182 人が現在オンライン
182 人が現在オンライン
Google AdWords 学習資料
star_border

Google が提案する AdWords 広告クリエイティブ基本推奨設定

〜基本設定を見直してパフォーマンスを最大化させるために〜

ユーザーのニーズが多様化する中、手作業で AdWords を最適化することには限界がきつつあります。そんな中、AdWords に組み込まれた機械学習の機能が、広告配信のパフォーマンスを最大化させる鍵となってきています。この機械学習の成果を高めるため、まずは広告クリエイティブの基本設定を見直し、広告品質の改善を目指しましょう。

 

ポイント ① 1 つの広告グループに 3 つ以上の広告

同広告グループに 3 つの広告を入れる効果とは?

3 つ以上の広告

パフォーマンスを向上させるために最適化された広告のローテーションを使用しましょう。そして、 1 つの広告グループにつき 3 つ以上の質の高い広告を入れた場合、1 つのみ広告を入稿している場合と比較して最大 15 %のクリックまたはコンバージョンの流入* が見込めます。

 

ポイント ② 3 ~ 5 つ以上の広告表示オプション

広告表示オプションを入れる効果とは?

広告表示オプション アイコン 広告表示オプションとは、お店やサービスに関する様々な追加情報を表示する広告フォーマットです。AdWords ではそれぞれのタイミングで一番効果が見込まれる広告表示オプションの組み合わせが選択されるため、より多くの広告表示オプションを登録することが重要です。1 種類の広告表示オプションの新規登録により、最大でクリック率が平均 10 ~15 %向上* することが分かっています。

広告表示オプション 推奨設定例の実装

 

サイトリンク表示オプション

 

コールアウト表示オプション

サイトリンク表示オプション

 

テキスト広告に、複数のサイト内ページへのリンクを最大 6 件まで表示することができます。(ガイドを開始 

 

コールアウト表示オプション

 

サービスや特典情報を追加で記載し、有意義な補足情報を最大 6 件まで伝えることができます。

 

価格表示オプション

 

電話番号表示オプション

 

構造化スニペット表示オプション

価格表示オプション

 

サービスや各種商品とその価格を表示することができます。

 

 
電話番号表示オプション

 

ユーザーが通話ボタンをクリックして、店舗に直接電話をかけることができます。(ガイドを開始

 

 

 

構造化スニペット表示オプション

特定のヘッダーの元、ビジネス・商品・サービスについて宣伝いただけます。

 

 

 

 

 

* このデータは各設定やビジネスタイプ、広告表示オプションのタイプ、その他要因によって変わり、グーグルが効果の保証をするものではありません。