243 人が現在オンライン
243 人が現在オンライン
Google AdWords 学習資料
star_border

年末商戦を成功に導く 5 つのポイント

education-holiday-season.png
 
 

1. 年末商戦期に増加する検索語句への対応


年末商戦期に関連するすべてのキーワードと商品に対し、広告キャンペーンを作成しましょう。

検索キャンペーンでは、 前年同時期の検索語句レポートもしくは、Google アナリティクスからコンバージョンがあったキーワードを探し、現在登録しているキーワードから漏れているものがないか確認しましょう。さらに広告の表示機会が増えるマッチタイプを選択し、成果を上げているキーワードのマッチタイプが完全一致の場合は、フレーズ一致や部分一致への変更も検討するとよいでしょう。

 

● 検索語句レポートからキーワード精査(ダウンロード)

 

 

2. 年末商戦向けの商品を優先的に表示


ピーク時に最も売れる商品を見極め、積極的に訴求しましょう。

検索キャンペーンでは、最も多くのトラフィックが得られるキーワードを探し、最小限の費用で最大の成果が得られるように入札単価を調整します。
ショッピング キャンペーンでは、収益性の高い商品(コンバージョン単価が低い商品など)や季節限定の商品については専用のキャンペーンを作成し、入札単価や予算を細かく調整します。

 

● キーワード・広告・単価の基礎メンテナンス(ダウンロード)

 

 

3. 外出中のユーザーにリーチ


年末には、人の移動が増え、モバイルで探し物をする機会が多くなります。

検索キャンペーンでは、店舗周辺の地域の入札単価を引き上げ、店舗の近くで検索しているユーザーに広告が表示されるようにしましょう。また住所表示オプション、電話番号表示オプション、アプリリンク表示オプションなど、モバイル ユーザーへの訴求に役立つ広告表示オプションを追加することがお勧めです。モバイル広告では、特に最も重要な情報を 1 行目に記載するようにしましょう。

 

● デバイスごとの単価調整方法(ダウンロード)

 

4. 広告のスケジュールを設定


どの商品を「いつ」宣伝するかを決めましょう。これまでに、最も多くの収益またはコンバージョンが得られた商品はどれでしょうか。新商品の発売など、昨年からの変更点も考慮する必要があります。セール商品、サイト全体の販促企画、限定プロモーション コードなども忘れずに確認してください。

 

● 日時ごとの単価調整方法 (ダウンロード)

 

 

5. 広告掲載のストップを防ぐ


予算の消化率(「その日までにかかった実際の費用」÷「該当する期間に割り当てた予算」)を計算し、予算が不足しないよう早めに対処してください。予算が限られている場合は、掲載結果を確認して、成果を上げているキャンペーンを優先させます。同時に、何に費用がかかっているかも確認しましょう。

 

● AdWords 予算設定の考え方 (1)(ダウンロード)
● AdWords 予算設定の考え方 (2)(ダウンロード)

 

 

 

 

 

 

0 いいね!