185 人が現在オンライン
185 人が現在オンライン
Google AdWords のアカウント構成、プロダクトの仕様や広告配信されない問題などについて、ユーザー同士で意見交換ができます。運用者ならではの質問や回答を投げかけ合って問題を解決していきましょう。
ガイドを表示
star_border
返信

Merchant Center上でのデータフィードエラーの対応方法について

上級者 ✭ ✭

初めてGoogleショッピング広告に挑戦しているのですが、

Google Merchant Centerでデータフィードをアップロードした際に、下記のようなエラーが表示されました。

 

「不適切な商品 ID: [GTIN]、[ブランド]、[MPN] の 3 つの属性のうちの 2 つが指定されていません。」

「[google product category] の値が不明です」
「推奨属性 description が指定されていません」

 

 

①上記のようなエラーが出た際、無視して進めてしまっていいのでしょうか。それとも対応は必要でしょうか。

 

②マスターデータ上の半数以上の商品にJANコードも、ブランドも、製品番号もない場合、どのように対応したらいいのでしょうか。

 

③google product categoryやdescriptionなど、マスターデータに情報がない場合、みなさんどのように対応されているのでしょうか。

 

 

対象サイトはギフトの通販で、商材はタオルやお菓子、洗剤など様々で、商品点数は1万点程度です。

 

3点もまとめて質問し、申し訳ございません。

何卒、よろしくお願い致します。

 

1 人のエキスパートが返信verified_user

受理された解決策
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者Chikara Wさんが付与
3月

Re: Merchant Center上でのデータフィードエラーの対応方法について

[ 編集済み ]
注目ユーザー

Chikara W さん

 

お答えします!

①上記のようなエラーが出た際、無視して進めてしまっていいのでしょうか。それとも対応は必要でしょうか。

エラーが出ているアイテムは対応が必要です。

 

identifier_exists」を「no」とすればエラーを回避できますが、自社製造の商品やアンティーク商品などで本当に固有商品IDが存在しない場合のみに使います。

 

ただし感覚値として、このように情報量が少ない場合では、google_product_categoryで指定したカテゴリ内で競合する他社と比較したときに、商品フィードの品質は相対的に下がるので、競合ばかり表示されて、自社商品がなかなかインプレッションしてくれないケースに陥ることが多いです。

 

②マスターデータ上の半数以上の商品にJANコードも、ブランドも、製品番号もない場合、どのように対応したらいいのでしょうか。

もし値が存在するのであれば、まずは商品マスターデータベース側でデータの修正を行い、正しいデータを登録しておくことをオススメしています。

それが難しいということであれば、前述の「identifier_exists」属性を「no」にしてMerchantCenterにアップロードするかですね…。

ただし、「no」にした商品は前述の理由で、なかなかインプレッションしない可能性が高いです。

 

③google product categoryやdescriptionなど、マスターデータに情報がない場合、みなさんどのように対応されているのでしょうか。

恐らく対応方法は様々だと思います。

 

一例として、マスターデータを加工できない場合は、Merchant Centerのフィードのルールと言う機能を使うことで、例えば「商品名に◯◯が含まれる場合に、google_product_categoryを▲▲に設定する。」みたいな自動化を行うことが出来ます。(ただしこれも、商品名など他のデータを基にするので、参考になるようなデータすらない場合は厳しいですが・・・)

 

フィードのルールについて

https://support.google.com/merchants/answer/6302307?hl=ja&ref_topic=6309471

 

結局、0からは1を生み出すことは出来ないので、基本的にはマスターデータを整えましょう。と言う話に収束する気がいたします。商品マスターデータの精度が高めると言うのは、商売の前段として超重要なことだと思いますので、広告主側できっちり対応してもらえるのがベストかなと思います。

 

ここからは余談になるのですが、個人的に商品フィードには可能な限り判明制ている情報は入れましょう!って話をしております。それはなぜかと言うと、商品フィードって就活で使うエントリーシートや履歴書みたいなものを想像してもらえればと思うんですが、そのときに提出されたその書類に情報法が僅かだった場合と、適切な情報がびっしりと書かれていた場合だったらどちらに興味を持ちますか?というのと似てますよね。

 

参考になりますと幸いです。不明点があれば追加でご質問いただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります

元の投稿で解決策を見る


すべての返信
ベストアンサーのマーク済み.
解決策
トピック作成者Chikara Wさんが付与
3月

Re: Merchant Center上でのデータフィードエラーの対応方法について

[ 編集済み ]
注目ユーザー

Chikara W さん

 

お答えします!

①上記のようなエラーが出た際、無視して進めてしまっていいのでしょうか。それとも対応は必要でしょうか。

エラーが出ているアイテムは対応が必要です。

 

identifier_exists」を「no」とすればエラーを回避できますが、自社製造の商品やアンティーク商品などで本当に固有商品IDが存在しない場合のみに使います。

 

ただし感覚値として、このように情報量が少ない場合では、google_product_categoryで指定したカテゴリ内で競合する他社と比較したときに、商品フィードの品質は相対的に下がるので、競合ばかり表示されて、自社商品がなかなかインプレッションしてくれないケースに陥ることが多いです。

 

②マスターデータ上の半数以上の商品にJANコードも、ブランドも、製品番号もない場合、どのように対応したらいいのでしょうか。

もし値が存在するのであれば、まずは商品マスターデータベース側でデータの修正を行い、正しいデータを登録しておくことをオススメしています。

それが難しいということであれば、前述の「identifier_exists」属性を「no」にしてMerchantCenterにアップロードするかですね…。

ただし、「no」にした商品は前述の理由で、なかなかインプレッションしない可能性が高いです。

 

③google product categoryやdescriptionなど、マスターデータに情報がない場合、みなさんどのように対応されているのでしょうか。

恐らく対応方法は様々だと思います。

 

一例として、マスターデータを加工できない場合は、Merchant Centerのフィードのルールと言う機能を使うことで、例えば「商品名に◯◯が含まれる場合に、google_product_categoryを▲▲に設定する。」みたいな自動化を行うことが出来ます。(ただしこれも、商品名など他のデータを基にするので、参考になるようなデータすらない場合は厳しいですが・・・)

 

フィードのルールについて

https://support.google.com/merchants/answer/6302307?hl=ja&ref_topic=6309471

 

結局、0からは1を生み出すことは出来ないので、基本的にはマスターデータを整えましょう。と言う話に収束する気がいたします。商品マスターデータの精度が高めると言うのは、商売の前段として超重要なことだと思いますので、広告主側できっちり対応してもらえるのがベストかなと思います。

 

ここからは余談になるのですが、個人的に商品フィードには可能な限り判明制ている情報は入れましょう!って話をしております。それはなぜかと言うと、商品フィードって就活で使うエントリーシートや履歴書みたいなものを想像してもらえればと思うんですが、そのときに提出されたその書類に情報法が僅かだった場合と、適切な情報がびっしりと書かれていた場合だったらどちらに興味を持ちますか?というのと似てますよね。

 

参考になりますと幸いです。不明点があれば追加でご質問いただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

田中 広樹 (Hiroki Tanaka) ※疑問が解決された場合は、参考になった回答に対して「✓解決策マークを付ける」のクリックをしていただけると、同じ疑問を持たれた方の参考にもなるので助かります

Re: Merchant Center上でのデータフィードエラーの対応方法について

上級者 ✭ ✭
Hiroki Tanaka 様


いつもご回答いただきありがとうございます。

エラーや警告はやはり対応が必要なんですね。
わからないことだらけですが、せっかく出稿するならしっかりインプレッションするように、もう少し手間を掛けてでもなんとか対応しようと思います。

お伝えいただきました通り、ある情報はすべて活用し、不足箇所は可能な限り効率的に対応できるようにもう一度対応を考えてみます。

経験豊富な方のアドバイス、非常に参考になりました。
ありがとうございました。
このトピックのエキスパート
Hiroki Tanaka