215 人が現在オンライン
215 人が現在オンライン
Google AdWords 学習資料
star_border

AdWords 予算設定の考え方 (1)

AdWords では、キャンペーンの予算をお客様自身で設定でき、いつでも変更が可能です。マーケティング予算と広告掲載の目的を考慮して、最適な予算を設定しましょう。

ここでは予算設定の考え方の例をご紹介いたします。

 

予算の決め方はビジネスモデル、商品 サービスの単価、広告の目的などによって異なってきます。最初は小さな規模から始めることを推奨いたしますが、ここでは、例を用いてEC 通販のお客様で適用できる考え方をご紹介いたします。

  

1. 目標売上数 × 1 つあたりの売上利益で考える

 

Untitled-17.jpg

 

 ① AdWords で獲得したい目標売上数と売上 1 つあたりの売上利益を考えます。

 

② 例えば、1 足 の販売価格が3,000 円、原価 1,000 円の靴を EC で販売しているお客様の場合、1 足販売した際の利益が 2,000 円 になります。

 

③ AdWords への広告掲載による目標売上数を 50 足とした場合、50 足 × 2,000 円 = 100,000円 を予算として設定します。

 

④ AdWords では1 日を単位として予算を設定しますので、新たな1 日の予算は、100,000 円 ÷ 30.4 日 (1 ヶ月の平均日数)  ≒ 3,300 円になります。


⑤ 広告掲載により費用対効果が達成できていれば、予算の増額を検討します。

 

  

  

2. 上記の条件に加え、リピート顧客も考慮する。

 

スクリーンショット 2014-05-08 23.53.17.png① 商品が同じ購入者から複数回に渡って購入される場合は、顧客の平均リピート回数も考慮することで、より効果的に予算を設定することができます

 

② 例えば上記例において、ブーツ購買層の平均リピート回数が 1.5 回の場合、50 足 × 2,000 円 × 1.5 回 = 150,000 円 を予算として設定します。

 

③ AdWords では1 日を単位として予算を設定しますので、本ケースにおける 1 日の予算は、150,000 円 ÷ 30.4 日 (1 ヶ月の平均日数)  ≒ 5,000 円になります。

 

④ 広告掲載により費用対効果が達成できていれば、予算の増額を検討します。

 

上記例の単語は AdWords において以下の単語に該当します。

「1 つあたりの売上利益」→コンバージョン単価

「目標売上数」       →目標コンバージョン

「費用対効果」       →コンバージョン率

 

 

 

 

尚、上記ケースは予算設定の考え方の一例でございます。

ビジネスモデル、商品 サービスの単価、広告の目的などによっては適していないケースもございますので、お客様のビジネスにあった形でご利用ください。

 

また、費用対効果(コンバージョン率)を管理するには「コンバージョン トラッキング」の設定が必要となります。この無料ツールをご利用いただくと、1 つあたりの売上利益(コンバージョン単価)の管理、その他多くの分析も可能になります。