123 人が現在オンライン
123 人が現在オンライン
Google マイビジネス 学習資料
star_border

Google マイビジネスのご利用を開始する方法

お客様のビジネスが Google マイビジネスの対象になることが確認できたら、ご利用の開始に向けて準備をしましょう。対象に含まれているかどうかわからない場合は、Google マイビジネスの対象ビジネスの記事をご覧ください。

ご利用を開始するには、まず Google にどのようなビジネス情報を掲載できるのか理解している必要があります。詳しくは、Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドラインをご覧ください。

 

ビジネス情報


Google マイビジネスを開始するにあたり、登録が必要なビジネス情報について簡単にご説明します。なお、ビジネスの拠点ごとに作成できるページは 1 つのみである点にご注意ください。アカウントが複数ある場合でも、複数のページは作成できません。

 

名前


店舗、ウェブサイト、事務用品などで使用し、顧客に認知されている、実際のビジネスの名称を使用します。正確なビジネス名を入力すると、ユーザーがオンラインで検索するときにお客様のビジネスを見つけやすくなります。

 

ビジネス名に不要な情報を含めると、リスティングが停止される場合があります。キャッチフレーズ、店舗コード、商標マーク、位置情報、電話番号などの情報は、ビジネス名に追加しないでください。

 

チェーン店やブランドの場合は、実際の店舗名が場所により異なる場合を除いて、すべてのビジネス拠点で一貫した名称を使用する必要があります。チェーン ビジネスについては、今後また詳しく取り上げる予定です。

 

住所


お店やサービスの所在地を示す詳細な住所を正確に記載してください。

 

Google マイビジネスの対象ビジネスについての記事にあるとおり、私書箱を住所として指定することはできません。とはいえ、私書箱をお使いのお客様も Google マイビジネスをご利用いただけます。オーナー確認の方法については、今後の記事で取り上げます。

 

同じ住所であってもブランドが明らかに異なる場合、または部屋番号が明示されている場合は、複数のページを作成することができます。たとえば、ある車のディーラーが店舗の一角で車 A を、別の一角で車 B を販売しており、それぞれのブランドの看板を掲げている場合は、ブランドごとに別個のページを持つことができます。

 

入力した住所が許可されない場合は、地図上に直接ピンをドロップすることができます。詳しくは、ビジネス拠点にピンを設定をご覧ください。

 

電話番号とウェブサイト


お客様のビジネス拠点に直接つながる専用の電話番号を指定します。可能であれば市内番号か、ヘルプラインがある場合はその番号を使用してください。

 

ウェブサイトを掲載しているリスティングは、掲載していないリスティングに比べて 25~35% 多くのクリックを獲得できます。指定するウェブサイトはお客様のビジネスのサイトでなければならず、他の事業者のランディング ページにユーザーをリダイレクトすることはできません。ウェブサイトをお持ちでない場合は、Google マイビジネスで無料のウェブサイトを作成できます。Google マイビジネスのウェブサイトは、ビジネス向けのシンプルなものであり、お客様のお店やサービスをオンラインで紹介することを目的としています。モバイル ユーザー向けの最適化も無料で行えます。

 

営業時間


地域のビジネス情報を検索するユーザーの 40% は、営業時間を確認することが目的です。Google マイビジネスのダッシュボードで、顧客に対応可能な通常の営業時間を指定してください。営業時間が日によって異なる(上演、礼拝などその日の活動によってスケジュールが決まる)ビジネスや、完全予約制のビジネスなどの場合は、営業時間を指定しないでください。

 

祝祭日や特別イベントなどの特定の日に対して特別営業時間を指定することも可能です。詳しくは、特別営業時間を設定する、および Google で使用する祝日のリストをご覧ください。

 

Google マイビジネスで特別営業時間を設定すると、祝祭日には祝祭日用の営業時間があることがユーザーに通知されます。特別営業時間を設定していない場合、Google マップや Google 検索のユーザーには祝祭日の営業時間は通常と異なる可能性があることが通知されます。

 

カテゴリ


適切なカテゴリを選択すれば、どのようなサービスを提供しているかをユーザーに一目で伝えることができ、オンラインでサービスを検索するユーザーに見つけてもらいやすくなります。チェーン店やブランドの場合、同じサービスを提供するビジネス拠点では、すべて同じカテゴリを設定する必要があります。

 

以下のヒントを参考に、ビジネスの最適なカテゴリ(状況によっては、複数も可)を選択してください。

 

● ユーザーに表示されるカテゴリは 1 つだけなので、基本的には 1 つのカテゴリのみを選択します。ただし、サービスを正確に表していると思われるカテゴリが 2 つある場合は、2 つ選択できます。

● 具体的なカテゴリを設定してください。カテゴリはお客様の中心となるサービスを適切に表すものでなければならず、単にビジネスの属性を示すカテゴリは使用しないでください。

● 近隣の、または関連する他のビジネス(社内に他のビジネスの店舗がある場合など)のカテゴリを指定することはできません。たとえば、ホテル内に有名なレストランがある場合でも、「ホテル」以外のカテゴリは使用できません。

 

まずは、一般的なカテゴリのリストをご確認ください。リストにない新しいカテゴリをリクエストする場合は、管理画面ないの [サポート] > [フィードバック] からリクエストをお送りください。

 

feedback.jpg

 

 

URL


 一部のカテゴリでは、メニュー、オンライン注文、予約ページなどへのリンクを提供することができます。

 

メニューは、ユーザーがお客様のビジネスで利用できる商品やサービスの内容を表すものにします。飲食店であれば、朝食やランチ、ディナーなど、全メニューを記載でき、その他のメニューページへのリンクを表示することも可能です。人気メニューのみを記載したサンプル メニューは送信できません。

 

ヒント: URL は、ダッシュボードから直接編集することができます(現時点では、モバイルでは編集できません)。詳しくは、ヘルプセンター記事「Google に表示されるビジネス リスティングを編集する」をご覧ください。

 

お客様のビジネス情報を確認する方法


登録したビジネス情報は、Google マップや Google 検索などの Google サービスで表示されます。ダッシュボードでリスティングのリンクをクリックすると、オンラインでお客様のビジネスがどのように表示されているかを確認できます。

 

 

Screen Shot 2017-10-30 at 4.05.20 PM.png

 

 

 

別の方法として、アカウントにログインし、カード表示に切り替えて、 場所表示で確認することもできます。

注: 新しいページが Google 検索やマップに表示されるまでには、数日かかる場合があります。

 

Screen Shot 2017-11-13 at 12.25.03 PM.png

 

 

 

詳細情報


 登録する各ビジネス情報の詳細や具体例、承認を受けた代理人などのガイドラインについては、Google でお客様のビジネスを紹介する方法に関する記事をご覧ください。

   

0 いいね!