132 人が現在オンライン
132 人が現在オンライン
Google AdWords 学習資料
star_border

《広告運用の現状を把握する》 管理画面の見方

 

AdWords 管理画面の見方

Google AdWords では、管理画面より指定した期間の広告掲載結果のデータを確認することができます。アカウントの効果改善には、掲載目標を明確にし、広告の成果を定期的に確認することが重要です。掲載結果をもとに、入札額・予算の調整や配信方法の設定変更、登録キーワードの精査など、アカウント内のメンテナンスを継続されることをお薦めいたします。

以下では[キャンペーン]タブにおける表示を例に、管理画面の構成をご案内いたします。

同様の方法で[広告グループ][広告][キーワード][ディスプレイ ネットワーク]タブでもデータの確認が可能です。

 

Fig1.png

 

① 期間を指定する

掲載結果リスト(データ)やグラフを確認する期間を指定することができます。

 

② リストに表示させる キャンペーンを選択する

グラフ下部にある掲載結果リスト(データ)に表示させるキャンペーンの種類を選択することができます。

デフォトは「削除済み以外のキャンペーン」となっています。

 

③ リストの表示を分割する

掲載結果リリスト(データ)をプルダウンで表示される任意の項目に基づき、分割して表示させることができます。

 

④ フィルタを作成する

掲載結果リスト(データ)をフィルタを作成した上で、それに基づいた表示に変更することができます。

 

⑤ 表示項目を変更する

掲載結果リスト(データ)に表示させる指標項目を変更することができます。

 

⑦ 掲載結果をグラフで確認

指定期間内の掲載結果がグラフで確認することができます。グラフにカーソルを合わせると任意の期間における数値の詳細が表示されます。

 

⑧ 掲載結果をリストで確認

グラフ下の「リスト」では、各キャンペーンの掲載結果の数値を確認することができます。また、ヘッダー部分(ステータス、クリック数、表示回数等)をクリックすると、リスト内の行をその列のデータに従って並び替えることが出来ます。

 

⑨ 各キャンペーンの合計を確認

画面下部では、②で指定した任意のキャンペーンの合計、全キャンペーンの合計、ネットワーク毎の合計(「合計−検索」「合計−ディスプレイ ネットワーク」)を確認することができます。

 

 

 

グラフの表示内容を変更する

グラフとして表示する内容を変更する方法をご案内いたします。 データを視覚化することで掲載結果の経過をより詳細に分析することができます。

1.[キャンペーン]タブでの変更

[キャンペーン]タブにおける表示を例に、グラフとして表示する内容を変更する方法をご案内いたします。

同様の方法で[広告グループ][広告][キーワード][ディスプレイ ネットワーク]タブでもデータの確認が可能です。

 

Fig2.png

 

① データを確認したい掲載期間を指定します。

 

グラフが表示されていない場合は、グラフ上のアイコングラフ.pngクリックします。

 

③ グラフオプションにて、メインの統計情報と比較する指標の変更ができます。

 

④ プルダウンのリストから表示させたい指標を選択すると任意のデータが折れ線グラフに反映されます。

 

 

2.[詳細分析]タブでの変更

[キャンペーン]タブと同様に[詳細分析]タブにおいても、グラフとして表示する内容を変更することができます。

※表示プルダウンリスト中「期間」から「日」「週」「月」「四半期」「年」を選択している時のみグラフが表示されます。

Fig3_3.png

 

 

① データを確認したい掲載期間を指定します。

 

② 表示プルダウンリスト中「期間」から

「日」「週」「月」「四半期」「年」のいずれかを選択(グラフを表示させたい場合)

 

 

 

「分割」データの見方と各項目

ここでは、分割ボタンを使って、掲載結果を分割して見る方法と、分割して確認出来る代表的な項目(ネットワーク・ デバイス・上部 対 その他)についてご紹介します。

掲載結果のデータを分割して表示する

[キャンペーン]タブにおける表示を例に、データを各項目毎に分割する方法をご案内いたします。

同様の方法で[広告グループ][広告][キーワード]タブでもデータの確認が可能です。

 

Fig4 のコピー.png

デバイスで分割した例.png       

     (例)デバイスで分割した場合

 

① グラフのすぐ上の[分割]をクリックします。

 

② プルダウンのリストから分割させたい項目をクリックします。

 

③ 掲載結果 (クリック率・ご利用金額・クリック スルー コンバージョン等) が分割されて表示されます。

 

 

(1)「ネットワーク」別データの見方と各項目

ネットワークで分割すると、Google検索・Googleディスプレイネットワーク毎の掲載結果を確認することができます。

 

① 検索ネットワーク ※1Fig6.png

Google 検索結果ページに掲載されている

広告配信先:検索結果のページの上部・ 右側・下部ユーザー:能動的に特定のコンテンツを検索している状態

 

② ディスプレイ ネットワーク

Google パートナー サイトに掲載されている

広告配信先:ポータルサイト ニュースサイト・ ブログ・ SNS など数多くの,

検索結果以外のウェブサイト ユーザー:様々なコンテンツを閲覧している状態


※1 Google 検索パートナーサイト(BIGLOBE など)の検索結果のページも含みます。

 

 

「分割」データの見方と各項目

 

(2)「デバイス」別データの見方と各項目

デバイスで分割すると、パソコン・ フル インターネット ブラウザ搭載の携帯端末・フル インターネット ブラウザ搭載のタブレット別の掲載結果を確認することができます。

Fig7.png

① パソコン

 配信先のデバイスがパソコンである 

 

② フル インターネットブラウザ 搭載の携帯端末

 配信先のデバイスがスマートフォン従来の2つ折り型ではなく (iPhone や Android など)である

 

③ フル インターネット ブラウザ 搭載のタブレット 

配信先のデバイスがiPad 等のタブレットである

 

 

 

 

 

(3) 「上部 対 その他」別データの見方と各項目

上部 対 その他で分割すると、上部掲載とその他(右側・下部)掲載の場合の結果を確認することができます。

Fig8.png

① Google 検索: 上部

 Google 検索結果ページの上に掲載されている

 

② Google 検索: その他

 Google 検索結果ページの右側と下部 に掲載されている

 

③ 検索パートナー: 上部

 Google 検索パートナーの検索結果ページの上部に掲載されている

 

④ 検索パートナー: その他

  Google検索結果ページの上部以外に掲載されている

0 いいね!