173 人が現在オンライン
173 人が現在オンライン
Google AdWords 学習資料
star_border

予算によるインプレッションシェア損失の解消

予算によるインプレッション シェア損失の解消.png

 

 

  機能の概要

 

  • 現在設定されている予算が、想定される 1 日の実際の費用よりも少額であるために、広告の表示に制限がかかっておりで、インプレッション シェア損失率(予算)が大きい状態です
  • このままだと、成果が芳しくないキーワードや配信方法に予算が費やされると同時に、本来的に成果を上げられるものに費用の消費を集中させにくく、非効率な運用状況が継続します

 

インプレッション シェア損失率(予算)とは?

 

予算不足が原因で、検索 ネットワークや ディスプレイ ネットワークに広告が表示されず、インプレッション シェアを失っている割合のことです。なお、インプレッション シェアは、表示される可能性があった回数(推定値)で実際の表示回数を割ることで算出されます。

 

 

  導入によるメリット

 

  • 予算による制限が外れることによってインプレッション シェアの損失率が低下し、パフォーマンス向上につながる機会が増加します > 表示回数の増加 / クリック数の増加 / コンバージョン数の増加が期待できます。
  • キャンペーン設定の調整によって、成果のよいキーワードや配信方法に予算を傾けることができ、効率的な運用が可能となります。

 

 

  ベスト プラクティス

 

  • キャンペーンの [設定] タブ → [単価設定と予算] セクションの [配信方法(詳細)] → 編集 から [標準] を選択し、広告を 1 日の中で均等に表示するように設定してください。
  • 現状の予算の範囲内で、効率的に運用できるよう手法を設定してください。 
  • キャンペーンの [設定] タブ → [入札戦略] セクションから、クリック数の最大化 を選択
  • 成果指標や費用の消化度を鑑みて、優先度が低い他のキャンペーンと予算を共有 / 再配分
  • キャンペーンの [キーワード] タブ → [表示項目] から [入札単価シミュレーション] 項目を表示し、成果を鑑みて不要な個別キーワードごとの入札単価を下げてください。
  • キャンペーンの [設定] タブで、[予算] セクションの横にある [編集] をクリックし、 1 日の推奨予算を確認し、適宜増額調整してください。

 

 

 

 上記情報は2016年5月25日現在の過去平均データに基づくもので、数値は変動する可能性がございます。
また、数値情報はあくまで過去の平均データに基づくものであり、必ずしもGoogleが成果を保証するものではありません。