AdWords が「Google 広告」になりました。これまで AdWords としてご利用いただいていたサービスの名前が「Google 広告」に変わりました。検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク、YouTube などを対象にあらゆる広告サービスを提供いたします。詳細

228 人が現在オンライン
228 人が現在オンライン
Google AdWords 学習資料
star_border

AdWords オーディエンス リストを活用する 3 つの方法

AdWordsを最大限に活用したいですか? Googleの内部データに基づき、AdWords 開発者が監修した Google Best Practices の学習資料シリーズは、検索エンジンのマーケティング戦略に関する戦略的アドバイスを提供します。


AdWords でオーディエンス リストを活用すると、サイトにアクセスしたことがあるユーザーやニュースレターの登録を済ませたユーザーなど特に有望な顧客ばかりか、こういった顧客に類似するユーザーにもアプローチできるようになります。見込み顧客が離れてしまったり、お客様のビジネスに対する関心が低かったりした場合でも、AdWords で再エンゲージメント キャンペーンを作成して既存顧客に再アプローチすることが可能です。

 

Screen Shot 2017-12-11 at 6.09.09 PM.png

 

 

  • 検索広告向けリマーケティング リスト(RLSA)を使って新しいオーディエンス リストを作成する: RLSA を使ってサイトにアクセスしたことがあるユーザーに働きかけることで、オーディエンス リストを拡大できます。これらのオーディエンス リストは Cookie に依存しているため多少変容する傾向がありますが、最近のアクセスはユーザーの意図を類推するうえでの有用な情報になります。

 

  • 類似ユーザー機能を使って新たな顧客を開拓する: 既存のリストにマッチする新たな顧客を開拓するため、類似ユーザー機能を使って過去のリマーケティング キャンペーンとの類似性が高いユーザーにアピールできます。類似ユーザー機能を使用するには、セグメントごとに専用のキャンペーンを作成する必要がありますが、個別の予算を設定して特定の広告クリエイティブを作成できるようになります。

 

  • メーリング リストをアップロードし、カスタマー マッチを使って既存顧客に再アプローチする: メーリング リストを使って、ポイント プログラムやニュースレター、特典情報などに登録したことがあるユーザーに再アプローチできます。購入プロセスのどの段階にいるかに応じてユーザーを複数のリストに分け、各リストの価値に応じて入札単価を調整します。

 

 

ユーザー戦略の策定に関するヒントについて詳しくは、次の Google 運用ガイドをご覧ください。

 

0 いいね!