371 人が現在オンライン
371 人が現在オンライン
Google AdWords 学習資料
star_border

Google が理想とする AdWords 検索広告の最適化 -GORIN プロジェクト-

gorinトップ

〜大切な人に・必要な情報を・適切なタイミングで届けるために〜

ユーザー行動が日々複雑化する中、人の手のみでは AdWords の最適化が追いつかなくなってきています。その一方で、AdWords も進化を続けており、広告配信の機械学習に任せてパフォーマンスを自動で最大化できるようになってきております。この機械学習の恩恵を受けるために重要なことは、AdWords の仕組みの正しい理解と土台作りです。このたび、Google では「GORIN プロジェクト」と題しまして、5 つの構成要素に基づくフレームを用い、広告主様のビジネスに応じた土台作りのための資料をご用意しました。この機会に、AdWords の設定を見直してみませんか?

 

アカウント構成

要点

アカウント構造を単純化し、広告グループ レベルに情報を集約化

理由

広告グループ内の十分な情報量を蓄えることで自動化がより正確に機能し、配信効率が上がるため

対応
  • 広告グループを細分化しすぎず、1 URL ごとに 1 広告グループを推奨
  • 広告グループ内に広告を入れ過ぎない:3〜5 本が推奨
  • 自動入札の導入:eCPC を活用後、コンバージョン数 (CV) が増えたら目標コンバージョン単価制(自動入札)へ

 

リーチ

ターゲティング

広告フォーマット

要点 リーチを最大化させて、機会の最大化および自動化のための情報の蓄積を行う 要点 適切なターゲティングでユーザーのニーズやタイミングに合うように仕掛ける 要点 広告フォーマットの面を大きくして多くの情報を載せ、上位掲載を目指す
理由 広告グループ内の十分な情報量をもとに自動化が機能し、配信効率が上がるため 理由 無駄な露出による広告費の消化を減らすため 理由 ユーザーの興味を喚起して質の高いクリックを集めるため

対応

検索パートナーにも配信

予算によるインプレッション シェア損失率0%

対応

検索向けリマーケティング

動的検索広告

対応

広告のローテーション

コールアウト表示オプション

サイトリンク表示オプション

拡張テキスト広告

 

効果測定

要点

ビジネスのステージに応じた評価指標 (KPI) を採用して、その評価指標に沿った最適化を実施する

理由

ビジネスステージごとに評価指標を置くことで経営視点で正しい意思決定が行え、段階的かつ着実にビジネスを展開することができるため

対応 効果計測フロー

*こちらの資料は、2016年時点で作成されたもののため、内容やプロダクトが変更されている可能性がある点をご留意ください。