241 人が現在オンライン
Google AdWords 公式ブログ
favorite_border

「デバイスをまたいだコンバージョン」のデータが [コンバージョン] 列に含まれ、自動入札で参照できるようになりました

このブログは、2015年11月11日に Inside AdWords-Japan 公開されたものです。

 

  

Go to your blog list View blog Built-On Built-At Google Blog Inside AdWords-Japan(旧ブログ) · Post 「デバイスをまたいだコンバージョン」のデータが [コンバージョン] 列に含まれ、自動入札で参照できるようになりました Update Revert to draft Preview Close ComposeHTML Link Posted by Wilfred Yeung - AdWords 入札機能上級プロダクト マネージャー

今日のユーザーは日々複数のデバイスを使い分け、常にオンライン環境に身を置いています。職場では PC、家庭ではタブレットといった具合に、複数のデバイスをシームレスに切り替えながら、ショッピングやコミュニケーションを楽しんでいます。実際、オンラインで買い物をするユーザーの 40% 近くは、購入前にスマートフォンで情報収集を行い、最終的な注文は PC やタブレットで行っています1

Google では数年にわたって、デバイスをまたいだコンバージョンのトラッキングに取り組んできました。今では世界中の広告主様が、デバイスをまたいだ分析情報を基に、検索、ディスプレイ、ショッピング キャンペーンの真価を測定できるようになっています。

 

デバイスをまたいだコンバージョンが [コンバージョン] 列に含まれるように


このたび、デバイスをまたいだコンバージョンのデータがキーワード単位で測定できるようになり、 [コンバージョン] 列に反映されるようになりました。この列には、サイトでの売り上げやアプリ ダウンロードなどが含まれています。

なお、[コンバージョン] 列に含まれるのは、設定ページで [コンバージョン数に含める] ように設定したコンバージョン アクションのデータのみです。ここで除外したものを含む、すべてのコンバージョンのデータは、[合計コンバージョン数] 列で確認できます。



 

デバイスをまたいだコンバージョンと自動入札


この [コンバージョン] 列のデータは、コンバージョンに基づく入札戦略(コンバージョン オプティマイザーや目標コンバージョン単価など)でも参照されます。

つまり、[コンバージョン] 列にデバイスをまたいだコンバージョンを含めるように設定することで、自動入札機能の計算にこのデータを含められるようになります。


設定方法:

  1. AdWords 管理画面で [運用ツール] > [コンバージョン トラッキング] を開きます。
  2. [設定] の [自動入札で参照するコンバージョン指標] で、[コンバージョン] を選択します。[コンバージョンに至ったクリック] を選択すると、デバイスをまたいだコンバージョンに関する機能は利用できません。
  3. [高度なコンバージョンを含む] をクリックし、デバイスをまたいだコンバージョンデータを [コンバージョン] 列に含める旨のチェック ボックスをオンにします。



Google では引き続き、マルチスクリーン時代のコンバージョン分析や意思決定のサポートに取り組んでまいります。デバイスをまたいだコンバージョンのデータ自動入札で活用する仕組みについては、ヘルプセンターをご覧ください。また、AdWords の自動入札の仕組みをまとめたガイド(検索向け)・(ディスプレイ向け)もあわせてご参照ください。

1 「The Role of Mobile Search on Store Purchases」、Google / Ipsos Media CT、2015 年 8 月。過去 3 か月以内に達成された購入が対象。 Post settings Labels コンバージョン, コンバージョン オプティマイザー Published on 11/11/15, 8:30 AM 日本標準時 Permalink Location Options Complain to Blogger

0 いいね!