159 人が現在オンライン
159 人が現在オンライン
Google マイビジネス 学習資料
star_border

写真の削除方法(2017年7月現在)

ビジネスに関連付けられた写真は大きく次の3つのケースが考えられ、投稿者によって削除の方法が異なります。ケースに応じて写真の削除方法をまとめてみましたので、写真についてお困りの際には参照ください。

 

  1. ビジネスオーナー自身による投稿写真を削除する
  2. 一般ユーザーが投稿した写真を削除する
  3. ビジネスオーナーがGoogleマップから投稿した写真を削除する

 

 

 

1.ビジネスオーナー自身による投稿写真を削除する


ビジネスオーナーがGoogleマイビジネスの管理画面から写真を投稿した場合は、同様にして管理画面上から削除できます。一般に、このケースでは100%写真は削除されます。

 

■手順 

下図の通りGoogleマイビジネスにログインし、左メニューから①「写真」、上部タブから②「オーナー撮影」を選択します。

管理画面1管理画面1

 

次に、管理画面から削除したい写真を選択します。

管理画面2管理画面2

 

最後に、写真の右上に表示された④「ゴミ箱アイコン」を選択します。

管理画面3管理画面3


 

 

2.一般ユーザーが投稿した写真を削除する


残念ながら、このケースの場合は確実に削除されるという保証はありません。また、途中経過や結果の報告もありませんのでご了承ください。手順と方法は、あくまでもGoogleに対する「報告」であって、第三者が客観的に明らかに間違いであると判断できる場合と、写真投稿のポリシーに違反していると判断された場合のみ削除の対象になります。

 

※Googleのシステムによって自動的に表示された写真の場合も、同様の「報告」を行って頂くことになります。

 

■手順

下図のように上部「お客様撮影」とされた写真は、ビジネスに対して投稿された写真ですが、Googleマイビジネスの管理画面から削除したり、Googleへ報告をすることは出来ません。

※2017年11月現在、写真を選択して右上の「旗マークアイコン」からGoogleへ報告が可能になっています。

管理画面4管理画面4

 

そこで、明らかにビジネスと無関係と判断できる写真についてはGoogleマップから「報告」という形でGoogleへ報告することになります。Googleマップからご自身のビジネスを表示頂くと⑤「N枚の写真」と表示された場所がありますので、これを選択し、対象の写真を探します。

Googleマップ1Googleマップ1

 

対象の写真を表示させた状態でブラウザ右下隅の「問題の報告」を選択します。

Googleマップ2Googleマップ2

 

問題を報告する際には、なかなかズバリの理由が表示されないのですが近しい理由を選んでいただくと良いかと思います。特に連絡がもらえる訳ではないのですがメールアドレスはGmailで構いませんので連絡可能なメールアドレスを入力、プログラムが自動で行っているのではなく人間が報告をしていることを示す「フレーズの確認」にチェックを入れ、最後に忘れずに「送信」ボタンをクリックします。

Googleマップ3Googleマップ3


 

 

3. ビジネスオーナーがGoogleマップから投稿した写真を削除する


例外的に、マイビジネスのオーナーがGoogleマップから写真投稿している場合は確実に写真を削除することが可能になります。このケースは、ビジネスオーナーがユーザーとして写真を投稿してしまっているということになります。ですから、マイビジネスではなくGoogleマップユーザー側からの削除手順になります。

 

■手順

Googleマップを開きます。この場合、スマートフォンのGoogleマップアプリでも同じことが可能です。

左上部に表示されている検索窓から三本線メニューを選択すると⑥「自分の投稿」があるので選択します。

Googleマップ4Googleマップ4

 

⑦「写真」を選択して下方向へスクロールし、関連付けたビジネスの名称を探します。下へ行くほど古い投稿しなっているので、最近の写真なら比較的すぐに見つけることが出来ます。

Googleマップ5Googleマップ5

 

 

写真を見つけたら、少々わかり難いのですが、該当写真の右上に表示されている「・」が縦に3つ並んだメニューをクリックします。「この写真を削除」と「共有」の2通りが表示されますので、「この写真を削除」を選択します。

Googleマップ6Googleマップ6


 

以上が大まかな写真削除の方法です。

まだまだ始まったばかりで機能が拡大途中のGoogleマイビジネスですから、思うようにならない事も多々あります。もう少しビジネスオーナーの管理権限が強くても良いのではないかと思うケースもありますが、今後更に改善されていくことを期待します。

 

インターネットは人の性善説に基づき開始されています。一部の心無いユーザーの存在は否定しませんが、誰かが間違って写真を投稿してしまう事だってあると思います。ビジネスオーナーの皆様には、リアル店舗でお客様に対するのと同様、広い心で対応頂ければ充実したインターネット活動が頂けると信じたいところです。

 

皆様の参考になればと思って掲載させていただきますが、お気付きの点などあればこの記事に対して投稿ください。2017年7月16日現在の記事ですので、時間の経過とともに陳腐化することも併せてご了承頂ければと思います。

 

 

 

概要 知紀 石川

いしかわ とものり/ 宮川印刷株式会社 営業部 / 本職は印刷会社の営業です。マス4・・・特に新聞離れ、TV離れが進む中で、これらを補完する広告・広報メディアとしてAdWordsを中心としたインターネット広告に手を出してしまいました(笑)  Googleの(AdWords広告に対する)考え方は、近江商人の「三方よし」よりスケールが大きく広範囲に「Win - Win - Win」の関係を広げます。この考え方は収益にとどまらず、知識・技術も同様で、僕自身が今まで周囲の方々から頂いた恩を次の方へ送っていければと考えています。 高度にテクニカルな内容は詳しい方にお任せしますし、自分自身もまだまだ勉強や経験が足りないところですが、可能な限りでこのコミュニティに貢献したいと思います。

コメント
投稿者 丸丸
7月

とても分かりやすくご丁寧な回答ありがとうございます。

初めたばかりなので分からないことばかりですが、理解出来ました。

今回のこちらの問題は2番の一般ユーザーからのとう投稿写真の削除の件でした。

オーナーの権限がもう少し強い方が助かりますが、今後に期待したいと思います。

他の場合の操作もご教授いただき感謝いたします。