートが返信verified_user

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者Naoyaさんが付与
5月

Re: GDR アイテム毎の数値確認

注目ユーザー
Naoya さん

GDR=動的リマーケティングとしてお答えいたします。

>①GDRではどのアイテムが何回表示、クリックされCVされたのか詳細分析タブなどで個別に確認する方法はございますでしょうか?

残念ながら確認することは出来ません。
フィードのアイテムのURLごとに固有のパラメータを付けることで、外部の広告効果測定ツールやアクセス解析で計測できそうな気はします。

>②GDRでは特定の商品カテゴリを切り出して入札単価を設定する事などは可能でしょうか?adwords_groupingというのは今は廃止されてますか?

Google Merchant Center用フィードの項目を用いて入札を変える事はできません。
特定の商品やカテゴリを切り出して入札を変えたい場合は、リマーケティングタグ側に任意のパラメータを追加で送信して、AdWords側でそのパラメータ値をキーにしてユーザーリストを作成すると言うイメージになります。

※adwords_groupingは廃止されました

ご確認のほどよろしくお願い致します。
田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります

元の投稿で解決策を見る


すべての返信
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者Naoyaさんが付与
5月

Re: GDR アイテム毎の数値確認

注目ユーザー
Naoya さん

GDR=動的リマーケティングとしてお答えいたします。

>①GDRではどのアイテムが何回表示、クリックされCVされたのか詳細分析タブなどで個別に確認する方法はございますでしょうか?

残念ながら確認することは出来ません。
フィードのアイテムのURLごとに固有のパラメータを付けることで、外部の広告効果測定ツールやアクセス解析で計測できそうな気はします。

>②GDRでは特定の商品カテゴリを切り出して入札単価を設定する事などは可能でしょうか?adwords_groupingというのは今は廃止されてますか?

Google Merchant Center用フィードの項目を用いて入札を変える事はできません。
特定の商品やカテゴリを切り出して入札を変えたい場合は、リマーケティングタグ側に任意のパラメータを追加で送信して、AdWords側でそのパラメータ値をキーにしてユーザーリストを作成すると言うイメージになります。

※adwords_groupingは廃止されました

ご確認のほどよろしくお願い致します。
田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります

Re: GDR アイテム毎の数値確認

初級者 ✭ ✭

残念ながら確認することは出来ません。
フィードのアイテムのURLごとに固有のパラメータを付けることで、外部の広告効果測定ツールやアクセス解析で計測できそうな気はします。

ありがとうございます。残念ですね。。アイテム毎にパラメーター振る方向を検討させて頂きます。

 

特定の商品やカテゴリを切り出して入札を変えたい場合は、

リマーケティングタグ側に任意のパラメータを追加で送信して、

AdWords側でそのパラメータ値をキーにしてユーザーリストを作成すると言うイメージになります。

ありがとうございます。そういうやり方が出来ますね。勉強になりました。

このトピックのエキスパート
Hiroki Tanaka