505 人が現在オンライン
505 人が現在オンライン
Google AdWords 学習資料
star_border

競合指標をもとに広告掲載機会の損失を防ぐ

競合指標をもとに広告掲載機会の損失を防ぐ

競合指標のデータ「インプレッション シェア」「インプレッション シェア 損失率(予算)」「インプレッション シェア 損失率(広告ランク)」を利用して、今よりも更に広告掲載の機会を得る手順をご紹介します。
※ 競合指標の確認方法に関しては、別ページ「競合指標を表示して機会損失を防ぐ」をご確認下さい。

インプレッション シェアは、ネットワーク別に閲覧が可能です。

今回は、検索広告のインプレッション シェアを例に説明します。

※ インプレッション シェアの種類に関してはこちらをご覧下さい。

 

競合指標_1.png

 ①まず、競合指標のインプレッション シェア、インプレッション シェア 損失率(予算)、インプレッション シェア 損失率(広告ランク)を表示します。

※ 競合指標の表示方法は、別コンテンツ「競合指標を表示して機会損失を防ぐ」をご確認下さい。

 

 

競合指標_2.png

 

② 左の画像は、アカウント内のキャンペーンの競合指標です。

今回は、こちらのキャンペーンのインプレッション シェア、インプレッション シェア 損失率(予算)、インプレッション シェア 損失率(広告ランク)のデータを例にご説明します。

 

上記のキャンペーンのインプレッション シェアは 47.69 % なので、表示される可能性のあった回数のうち 52.31 % が予算あるいは広告ランクの低さが原因で、広告が表示出来ていないことになります。インプレッション シェアを今よりも拡大させていくためには下記の図の手順を行います。

 

競合指標_3.png 

 

※1】ご予算の調節では、直接的には広告ランクの変動は無いので、現状の「クリック単価」と「コンバージョン単価」を一定に保ちながらインプレッション シェアを伸ばすことができます。

仮に、現状の「クリック単価」と「コンバージョン単価」の値が見合っている場合、ご予算をインプレッション シェア 損失率(予算)を改善できる十分な値にすれば、インプレッション シェアは合計 86.53 % になり、コンバージョン数も 1.8 倍程度まで増加することが期待出来ます。

 

※2 上限クリック単価を調節するには「キーワードの単価設定のヒント」をご参照下さい。

https://sites.google.com/site/adwvisualnavi/adjustingcpc

 

※3 品質スコアを改善するには「品質スコアを改善したい」をご参照下さい。

https://sites.google.com/site/adwvisualnavi/opt_qs

0 いいね!