413 人が現在オンライン
413 人が現在オンライン
Google AdWords 学習資料
star_border

オンラインマーケティングの未来を先取りする Google AdWords のスマート自動入札ソリューション

Screen Shot 2017-12-04 at 2.17.00 PM.png

 

 

かつて農作業の生産性は、働き手の数と作業時間によって決まっており、あらゆる工程で人の手による作業が不可欠でした。しかし、今日では、テクノロジーを利用して人的労力を大幅に削減し、より多くの農作物を生産して増え続ける需要に応えられるようになっています。


同様に、広告でも従来は広告の入札単価を手作業で管理することが一般的でしたが、現在は判断材料となるシグナルが増えるに従い、入札単価の設定を手動で効果的に行うことは難しく、また多くの時間がかかるようになってきています。


農業がテクノロジーの発展ともに変化したように、広告の入札単価の設定も、Google AdWords のテクノロジーの力でさらにスマートに、すばやく、効果的に行うことが可能になっています。

 

 

AdWords のスマート自動入札ソリューションを導入する 3 つのメリット

 

1. より迅速に

AdWords の機械学習を活用して何百万ものシグナルを迅速に分析し、オークションごとに入札単価を自動的に設定します。

 

参考:AdWords スマート自動入札について-自動入札で使用されるシグナル

 

2. よりスマートに

繰り返し発生する入札単価の管理業務を自動化することで、より戦略的な業務に集中できるようになります。

 

3. よりよい成果を

指定予算の範囲で費用対効果を最大限に高めることができます。

 

 

  マーケティング目標に沿ったスマート自動入札戦略を選びましょう

 

拡張クリック単価

1.拡張クリック単価 (eCPC)

上限クリック単価を適切にコントロールしつつ、コンバージョン数を高めます。

対象キャンペーン:検索、ディスプレイ、ショッピング

適するケース:

  • キーワードの入札単価やデバイスの入札単価調整は従来どおりコントロールしつつ、コンバージョンをさらに増やしたい
  • 入札単価の自動化は試してみたいが、より包括的なスマート自動入札ソリューションに移行する前にもう少し様子を見たい
  • コンバージョン数が少なく、他のスマート自動入札ソリューションの利用条件をまだ満たしていない

 

コンバージョン数の最大化

2.コンバージョン数の最大化

指定予算内で最大限のコンバージョンが得られるようにします。

 

対象キャンペーン:検索

適するケース:

  • 予算はそのままで、より多くのコンバージョンを獲得したい
  • コンバージョン単価の具体的な目標はなく、コンバージョン数を最大化することを重視する
  • 該当キャンペーンが過去 30 日間で 15 件以上のコンバージョンを獲得している
  • 該当キャンペーンに予算の制約があり、インプレッション シェアが 90% を割っている

目標コンバージョン単価

 3.目標コンバージョン単価 (目標 CPA)

目標コンバージョン単価を維持しつつ最大限のコンバージョンが得られるようにします。

 

対象キャンペーン:検索、ディスプレイ

適するケース:

  • 特定のコンバージョン単価の範囲でコンバージョンを増やしたい
  • 該当キャンペーンに「予算による制限」のステータスが表示されていない

目標広告費用対効果

4.目標広告費用対効果 (目標 ROAS)

指定された広告費用対効果の目標を守りつつ、コンバージョンあたりの価値を最大化します。

 

対象キャンペーン:検索、ディスプレイ、ショッピング

適するケース:

  • コンバージョンごとに価値が異なっており、指定された広告費用対効果の目標を守りつつ得られる価値を最大化したい
  • 該当キャンペーンで十分な量のコンバージョン(例: 月 100 件超)が発生している

  

  設定方法(AdWords リニューアル版)

 

  • AdWords にログインします。
  • ページメニューの [キャンペーン] をクリックします。
  • 編集するキャンペーンの名前をクリックします。
  • ページメニューの [設定] をクリックします。
  • [単価設定]、[入札戦略を変更] の順にクリックします。
  • プルダウン メニューで入札戦略を変更します。
  • [保存] を選択します。

0 いいね!