193 人が現在オンライン
193 人が現在オンライン
Google AdWords 学習資料
star_border

検索広告向けリマーケティング(RLSA)

検索広告向けリマーケティング.png

 

  機能の概要

  • 検索広告向けリマーケティング リスト(RLSA)は、広告主様のサイトを訪問したことがあるユーザー向けに、検索広告をカスタマイズする機能です。該当ユーザーが Google や検索パートナーのサイトで検索を行っている時に、そのユーザーに合った広告を表示したり、入札単価を調整したりできます。

 

 

  導入によるメリット

 

  • 再検索を顕在ユーザー層に積極的に広告を配信することが可能となり、費用効率的にコンバージョン数の獲得が期待
  • 目標コンバージョン単価制・拡張クリック単価(拡張CPC)といった自動入札機能、モバイル入札単価調整などと併用することで、コンバージョンの獲得に焦点を当てたさらに効果的なアプローチが実現
  • コンバージョン数が、平均して 10% 増加
  • コンバージョン単価が、平均して 50% 低下

 

  

  ベスト プラクティス

 

  • まずは大きなリスト(全サイトの訪問者、トップページ訪問者等)を対象の広告グループに追加し(「入札単価のみ」で設定)RLSAを運用
  • リスト毎の分析・入札金額調整等を終えて最適化
      

 

 

 上記情報は2016年5月25日現在の過去平均データに基づくもので、数値は変動する可能性がございます。
また、数値情報はあくまで過去の平均データに基づくものであり、必ずしもGoogleが成果を保証するものではありません。