AdWords が「Google 広告」になりました。これまで AdWords としてご利用いただいていたサービスの名前が「Google 広告」に変わりました。検索ネットワーク、ディスプレイ ネットワーク、YouTube などを対象にあらゆる広告サービスを提供いたします。詳細

236 人が現在オンライン
236 人が現在オンライン
Google AdWords 学習資料
star_border

AdWords リニューアル版の 3 つのポイント

AdWordsを最大限に活用したいですか? Googleの内部データに基づき、AdWords 開発者が監修した Google Best Practices の学習資料シリーズは、検索エンジンのマーケティング戦略に関する戦略的アドバイスを提供します。

 

AdWords リニューアル版の 3 つのポイント_blog_post.png

 

 

10 月に AdWords リニューアル版が導入されました。新しい管理画面の詳細や AdWords 従来版との違いについて、次の 3 つのポイントをご紹介します。

 

  • AdWords 管理画面の最後のデザイン刷新から 8 年間、Google では、マーケティング環境が年々複雑さを増すなか、パソコン優先のテキスト広告表示形式の単純な検索環境に向けたサービスではユーザーが効果的なマーケティングを実践することはできないとの認識がありました。

  • スピードこそがこの新しいデザインの中核を成しています。リニューアル版では重要な情報を簡単に把握できるため、より多くの作業をより速くこなすことができます。ログイン後すぐキャンペーン、キーワード、広告などの必要な機能にアクセスできるようになったのはそのためです。さらに、キーボード ショートカットを使って管理画面内を移動することもできます。AdWords で実際に G を押してから T を押してみてください。

  • 既存の機能が改良されただけでなく、新しい機能もいくつか追加されています。ショーケース広告を使って購入経路の早い段階でユーザーに商品をアピールしたり、オーディエンス マネージャーでユーザーを一元管理したりできる機能は、リニューアル版でのみご利用いただけます。今後も新しい機能が続々増える予定です。

 

AdWords リニューアル版を効果的に利用するヒントについては、Google 運用ガイド: AdWords リニューアル版でのキャンペーン管理をご覧ください。

 

Google-Best-Practices-Japanese-Newsletter.png

 

0 いいね!