96 人が現在オンライン
96 人が現在オンライン
Google AdWords 学習資料
star_border

AdWords の機械学習でパフォーマンスを最大化させるための広告クリエイティブ(動画付き)

 

ad-creative.png

 

広告で成功するためには、ユーザーのニーズに合った訴求力の高い広告クリエティブが重要です。これを実現するために、手作業で「ターゲでィングと広告クリエイティブ」を細かく組み合わせているアカウントが多く見受けられます。しかし、スマートフォンの普及などによってユーザーのニーズが多様化してきてる中で、手作業で一つひとつ対応することには限界がきております。

 

そこで活躍するのが AdWords の機械学習です。機械学習に任せることで、ユーザーのニーズに合致した広告クリエイティブを自動的に表示してくれるようになります。この機械学習を最大限に活用するために鍵となるのが「広告クリエイティブ」です。

 

こちらの記事では、広告クリエイティブに注力する際に知っておくべき 3 つのポイントについて

Google プロダクト ソリューション スペシャリストの近藤が動画にてご紹介します。

 

 

1 広告の作成 :「拡張テキスト広告」と「広告表示オプション」の導入


機械学習の精度を上げるためには、機械が学習できるだけの十分な情報(複数の訴求内容や広告表示オプション)が設定されている必要があります。ユーザーのニーズに適したバリエーションを確保するためのヒントをご紹介します。

 

 

 

2 広告のテスト : 「広告ローテーション」の設定方法


複数の広告バリエーションの中で、ユーザーのニーズを捉えた広告クリエイティブを表示するためには、機械に学習させるための十分な期間が必要です。広告を正しくテストするための機能「広告ローテーション」について解説しています。

 

 

3 広告の最適化 : 「広告カスタマイザ」の活用方法


広告カスタマイザでは、ユーザーのキーワードや利用端末、時間帯など、検索しているユーザーを取り巻く複数の要素にもとづいて訴求内容を動的に変えて表示することができます。