437 人が現在オンライン
437 人が現在オンライン
Google AdWords 学習資料
star_border

動的検索広告(DSA)

 

  

 

スクリーンショット 2016-10-24 10.41.08.png

 

 

機能の概要

 動的検索広告では、ターゲットとなる検索語句が自動的に設定されます。通常のテキスト広告では広告主様がキーワードを指定しますが、動的検索広告では、広告主様のランディング ページのコンテンツに基づいて広告とキーワードが自動生成されます。

手動指定ではカバーできないキーワードもターゲットにすることができ、特に多数の商品を広告で宣伝している場合に便利です。在庫に新商品が追加されるたびにキーワードを追加する必要がありません。

 

導入によるメリット

 時間を節約できます。 商品やサービスごとにキーワードや入札単価、広告文を設定する必要がなくなります。

広告が自動的に更新されます。 Google のインデックスに登録されているページが変更されると、ウェブサイトに対するクロールが再度行われ、広告の内容が最新の状態に保たれます。

関連性の高い見出しが動的に生成されます。 ウェブサイトに掲載されている商品との関連性が高い語句で検索が行われると、その検索語句やランディング ページで使われている語句を見出しに使った広告が動的に生成されます。

柔軟に管理できます。 ウェブサイト全体を広告掲載の対象に含めることも、特定のカテゴリやページのみを指定することもできます。また、在庫切れの商品については、広告を表示しないように設定できます。

より多くのクリックを獲得できます。 手動で追加したキーワードでは網羅しきれなかった検索語句に対しても広告を掲載することで、トラフィックや売り上げを伸ばすことができます。

 

ベスト プラクティス

動的検索広告に向いているケースは以下のとおりです。

  • パフォーマンスとトラフィックを重視
  • 大規模な製品やサービスを展開
  • 流動的な在庫を管理
  • コンバージョンオプティマイザーや拡張CPCを利用 

 

 上記情報は2016年5月25日現在の過去平均データに基づくもので、数値は変動する可能性がございます。
また、数値情報はあくまで過去の平均データに基づくものであり、必ずしもGoogleが成果を保証するものではありません。