153 人が現在オンライン
153 人が現在オンライン
Google AdWords 学習資料
star_border

【12/18/2013 の投稿】【Google AdWords公式フォーラム連載:2013 年を振り返る その3】新しい機能が導入されても本質は変わらない

連載3回目を担当する鷲見(スミ)です。
よろしくお願いします。

 

今年は、なんといってもエンハンストキャンペーンでしょう。
(みんな同じ記事になるのが怖いですが…笑)

 

細かい部分での『機能の充実』や『管理画面の変更』に関しては、著しく変化しているとはいえ、もう毎年の恒例行事のようになってしまったので、今更あえて言葉にする必要はないのですが、エンハンストキャンペーンだけはインパクトが強すぎました。

 

  • そのまま素直にエンハンストキャンペーンを導入して、PCとスマホを統合された方
  • 頑なに、PCとスマホを別のキャンペーンで運営されている方
  • そもそもスマホの広告を出してないので、ほとんど影響を受けなかった方
  • これを機に、スマホの広告をはじめた方
  • エンハンストキャンペーンの導入でパフォーマンスが良くなった方(悪くなった方)

いろんな話を、各方面から耳にしました。

 

個人的には、PCとスマホキャンペーンを統合させることに積極的だったのですが、管理の問題から古いやり方(PCとスマホを別のキャンペーンで運営)に戻すアカウントも、一部でありました。

 

トータルで考えたら、対応と調整が大変だった割には、効果的にはあまり変化が無かったような印象ですが、これからのことを考えると不可避だったのかなとも感じます。

 

効果の面で言うと、前年から引き続きにはなりますが、

 

  • スマホ
  • ディスプレイ
  • Youtube

このあたりの伸びは、著しかったなと思います。

 

特にスマホに関しては、去年までぐらいは「スマホで買い物をすることが無いから、広告をだしても反応ないのでは?」という声を聞きましたが、今年はそんな声も殆ど無く、むしろデータが『スマホでも買い物をする』ということを証明し続けているのではないでしょうか。

 

ディスプレイ広告に関しては、リマーケティングでかなり広がっているとはいえ、それ以外の出稿方法が満足にできてない方も多いので、そこらへんを2014年にもっと広めていければと思っております。

 

フォーラム関連でいえば、活躍してくれる新しいユーザーが増えたのもすごく嬉しいですし、今年はTCサミットも2年ぶりにあったので、また楽しい体験をさせてもらって感謝しております。

 

来年は、また新しい機能の追加や仕様の変化がたくさんあるとは思いますが、広告の本質は何も変わらないと思います。

 

『広告ってイイね』と思える人が一人でも増えるように、自分の出来る事を行っていきたいと思います。

概要 takahito sumi