149 人が現在オンライン
149 人が現在オンライン
Google AdWords 学習資料
star_border

20 Days AdWords - 5 日目: 広告

「キャンペーン」、そして「広告グループ」を作成しようとすると、その過程で「広告」を作成するよう求められます。

ここで言う「広告」とは、実際にユーザーに表示される文章や画像、動画などを指します。最も一般的なフォーマットは、文章からなる「テキスト広告」です。

広告は、そのメッセージを届けたいユーザー、サイト、キーワードなどとセットにして、各広告グループ内に作成します。

 

覚えておきたい AdWords 用語

 

  • テキスト広告
  • イメージ広告
  • リンク先ページ
  • 表示 URL

 

広告の構成★★★

 

ここでは主に、文章で構成された「テキスト広告」を取り上げます。

 

 

テキスト広告の構成と文字数

 

 

日本をターゲットとする場合、広告作成画面でチェックボックスにチェックを入れることで、利用できる文字数が若干長くなります。

 

  広告例 長いバージョン 短いバージョン
見出し 京都の最高級盆栽 全角 15(半角 30)字 全角 12(半角 25)字
表示 URL example.com 全角 17(半角 35)字 全角 17(半角 35)字
広告文 1 園芸、屋内植物の種苗 全角 19(半角 38)字 全角 17(半角 35)字
広告文 2 小さな自然を机の上に! 全角 19(半角 38)字 全角 17(半角 35)字

 

 

長いバージョンの設定方法.png

 

日本以外をターゲットとされる方は、下記参考ページもあわせてご覧ください:

 

 

 

リンク先 URL と表示 URL

 

 広告には基本的に、「表示 URL」と「リンク先 URL」の 2 種類の URL が必要です。両者の違いと、設定の際の注意点です。

 

表示 URL:

  • 広告をクリックする前にユーザーに表示される URL
  • 上の例では example.com 
  • サブドメイン(  /bonsai など)は省略できますが、トップレベル ドメイン(この例では example.com 部分)はリンク先 URL(リダイレクトが含まれる場合は、リダイレクトを経て最終的に表示されるページの URL)と揃える必要があります

リンク先 URL:

  • 広告をクリックしたユーザーが誘導されるページの URL
  • 上の例では https://www.example.com/bonsai 
  • 基本的には広告ごとに指定しますが、キーワードごとなど、より細かい単位での設定も可能です。
  • 半角 2,048 文字以内

 

 

 

広告掲載ポリシー★★★

 

 

広告の審査とポリシーについて



広告を掲載するためには、AdWords の広告掲載ポリシーに準拠している必要があります。サービス内容などによっては、広告掲載自体ができなかったり、掲載先や広告フォーマットが限られる場合があるので、事前に一度こちらを確認してみてください。 

 

なお、新規作成、あるいは編集・保存した広告は、自動的に審査に送られます。審査は通常、24 営業時間以内に終わります。

 

以下、業種・サービス内容を問わず皆さまに関係のあるポリシーを 3 点ほどご紹介します。

 

  • 記号を必要以上に使用しない。感嘆符(!)を見出しに含めたり、複数回使用することはできません。 [詳細]
  • 表示 URL とリンク先ページ(リダイレクトが含まれる場合は、リダイレクト後に最終的に誘導されるページの URL)とトップレベル ドメインは一致させる 
  • 同じ広告グループ内の広告のトップレベル ドメインは一致させる(有効なものと一時停止のもの両方)[詳細]

 

※サイトをリニューアルする際などは、旧ドメインでの広告をすべて削除した後に新しい広告を入稿するか、広告グループを新たに作成してください。

 

 

広告作成のポイント★★

 

テキスト広告作成のポイント

 

「クリックされやすい」「売り上げにつながりやすい」広告の共通点をいくつかご紹介します。(動画: 4 分半)

 

ただし、広告の作成方法に絶対的な正解はありません。広告を何種類か作成し、成果を比べながら改善を繰り返していただくことをおすすめします。

 

 

 

動画を再生しづらい環境にいる方は、下記をご覧ください:

 

 

 以下、上記でご紹介しているポイントの要約と簡単な補足です。

 

  • 具体的なメリットを含める
  • リンク先のページで何ができるのか、どのような行動をとって欲しいのか、明記する
  • ウェブサイトの中でも、広告の内容やキーワードに最も合ったページをリンク先にする
  • そのキーワードで検索している人の目にとまるよう工夫する

上記の 4 点目について、多くの業種で実行しやすいテクニックとしては、「キーワードを広告に含める」という方法があります。

 

例えば、「沖縄離島 ツアー」と検索した人には「沖縄離島ツアーなら」といった広告を表示し、石垣島や宮古島のツアー情報を掲載したページをリンク先にする、という方法です。逆に広告文中で「沖縄ツアー」としか言及されていなければ、「那覇のツアーが中心かも知れない」と思われ、クリックの機会を逃してしまう可能性があります。

 

ただし、この方法は「どのような場面でも、どのようなキーワードでも通用する絶対的な方法」でもなければ、「唯一の正解」でもありません。「激安」と検索している人には価格を、「深夜営業」と検索している人には営業時間を記載するなど、色々工夫してみてください。

 

 

テキスト広告と一緒に使える便利機能★

 

 

広告表示オプション

 

通常の広告と一緒に、追加リンクや電話番号、地図などを表示する機能です。[詳細]

詳しくは本シリーズでも説明しています。

 

 

キーワード挿入機能

 

 

広告の一部を、広告掲載のきっかけとなったキーワードで置き換える機能です。ユーザーが検索した語句に応じて、広告を部分的に変えたい時に便利です。[詳細]

 

利用方法: 広告を作成する際に、置き換えたい箇所に
{keyword: この部分には、挿入ができなかった際に代わりに表示する文字列を記入しておく}
というパラメータを挿入します。

 

: 代官山からも恵比寿からも徒歩 5 分の賃貸アパート物件を宣伝したいとします。見出しの欄に


{keyword:賃貸アパート 代官山}から徒歩5分

 

と入力しておくと、ユーザーの検索語句に応じて、次のような見出しが表示されます。

 

キーワード** 賃貸アパート 代官山 賃貸アパート 恵比寿 賃貸アパート 東横線沿線
検索語句** 賃貸アパート 代官山
代官山 賃貸アパート
賃貸アパート 恵比寿
恵比寿 賃貸アパート
賃貸アパート 東横線沿線
東横線沿線 賃貸アパート
見出し 賃貸アパート 代官山から徒歩5分 賃貸アパート 恵比寿から徒歩5分 賃貸アパート 代官山から徒歩5分*

 

*「賃貸アパート 東横線沿線から徒歩5分」では文字数制限を超えてしまうので、代替テキストとして指定した「賃貸アパート 代官山」が代わりに挿入されます。

**挿入されるのは、ユーザーが検索ボックスに入力した「検索語句」ではなく、広告主様が登録した「キーワード」です。

 

しかし、キーワードをそのまま挿入すれば意味が成り立つケースばかりではありません。複合キーワード(賃貸アパート 代官山)全体ではなく地名部分(代官山)のみを挿入したい、「中目黒」から「徒歩 10 分」である旨も伝えられるよう、数字部分も変動させたい、といった場合に便利なのが「広告カスタマイザ」です。

 

 

 

広告カスタマイザ(キーワード / キャンペーン / 広告グループ)

 

広告の一部を、予めアップロードしたデータに基づいて置き換える機能です。[詳細]

 

 

 

広告カスタマイザ(カウントダウン関数)

 

広告に、指定した日時までの残り時間を挿入する機能です。[詳細]

 

 

 

様々な広告★

 

様々な広告フォーマット

 

ここでは、テキスト広告以外のフォーマットをいくつか、ごく簡単にご紹介します。

 

イメージ広告(画像を使用した広告) 

エンゲージメント広告(インタラクティブなフォーマットを利用したリッチ メディア広告)

TrueView 動画広告(YouTube 動画を使用した広告)

モバイル(従来型)広告(従来型モバイル端末、いわゆるガラケーに掲載する広告)

アプリ訴求広告(モバイル アプリを宣伝するための広告) 

 

商品リスト広告(Google Merchant Center に登録されている商品画像や価格などを掲載する広告)

 

 

おすすめスレッド

 

広告文の AB テスト(複数の広告パターンの効果比較テスト)のやり方について、他の方の実施方法やアドバイスをのぞいてみませんか?

 

テキスト広告とイメージ広告の違い(クリック単価と成果)に関するアドバイスです。

 



0 いいね!