136 人が現在オンライン
136 人が現在オンライン
Google AdWords 公式ブログ
star_border

AdWords ポリシー:ブリッジ ページのより詳細な掲載基準と、サイト ポリシー入門ガイド公開のお知らせ

このブログは、2014年3月7日に Inside AdWords-Japan 公開されたものです。

 

 

Posted by AdWords サポートチーム

 


「ブリッジ ページ」とは、アクセスしたユーザーにとって有益となる独自のコンテンツを提供することなく、別のドメインへ誘導することを主目的としたウェブページ、またはサイトの構造を指します。

特に、比較系ランキング サイトは他サイトへの誘導(紹介)を最終目標としているため、AdWords の掲載基準を満たすことが難しく、ブリッジ ページが原因で広告掲載が停止してしまうケースが非常に多く見受けられます。

前回のブリッジ ページについてのブログ記事では、ポリシーの概要を説明させていただきましたが、今回は、特によくお問い合わせをいただく点を中心に、より詳細な掲載基準をご紹介いたします。

まずは、以下の 【許可されるケース】 をご覧ください。


【許可されるケース】

”絞り込み検索” 後に検索結果を ”並べ替える機能” が設置されているサイト


このサンプル サイトは、最終的にクレジット カードの公式サイトにユーザーを誘導する比較サイトの一例です。別ドメインである公式サイトへ遷移するため、本来はブリッジ ページとみなされて掲載ができない場合があります。

しかしながら、このサイトには独自の絞り込み検索機能と検索結果の並べ替え機能が設けられているため、ユーザーに十分な付加価値をもたらすサイトとして、掲載が可能です。


続いて、【許可されないケース】の一覧を以下に紹介いたします。


【許可されないケース 1】

検索結果を任意で ”並べ替える機能” が不足している例


例えば、上記のサイトのように絞り込み検索機能、または並べ替え機能のいずれかが欠如している場合は、有益な独自機能を持つサイトとはみなされず、広告を掲載いただくことができません。


【許可されないケース 2】

また、 検索/並び替え機能における検索条件や掲載する商品の数が豊富でない場合にも、ブリッジ ページと判断されます。

”絞り込み検索”の検索条件が不足している例


比較・検索できるカード数が十分ではない例



【許可されないケース 3】

さらに、絞り込み検索機能がページのメインコンテンツでない場合も、広告を掲載いただけない場合があります。

“絞り込み検索” 機能以外のコンテンツがリンク先ページの大部分を占めている例



以上、広告主の皆さまからよくお問い合わせをいただくブリッジ ページに関してのまとめをさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

日頃から Google AdWords では全ての広告を通して、より良質な情報をユーザーに提供したいと考えております。場合によっては大々的な変更が求められることもありますが、ユーザーの利便性向上はサイトの品質の向上にも繋がりますため、ご協力のほどお願いいたします。

さらに詳しく知りたい方は、AdWords 広告掲載のポリシーをご覧ください。


また、この程 AdWords のリンク先ページに関するポリシーのうち、特に違反の多いものについて解説した「AdWords サイト ポリシー入門ガイド」を作成いたしました。
ブリッジ ページを含む、以下の項目について解説しています。

  • ドメイン パーキング
  • 稼働していないサイト
  • ブリッジ ページ
  • 情報収集
  • 不正なソフトウェア
  • フィッシング
  • ユーザーの安全性

こちらのヘルプ ページからダウンロードいただけますので、是非ご活用ください。

2014 年 9 月 22 日追記
本記事には、古い情報が含まれています。AdWords 広告掲載ポリシーの最新情報に関しては、新しくなったポリシー センターをご確認ください。

0 いいね!