295 人が現在オンライン
295 人が現在オンライン
Google AdWords 公式ブログ
star_border

広告が表示されない様々な理由 - その1 審査結果が不承認の場合

このブログは、2008年11月28日に Inside AdWords-Japan 公開されたものです。

 

 

Posted by 倉光 良典 オンラインビジネス ソリューション チーム
 
広告主の皆様から、「広告が表示されない」というお問い合わせを頂くことがあります。
 
広告が表示されない原因は色々と考えられますが、「新しく作成した広告が一向に表示されない」場合や、「広告を編集することで、表示されなくなった」場合は、お客様の広告原稿やリンク先のウェブサイトが AdWords 広告審査の基準 を満たさず、不承認となった可能性が考えられます。
 
今回は、皆様により円滑に広告を出稿していただけますよう、審査結果の確認方法と、不承認となった場合の対処方法をご紹介します。
 
 
STEP1: 不承認通知メール・ [不承認の広告ツール] で不承認広告を確認する
審査の結果、広告が不承認となると AdWords に登録してあるメールアドレスに審査結果が通知されます。まずはこのメールが受信されていないか確認しましょう。この不承認通知のメールには、不承認となった広告が含まれるキャンペーン・広告グループ、不承認の理由などの情報が記載されています。文中にあるリンクより、不承認広告をご確認いただけます。
 
また 管理画面にログインして [キャンペーン管理] タブにある [運用ツール] へ移動し、その中から [不承認の広告ツール] をクリックします。アカウント内に不承認の広告がある場合、下図のように該当の広告が一覧で表示されます。 
 
クリックして拡大
 
 
STEP2: 広告の不承認理由を確認する
不承認の広告があった場合は、上図の [詳しくはこちら] ボタンをクリックし、その理由をよく確認しましょう。不承認理由がよくわからない場合は、該当の広告がある広告グループの [広告のパターン] タブへ移動してください。 [不承認の理由] からより詳しく記載されているヘルプセンターを閲覧することができます。
 
クリックして拡大
 
 
STEP3: 不承認の理由を解消し、再審査のフローへ広告を送信する
問題箇所が、広告フォーマット ( テキスト広告やイメージ広告など ) にあるのか、それともリンク先のウェブサイトにあるのかによって、その後の流れは異なります。
 
* 広告テキストに問題箇所がある場合
広告テキストに許可されていない文字や記号、不適切な表現が含まれて不承認となった場合、広告テキストを修正する必要があります。 [不承認の広告ツール] で表示された広告の右側にある [広告の編集] ボタンから広告の編集が可能です。問題箇所を修正し、変更を保存すると、広告は自動的に再審査の手続きに移ります。
 
* リンク先のウェブサイトに問題がある場合
リンク先のウェブサイトに記載すべき連絡先情報に不備があり、不承認となった場合、ウェブサイトを修正する必要があります。
 
ここでご注意頂きたいのは、お客様がウェブサイトを変更したことは Google では自動的に把握できない点です。そのため、ウェブサイト修正後、広告原稿の内容に変更がない場合でも、一度、不承認となった広告の再送信を行ってください。そうすることで 再審査の手続きに移ります。
 
 
なお、お問い合わせ件数の多い不承認の理由としては以下が挙げられます。
 
その他、AdWords 広告掲載ポリシーに関しては、こちらをご覧ください。
 
※これらは 2008 年 11 月 28 日時点での広告審査基準です。審査の基準は予告なく変更されることがあります。最新の情報は必ず AdWords 広告掲載ポリシーでご確認ください。
 
 
また、AdWords では、広告を編集すると再度審査を行う必要があり、審査中は広告配信されない場合があります。編集中も広告が継続して掲載されるようにするには、実行中の広告を編集するのではなく、同じ広告グループに新しい広告を追加します。 こうすることで、新しい広告の確認が完了するまでの間も、Google ネットワークにこれまでの広告を掲載できます。
 
 
仮に広告が不承認となった場合でも、適切な対処をしていただくことで、掲載可能となるケースも多くあります。表示機会のロスを最低限に抑えるためにも、いち早くその理由を把握できる [不承認の広告ツール] を活用し、迅速に不承認理由を解消していただければ幸いです。

0 いいね!